Audio Innovations Series 500. 3台目修理記録
平成18年3月20日持込   10月3日完成
A. 修理前の状況
  •  オーバーホール修理
     
B. 原因
  • 抵抗断線
    半田不良
    前回の修理不良が原因

C. 修理状況
  • US・MT管ソケット交換
    フイルムコンデンサー交換
    電解コンデンサ−増量・交換
    配線手直し、補強

D. 使用部品
  • USソケット                           4個
    MTソケット                           5個
    フイルムコンデンサー                     4個
    電解コンデンサー                       15個
    抵抗                                8個

E. 調整・測定


F. 修理費    98,000円     オーバーホール修理
                          但し、真空管は別途です

A. 修理前の状況
A−1. 修理前点検中 上から見る
A−2. 修理前点検中 USソケット比較
A−3. 修理前点検中 MTソケット比較
A−4. 修理前点検中 下から見る
A−5A. 修理前点検中. 焼けて交換した抵抗、RLで異なる
A−5B. 修理前点検中. 基板したの焼けて交換した抵抗。RLで異なる。配線も「半田コテ」で傷つけている。
                 プロの仕事とは、到底思えない?
A−6A. 修理前点検中 磨かれたMT真空管の足
A−6B. 修理前点検中 MT真空管は足の付け根(袴の部分)を見ると、新旧が歴然と解る
                 左=少し使用、中左=未使用新品、他は中古品
C. 修理状況
C−1A. 修理前 ヒーター整流・メインAMP基板
C−1B. 修理後 ヒーター整流・メインAMP 抵抗4個、電解コンデンサー6個交換
C−1C. 修理前 ヒーター整流・メインAMP基板裏
C−1D. 修理(半田補正)後 ヒーター整流・メインAMP裏 半田を全部やり直す
C−1E. 完成ヒーター整流・メインAMP基板裏 洗浄後
C−2A. 修理前 ドライブ基板
C−2B. 修理後 ドライブ基板 フイルムコンデンサー2個、電解コンデンサー3個交換
C−2C. 修理前 ドライブ基板裏
C−2D. 修理(半田補正)後 ドライブ基板裏 半田を全部やり直す
C−2E. 完成ドライブ基板裏 洗浄後 
C−3A. 修理前 EQ_AMP基板
C−3B. 修理後 EQ_AMP基板 フイルムコンデンサー2個、電解コンデンサー4個交換
C−3C. 修理前 EQ_AMP基板裏
C−3D. 修理(半田補正)後 EQ_AMP基板裏 半田を全部やり直す
C−3E. 完成EQ_AMP基板裏 洗浄後
C−4A. 修理前 MTソケット・USソケット
C−4B. 修理後 MTソケット・USソケット、抵抗4個交換
C−5A. 修理前 初段AMP「12AX7」MTソケット配線
C−5B. 修理後 初段AMP「12AX7」MTソケット配線 電解コンデンサー2個交換
C−6A. 修理中 バランスVRとメインVR洗浄中
C−6B. 修理後 バランスVRとメインVR 抵抗2個追加
C−7. 後パネルを外し、SP接続端子の増締及び他の点検する
C−8A. 止めネジに「サビ」が出ているので、艶消しラッカー塗料を軽く吹き付ける
C−8B. さらに、頭の大きな止めネジには、頭に、艶消しラッカー塗料を軽く吹き付ける。但し、多すぎないこと!
Amp Repair Studio
C−9. 交換した部品
Amp Repair Studio
C−AA. 修理前 上から見る
Amp Repair Studio
C−AB. 修理後 上から見る
Amp Repair Studio
C−AC. 修理前 下から見る
C−AD. 修理後 下から見る
E. 測定・調整
E−1. 出力・歪み率測定・調整
    <見方>
   下左オーディオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出し(歪み率=約0.003%)これをAMPに入力し、SPからの出力を測定
   下中オシロ=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル)   下右上=周波数計
   上左端電圧計=L側SP出力電圧測定、黒針のみ使用
   上中左歪み率計=SP出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
   上中右=R側SP出力電圧測定、赤針のみ使用
   上右端オシロ=SP出力波形 上=R出力、下=L出力
   下中右上デジタル電圧計=SP出力電圧測定RLは切り替えて測定
E−2A. R側SP出力、15V=28W出力 1.6%歪み AUX入力 1000HZ
E−2B. R側SP出力、15V=28W出力 2%歪み AUX入力 400HZ
E−2C. L側SP出力、15V=28W出力 2..5%歪み AUX入力 1000HZ
E−2D. L側SP出力、15V=28W出力 2.5%歪み AUX入力 400HZ
E−3A. R側SP出力、15V=28W出力 1%歪み MM入力 1000HZ
E−3B. R側SP出力、15V=28W出力 1%歪み MM入力 400HZ
E−3C. L側SP出力、15V=28W出力 1%歪み MM入力 1000HZ
E−3D. L側SP出力、15V=28W出力 1%歪み MM入力 400HZ
E−4. 完成  24時間エ−ジング
Amp Repair Studio
                       inn500318
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。 写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2013 Amp Repair Studio All right reserved.