Marantz 7T 修理記録
平成22年11月3日到着  平成24年8月15日完成
A. 修理前の状況
  • オ−バ−ホ−ル修理依頼

T. 修理前点検測定


B. 症状、原因
  • 片側歪み多い。

C. 修理状況
  • 電解コンデンサー交換=オーディオ・コンデンサー(ミューズ)使用。
    配線手直し、補強。
    経年劣化による各部ハンダ補正。
    RCA端子交換。
    3Pインレットソケット取り付け。
    アース端子交換。
    TAPE EQ. ADJUST VRツマミ取付。
    メインVR(24ステップ ラダー型アッテネーター)交換。


K. 上下ケース、裏パネル修理・塗装

D. 使用部品
  • 電解コンデンサー                      13個。
    メタライズド・フイルムコンデンサー            20個。
    整流ダイオードブリッジ                    1個。
    RCA端子                        14組28個。
    3Pインレットソケット                    1個。
    アース端子                          1個。
    TAPE EQ. ADJUST VRツマミ              2個。
    メインVR(24ステップ ラダー型アッテネーター)   1個。

     

E. 調整・測定

F. 上位測定器による調整・測定

G. 修理費  100,000円    オ−バ−ホ−ル修理。
                       3台目からの、お馴染みさん価格。

S. Marantz 7T の仕様(マニアル・カタログより) 

 
A. 修理前の状況
A11. 点検中 前から見る
A12. 点検中 前右から見る
A13. 点検中 右から見る
A14. 点検中 後から見る
A15. 点検中 後左から見る
A16. 点検中 左から見る
A17. 点検中 上から見る
A21. 点検中 下から見る
A22. 点検中 下前から見る
A23. 点検中 下前左から見る
A24. 点検中 下後から見る
A25. 点検中 下後右から見る
A31. 点検中 上下ケースから取り出し、上から見る。
A32. 点検中 上下ケースから取り出し、上左から見る。
A33. 点検中 上下ケースから取り出し、上右から見る。
A34. 点検中 上下ケースから取り出し、下から見る。
A35. 点検中 上下ケースから取り出し、下右から見る。
A36. 点検中 上下ケースから取り出し、下左から見る。
A41. 点検中 電源コード取り付け。
A42. 点検中 電源コード取り付け、 下記の所に3Pインレット取り付け可能。
A51. 点検中 入力RCA端子郡。
A52. 点検中 入力RCA端子郡2。
A53. 点検中 入力RCA端子郡裏側、アースの為プレートに組み付けてある。
A54. 点検中 入力RCA端子郡、 テフロン絶縁仕様に交換可能。
A55. 点検中 入力RCA端子郡、 テフロン絶縁仕様に交換可能。 ピッチが狭く、取り付けネジもギリギリ。
A56. 点検中 入力RCA端子郡、 小型の物は、取り付け穴が大きく締結面積が少ないので取り付け不可。
A57. 点検中 入力RCA端子郡、 WBT製の小型締め付け(コレクトキャッチ)型でも、使用不可。
A58. 点検中 入力RCA端子郡2、 WBT製の小型締め付け(コレクトキャッチ)型でも、使用不可。
A59. 点検中 入力RCA端子郡。
A61. 点検中 TAPE入出力RCA端子郡。
A62. 点検中 TAPE入出力RCA端子郡、 交換可能。
A71. 点検中 RL出力RCA端子郡。
A72. 点検中 センター出力RCA端子郡。
A73. 点検中 TAPE入出力RCA端子郡、RL出力RCA端子郡、センター出力RCA端子郡。 テフロン絶縁仕様に交換可能。
A74. 点検中 RL出力RCA端子郡、 WBT製の小型締め付け(コレクトキャッチ)型でも、使用不可。
A75. 点検中 RL出力RCA端子郡。
A81. 点検中 モードSWを見る、 保存状態が良く錆もない、接点復活材の仕様も無し。
T. 修理前点検測定
T1. 出力・歪み率測定。
    「見方」。
   上段中央オーディオアナライザ VP−7723B=R側測定。LED表示は右から、「歪み率」、「SP出力電圧」、「周波数」。
   下段中央オーディオアナライザ VP−7723B=L側測定。LED表示は右から、「歪み率」、「SP出力電圧」、「周波数」。
   上段右端オシロ TDS−2024=R側出力波形表示。(交流電圧が5V以上の場合1/10のATTが入ります)。
   下段右端オシロ TDS−2024=L側出力波形表示。(交流電圧が5V以上の場合1/10のATTが入ります)。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より50Hz〜50kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。
測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A
T21. R側出力電圧=1V、 1.0%歪み。 AUX、50Hz入力。 オシロの左カーソル=2.5KHZ、 右カーソル=10KHZ。
     L側出力電圧=1V、 1.0%歪み。 AUX、50Hz入力。 オシロの左カーソル=2.5KHZ、 右カーソル=10KHZ。
T22. R側出力電圧=1V、 1.0%歪み。 AUX、100Hz入力。 オシロの左カーソル=2.5KHZ、 右カーソル=10KHZ。
     L側出力電圧=1V、 1.0%歪み。 AUX、100Hz入力。 オシロの左カーソル=2.5KHZ、 右カーソル=10KHZ。
T23. R側出力電圧=1V、 0.93%歪み。 AUX、500Hz入力。 オシロの左カーソル=5KHZ、 右カーソル=20KHZ。
     L側出力電圧=1V、 0.93%歪み。 AUX、500Hz入力。 オシロの左カーソル=5KHZ、 右カーソル=20KHZ。
T24. R側出力電圧=1V、 0.93%歪み。 AUX、1KHz入力。 オシロの左カーソル=5KHZ、 右カーソル=20KHZ。
     L側出力電圧=1V、 0.93%歪み。 AUX、1KHz入力。 オシロの左カーソル=5KHZ、 右カーソル=20KHZ。
T25. R側出力電圧=1V、 1.0%歪み。 AUX、5KHz入力。 オシロの左カーソル=10KHZ、 右カーソル=40KHZ。
     L側出力電圧=1V、 1.0%歪み。 AUX、5KHz入力。 オシロの左カーソル=10KHZ、 右カーソル=40KHZ。
T26. R側出力電圧=1V、 1.0%歪み。 AUX、10KHz入力。 オシロの左カーソル=25KHZ、 右カーソル=100KHZ。
     L側出力電圧=1V、 1.0%歪み。 AUX、10KHz入力。 オシロの左カーソル=25KHZ、 右カーソル=100KHZ。
T27. R側出力電圧=0.9V、 1.1%歪み。 AUX、50KHz入力。 オシロの左カーソル=25KHZ、 右カーソル=100KHZ。
     L側出力電圧=0.9V、 1.1%歪み。 AUX、50KHz入力。 オシロの左カーソル=25KHZ、 右カーソル=100KHZ。
T31. R側出力電圧=1V、 7.0%歪み。 MM、50Hz入力。 オシロの左カーソル=2.5KHZ、 右カーソル=10KHZ。
     L側出力電圧=1V、 6.6%歪み。 MM、50Hz入力。 オシロの左カーソル=2.5KHZ、 右カーソル=10KHZ。
T32. R側出力電圧=1V、 2.9%歪み。 MM、100Hz入力。 オシロの左カーソル=2.5KHZ、 右カーソル=10KHZ。
     L側出力電圧=1V、 13%歪み。 MM、100Hz入力。 オシロの左カーソル=2.5KHZ、 右カーソル=10KHZ。
T33. R側出力電圧=1V、 3.5%歪み。 MM、500Hz入力。 オシロの左カーソル=5KHZ、 右カーソル=20KHZ。
     L側出力電圧=1V、 16%歪み。 MM、500Hz入力。 オシロの左カーソル=5KHZ、 右カーソル=20KHZ。
T34. R側出力電圧=1V、 3.4%歪み。 MM、1KHz入力。 オシロの左カーソル=5KHZ、 右カーソル=20KHZ。
     L側出力電圧=1V、 16%歪み。 MM、1KHz入力。 オシロの左カーソル=5KHZ、 右カーソル=20KHZ。
T35. R側出力電圧=1V、 3.8%歪み。 MM、5KHz入力。 オシロの左カーソル=10KHZ、 右カーソル=40KHZ。
     L側出力電圧=1V、 15%歪み。 MM、5KHz入力。 オシロの左カーソル=10KHZ、 右カーソル=40KHZ。
T36. R側出力電圧=1V、 3.9%歪み。 MM、10KHz入力。 オシロの左カーソル=25KHZ、 右カーソル=100KHZ。
     L側出力電圧=1V、 15%歪み。 MM、10KHz入力。 オシロの左カーソル=25KHZ、 右カーソル=100KHZ。
T37. R側出力電圧=0.9V、 3.1%歪み。 MM、50KHz入力。 オシロの左カーソル=25KHZ、 右カーソル=100KHZ。
     L側出力電圧=0.9V、 15%歪み。 MM、50KHz入力。 オシロの左カーソル=25KHZ、 右カーソル=100KHZ。
C. 修理状況
C11. 修理前 Low_Level Amplifier Bord。
C12. 修理後 Low_Level Amplifier Bord。 フイルムコンデンサー2個、電解コンデンサー2個交換。
C13. 修理前 Low_Level Amplifier Bord Back。
C14. 修理後 Low_Level Amplifier Bord Back。 フイルムコンデンサー2個交換。
C15. 修理後 Low_Level Amplifier Bord Back。 シールド線の端末処理する。
C21. 修理前 Recording Output RAFE Borad。
C22. 修理後 Recording Output RAFE Borad。 電解コンデンサー2個交換、フイルムコンデンサー2個追加。
C23. 修理前 Recording Output RAFE Borad Back。
C24. 修理後 Recording Output RAFE Borad Back。
C31. 修理前 Tone Amplifier Bord。
C32. 修理後 Tone Amplifier Bord。  フイルムコンデンサー2個、電解コンデンサー2個交換。
C33. 修理前 Tone Amplifier Bord Back。
C34. 修理後 Tone Amplifier Bord Back。 フイルムコンデンサー2個交換。
C41. 修理前 Main Output RAFE Bord。
C42. 修理後 Main Output RAFE Bord。 フイルムコンデンサー2個追加。
                             フイルムコンデンサー4個、電解コンデンサー2個交換。
C43. 修理前 Main Output RAFE Bord Back。
C44. 修理後 Main Output RAFE Bord Back。 電解コンデンサー1個交換。
C51. 修理前 Power Supply Bord。
C52. 修理後 Power Supply Bord。 整流器、電解コンデンサー2個交換。
C53. 修理前 Power Supply Bord Back。
C54. 修理後 Power Supply Bord Back。 電解コンデンサー1個交換。
C61. 修理前 電源電解コンデンサー。
C62. 修理後 電源電解コンデンサー。 電解コンデンサー1個交換。
C71. 修理前 Tone SW(Treble)、 オイルコンデンサー。
C72. 修理後 Tone SW(Treble)、、 フイルムコンデンサーに交換。
C73. 修理前 Tone SW(Bass)、 オイルコンデンサー。
C74. 修理後 Tone SW(Bass)、 フイルムコンデンサーに交換。
C81. 修理中 裏パネル裏側
C91. 修理前 入力RCA端子郡。
C92. 修理(交換)後 入力RCA端子郡。 アース端子も交換。
C93. 修理前  TAPE入出力RCA端子郡。
C94. 修理(交換)後 TAPE入出力RCA端子郡。
C95. 修理(交換)後 TAPE入出力RCA端子郡。
                TAPE EQ. ADJUST VRの軸を引っ込めて、ツマミを取り付ける。
C96. 修理前 出力RCA端子郡。
C97. 修理(交換)後 出力RCA端子郡。
C98. 修理(交換)後 出力RCA端子郡。
                TAPE EQ. ADJUST VRの軸を引っ込めて、ツマミを取り付ける。
C99. 修理前 センター出力RCA端子。
C9A. 修理(交換)後 センター出力RCA端子。
CA1. 修理前 電源コード取り付け。
CA2. 修理中 電源コードを取り、 3Pインレット取り付け穴加工完成し、塗装後天日にさらし焼き付け中。
CA3. 修理後 電源コードを取り覗き、 3Pインレット取り付け。
CA4. 修理(交換)後 メインVR(24ステップ ラダー型アッテネーター)に交換。
CB. パネル清掃
CC. 交換部品
CD1. 修理前 上から見る 
CD2. 修理後 上から見る
CD3. 修理前 下から見る
CD4. 修理後 下から見る
CE1. 完成 前右から見る。
CE2. 完成 後から見る。
CE3. 完成 下前から見る。
CE4. 完成 下後右から見る
E. 測定・調整
E1. 出力・歪み率測定・調整
    「見方」。
   上段中 右側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   上段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS8202(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段中 左側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS6062(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より50Hz〜100kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A」。 FFT画面の見方はこちら。
E10. AUX1_1kHz入力、R側出力電圧3V出力、 0.010%歪み(Hight出力端子)。
                   L側出力電圧3V出力、 0.015%歪み(Hight出力端子)。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E21. AUX1_50Hz入力、R側出力電圧1V出力、 0.011%歪み(Low出力端子)、以下同じ。
                  L側出力電圧1V出力、 0.011%歪み(Low出力端子)、以下同じ。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E22. AUX1_100Hz入力、R側出力電圧1V出力、 0.011%歪み。
                     L側出力電圧1V出力、 0.017%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E23. AUX1_500Hz入力、R側出力電圧1V出力、 0.011%歪み。
                     L側出力電圧1V出力、 0.017%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E24. AUX1_1kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.011%歪み。
                   L側出力電圧1V出力、 0.016%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E25. AUX1_5kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.016%歪み。
                  L側出力電圧1V出力、 0.021%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E26. AUX1_10kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.025%歪み。
                    L側出力電圧1V出力、 0.028%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E27. AUX1_50kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.11%歪み。
                    L側出力電圧1V出力、 0.11%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=500kHz。
E28. AUX1_100kHz入力、R側出力電圧0.59V出力、 0.15%歪み。
                     L側出力電圧0.59V出力、 0.15%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=500kHz。
E31. MM_50Hz入力、R側出力電圧1V出力、 0.054%歪み(Low出力端子)、以下同じ。
                 L側出力電圧1V出力、 0.051%歪み(Low出力端子)、以下同じ。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E32. MM_100Hz入力、R側出力電圧1V出力、 0.052%歪み。
                    L側出力電圧1V出力、 0.069%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E33. MM_500Hz入力、R側出力電圧1V出力、 0.05%歪み。
                    L側出力電圧1V出力、 0.07%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E34. MM_1kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.049%歪み。
                 L側出力電圧1V出力、 0.070%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E35. MM_5kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.054%歪み。
                 L側出力電圧1V出力、 0.072%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E36. MM_10kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.067%歪み。
                   L側出力電圧1V出力、 0.082%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E37. MM_50kHz入力、R側出力電圧0.9V出力、 0.18%歪み。
                   L側出力電圧0.9V出力、 0.18%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=500kHz。
E38. MM_100kHz入力、R側出力電圧0.56V出力、 0.28%歪み。
                    L側出力電圧0.56V出力、 0.28%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=500kHz。
E4. 完成、 24時間エージング中。 右は「YAMAHA B−1(UC-1付). 7台目
F. 上位測定器による 調整・測定
F1. 下のオーディオアナライザーで自動測定
F21. 入出力特性測定(AUX入力)
        AUX入力端子へ100mV一定入力、VRはmax、左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
F22. 歪み率特性測定(AUX入力)
        AUX入力端子へ100mV一定入力、VRはmax、左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
F31. 入出力特性測定(AUX入力) BASS & TREBLE 最大
        AUX入力端子へ100mV一定入力、VRはmax、左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
F32. 入出力特性測定(AUX入力) BASS & TREBLE 最小
        AUX入力端子へ100mV一定入力、VRはmin、左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
F41. 入出力特性測定(AUX入力) LowFilter(100HZ) & HighFilter(5KHZ) ON
        AUX入力端子へ100mV一定入力、VRはmax、左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
F42. 入出力特性測定(AUX入力) LowFilter(50HZ) & HighFilter(9KHZ) ON
        AUX入力端子へ100mV一定入力、VRはmax、左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
F51. 入出力特性測定(MM入力)=PHONO−1(OLD78)
      MM入力、入力電圧=1mV一定入力、VRはmax、左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
F52. 入出力特性測定(MM入力)=PHONO−1(RIAA)
      MM入力、入力電圧=1mV一定入力、VRはmax、左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
F53. 入出力特性測定(MM入力)=PHONO−1(Old_Col_LP)
      MM入力、入力電圧=1mV一定入力、VRはmax、左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
K. ケース修理
K11. 修理前 錆が出た、止めビス。
K12. 修理(塗装)後 止めビス、ラッカーを軽く吹き付ける。
K21. 修理前 上ケース(蓋)、シンナーで油分を取り除いた所。
K22. 修理(塗装)後 上ケース(蓋)。
               ラッカーを軽く吹き付ける、30Cm位離してスプレーして、梨地仕上げに似せる。
K31. 修理前 下ケース(蓋)、シンナーで油分を取り除いた所。
K32. 修理(塗装)後 下ケース(蓋)。
               ラッカーを軽く吹き付ける、30Cm位離してスプレーして、梨地仕上げに似せる。
K41. 修理(塗装)中 裏パネル塗装中。
K42. 修理(塗装)中、 3Pインレット取り付け穴加工完成し、塗装後天日にさらし焼き付け中。
S. Marantz 7T. の仕様(マニアル・カタログより)
            7t-11k, 7t-142
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。Copyright(C) 2015 Amp Repair Studio All right reserved.