Panasonic VP−7201A 備品修理  平成19年8月21日完成
A. YAHOOで購入(動作品6,550円で落札)。
B. 原因。
   電解コンデンサー劣化で歪み率が非常に多い。
D. 使用部品。
   ついでに電解コンデンサーを、オーディオ用電解コンデンサーに交換する。
S. Panasonic VP−7201A 仕様(マニアル・カタログより)

A. 修理前の点検
A1. 修理前の測定
A2A. 修理前の測定 出力=0dB 1KHZを測定、歪み率=0.253% 規定値(設計値)では0.005%以下。
A2B. 修理前の測定 出力=0dB 500HZを測定、歪み率=0.443% 規定値(設計値)では0.005%以下。
C. 修理状況
C1A. 修理前 メイン基盤
C1B. 修理後 メイン基盤 電解コンデンサー、FET(電界トランジスター)交換
C1C. 修理前 メイン基盤裏
C1D. 修理(半田補正)後 メイン基盤裏
C1E. 完成メイン基盤裏 洗浄後
C2A. 修理前 VR基盤裏
C2B. 修理(半田補正)後 VR基盤裏
C2C. 完成VR基盤裏 洗浄後
C3A. 修理前 SW基盤裏
C3B. 修理(半田補正)後  SW基盤裏
C3C. 完成SW基盤裏 洗浄後
E. 出力・歪み率測定
E1. 出力=0dB 1KHZを測定、歪み率=0.00219% 規定値(設計値)では0.005%以下
E2. 出力=0dB 400HZを測定、歪み率=0.00289% 規定値(設計値)では0.005%以下
S. Panasonic VP−7201A 仕様(マニアル・カタログより)
周波数範囲 5Hz〜500kHz、5レンジ
×1   : 5〜50Hz
×10  : 50〜500Hz
×100 : 500〜5kHz
×1k  : 5k〜50kHz
×10k : 50k〜500kHz
周波数誤差 ±(3%+1Hz) 以内
出力電圧 最大出力 10dB±1dB、 可変範囲 −69.9dB〜10dB(0dB=1Vrms、開放端)
出力周波数特性(1kHz基準) ±0.2dB以内 5Hz〜20kHz、 ±0.5dB以内 20kHz〜500kHz
ひずみ率 0.005%以下 20Hz〜20kHz
0.01%以下  10Hz〜50kHz(ただし ×10kは除く)
0.1%以下    5Hz〜500kHz
出力インピーダンス 600Ω不平衡
出力減衰器 10dBステップ×7、 1dBステップ×9、 001dBステップ×9 
方形波出力(600Ω負荷) 出力電圧 4Vp-p以上
特性(出力−30dB以上)
 立上り時間  200nsec以内、 ザグ 5%以下、 オーバーシュート 5%以下
                         vp7201-g
ここに掲載された写真は、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。
 Copyright(C) 2013 Amp Repair Studio All right reserved.