外国各社 修理記録(真空管使用) 
A&M Limited Air Tight*ALTEC*AudioInnovation*CounterPoint*DENON*Dynaco*GuitarAMP*KENWOOD*LUXMAN*Marantz
*Mcintosh*Michaell&Austin*MusicReference*OnLifeResearch*QUAD*Technics*Uesugi*国内各社*外国各社*自作.etc
 グラント・ラムレイ GL100AM. 2台(2002年11月)
 Precision Fidelity C4(2003年7月)
 Scientific Fidelity Trillium(2002年10月)
 Julius Futter Man OTL(2002年2月)
 Fender Super Twin Reverb(2004年1月)
 YAQIN MC−10L(2008年5月)
 MESA Engineering BARON(2009年6月)
下記はホルダー作成し、移動ました
 MusicRefarence RM−9(2004年1月)再修理(2009年7月)  MusicRefarence RM−5(2009年7月)
 CounterPoint SA−5.1(2005年6月)
 CounterPoint SA−12(2002年10月)  CounterPoint SA−12 2台目(2004年6月)
 HIWATT 100(2006年4月)  MESA/BOOGIE DC−3(2007年1月)
 Audio Innovations 1000(2006年3月)  Audio Innovations 1000. 2台目(2006年3月)
 Audio Innovations 500(2001年9月)  Audio Innovations 500. 2台目(2002年1月)
 Audio Innovations 500. 3台目(2006年3月)
 ALTEC−1568A 2台(2002年5月)
 Dynaco PAS−3X + 6CA7 PP(2001年10月)  Dynaco Mark V. 2台(2002年1月)
         通常修理 & オーバーホール修理 の違いはこちら参照
Copyright(C) 2016 Amp Repair Studio All right reserved.  このHP(HomePage)は、修理依頼者の為に作成して有ります。 このHPを修理の参考にするのは、適切では有りません。  このHPに表されている処置だけでは、修理完成しない場合が有ります。   最終更新 平成28年6月5日