ampの新しい測定方法導入平成23年10月5日より開始
8. Sansui B−2301L. 5台目の測定方法。   Sansui B−2301L. 5台目の修理はこちら。
7. Sansui C−2301. 3台目の測定方法。   Sansui C−2301. 3台目の修理はこちら。
6. McIntosh C27の測定方法。           McIntosh C27の修理はこちら。
5. HMA−9500. 30台目の測定方法。      HMA−9500. 30台目の修理はこちら。
4. HMA−9500mkU. 46台目の測定方法。  HMA−9500mkU. 46台目の修理はこちら。
3. LUX KMQ-60. 3台目の測定方法。        LUX KMQ-60. 3台目の修理はこちら。
2. LUX KMQ-80. 3台目の測定方法。        LUX KMQ-80. 3台目の修理はこちら。
1. QUAD 44. 8台目の測定方法。         QUAD 44. 8台目の修理はこちら。
8. Sansui B−2301L. 5台目の測定方法。
   Sansui B−2301L. 5台目の修理はこちら。

E. 測定・調整
E1. 出力・歪み率測定・調整
  •  「見方」。
  • 上段中 右側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
  • 上段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS8202(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
  • 下段中 左側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
        表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
  • 下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS6062(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
  • 下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より50Hz〜100kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、 ATT+分配器を通し、AMPに入力。
    よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A」。 FFT画面の見方はこちら。
   
E21. 50Hz入力、R側SP出力電圧50V=313W出力、 0.007%歪み。
             L側SP出力電圧51V=325W出力、 0.008%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E22. 100Hz入力、R側SP出力電圧49V=300W出力、 0.008%歪み。
              L側SP出力電圧51V=325W出力、 0.009%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E23. 500Hz入力、R側SP出力電圧50V=313W出力、 0.009%歪み。
              L側SP出力電圧51V=325W出力、 0.006%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E24. 1kHz入力、R側SP出力電圧50V=313W出力、 0.012%歪み。
             L側SP出力電圧51V=325W出力、 0.008%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E25. 5kHz入力、R側SP出力電圧50V=313W出力、 0.044%歪み。
             L側SP出力電圧51V=325W出力、 0.062%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E26. 10kHz入力、R側SP出力電圧50V=313W出力、 0.067%歪み。
              L側SP出力電圧50V=313W出力、 0.078%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E27. 50kHz入力、R側SP出力電圧50V=313W出力、 0.105%歪み。
              L側SP出力電圧50V=313W出力、 0.101%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=500kHz。
E28. 100kHz入力、R側SP出力電圧43V=231W出力、 0.161%歪み。
               L側SP出力電圧43V=231W出力、 0.191%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=500kHz。
              この当たりから、フイルターが効いてきます。
E3. その時のVU−LCD表示
E4. フルパワーなので、24V高速フアンが全回転でクーリング。
7. Sansui C−2301. 3台目の測定方法。
   Sansui C−2301. 3台目の修理はこちら。

E1. 出力・歪み率測定・調整
    「見方」。
   上段中 右側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   上段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS8202(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段中 左側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS6062(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より50Hz〜100kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A」。 FFT画面の見方はこちら。
E21. CD_50Hz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0061%歪み。
               L側出力電圧1V出力、 0.0056%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E22. CD_100Hz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0060%歪み。
                L側出力電圧1V出力、 0.0060%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E23. CD_500Hz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0057%歪み。
                L側出力電圧1V出力、 0.0060%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E24. CD_1kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0058%歪み。
               L側出力電圧1V出力、 0.0061%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E25. CD_5kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0057%歪み。
               L側出力電圧1V出力、 0.0059歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E26. CD_10kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0058%歪み。
               L側出力電圧1V出力、 0.0060%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E27. CD_50kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0056%歪み。
               L側出力電圧1V出力、 0.0070%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=500kHz。
E28. CD_100kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0089%歪み。
                L側出力電圧1V出力、 0.0096%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=500kHz。
E29. CD_132kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0088%歪み。
                L側出力電圧1V出力、 0.0091%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=500kHz。
E2A. CD_1kHz入力、R側出力電圧25V出力、 0.0031%歪み、 この上で飽和する。
                L側出力電圧25V出力、 0.0021%歪み、 この上で飽和する。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E31. MM_50Hz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0080%歪み。
               L側出力電圧1V出力、 0.0067%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E32. MM_100Hz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0067%歪み。
                L側出力電圧1V出力、 0.0095%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E33. MM_500Hz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0079%歪み。
                L側出力電圧1V出力、 0.0111%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E34. MM_1kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0067%歪み。
                L側出力電圧1V出力、 0.0098%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E35. MM_5kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0225%歪み。
               L側出力電圧1V出力、 0.0208%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E36. MM_10kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0073%歪み。
                L側出力電圧1V出力、 0.0066%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E37. MM_50kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0122%歪み。
                L側出力電圧1V出力、 0.0103%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=500kHz。
E38. MM_100kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0166%歪み。
                L側出力電圧1V出力、 0.0148%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=500kHz。
E31. MCトランス_50Hz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0067%歪み。
                    L側出力電圧1V出力、 0.0065%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E32. MCトランス_100Hz入力、R側出力電圧1V出力、 0.007%歪み。
                      L側出力電圧1V出力、 0.010%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E33. MCトランス_500Hz入力、R側出力電圧1V出力、 0.007%歪み。
                     L側出力電圧1V出力、 0.011%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E34. MCトランス_1kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0061%歪み。
                     L側出力電圧1V出力、 0.0061%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E35. MCトランス_5kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0057%歪み。
                    L側出力電圧1V出力、 0.0056%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E36. MCトランス_10kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0060%歪み。
                     L側出力電圧1V出力、 0.0058%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E37. MCトランス_50kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0124%歪み。
                     L側出力電圧1V出力、 0.0089%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=500kHz。
E38. MCトランス_100kHz入力、R側出力電圧1V出力、 0.0197%歪み。
                     L側出力電圧1V出力、 0.0150%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=500kHz。
F. 上位測定器による 調整・測定
F1. シールドもしっかりしているので上記よりも当然良い結果が出る、使用するケーブルも異なる<<詳しくはこちら>>
F11. 入出力特性測定(CD入力)。
      CD入力端子へ150mV一定入力。 VRはmax、 平均1V出力。   左出力=薄(細い)色、 右出力=濃い(太い)色。
F12. 入出力特性測定(CD入力)、SUB_Sonic On。
      CD入力端子へ150mV一定入力。 VRはmax、 平均1V出力。   左出力=薄(細い)色、 右出力=濃い(太い)色。
F13. 歪み率特性測定(CD入力)。
      CD入力端子へ150mV一定入力。 VRはmax、 平均1V出力。   左出力=薄(細い)色、 右出力=濃い(太い)色。
F21. 入出力特性測定(MM入力)。
               MM入力へ1mV一定入力。 VRはmax。   左出力=薄(細い)色、 右出力=濃い(太い)色。
F22. 入出力特性測定(High−MC入力)
              High−MC入力端子へ1mV入力 VRはmax。 左出力=薄(細い)色、 右出力=濃い(太い)色。
F23. 入出力特性測定(High−MC入力+トランス使用)。
        High−MC+トランス入力端子へ0.22mV入力。 VRはmax。 左出力=薄(細い)色、 右出力=濃い(太い)色。
F24. 入出力特性測定(Lo−MC入力+トランス使用)。
        Lo−MC+トランス入力端子へ0.11mV入力。 VRはmax。 左出力=薄(細い)色、 右出力=濃い(太い)色。
このAMPはバランス出力があります。B−2301Lと接続するには、こちらが良い。
但し、ケーブルは3芯を使用する事。
F31. 入出力特性測定(CD入力)、バランス出力で測定。
      CD入力端子へ150mV一定入力。 VRはmax、 平均1V出力。   左出力=薄(細い)色、 右出力=濃い(太い)色。
F32. 歪み率特性測定(CD入力)、バランス出力で測定。
      CD入力端子へ150mV一定入力。 VRはmax、 平均1V出力。   左出力=薄(細い)色、 右出力=濃い(太い)色。
F33. 歪み率特性測定(MM入力)、バランス出力で測定。
               MM入力へ2mV一定入力。 VRはmax。   左出力=薄(細い)色、 右出力=濃い(太い)色。
X. B−2301Lと接続する為の、バランスケーブル(XLR・キャノン)
X1. ユザーが購入した、B−2301Lと接続する為の、バランスケーブル(XLR・キャノン)
X2. ユザーが購入した、B−2301Lと接続するバランスケーブル、XLR・キャノンコネクターとの接続様子。
                 4芯シールド線を仕様。 1.シールド、  2.ホット、 3.コールド
X3. 手持ちバランスケーブル、XLR・キャノンコネクターとの接続様子。
                 4芯OFCシールド線を仕様。 1.シールド、  2.ホット、 3.コールド
X4. 使用電線の比較。 上=手持ち Sony のOFCケーブル。 下=ゴッサムのケーブル。 
6. McIntosh C27の測定方法。
   McIntosh C27の修理はこちら。


T1. 出力、歪み調整・測定、電源電圧は100Vにて測定
    「見方」。
   上段中 右側出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   上段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS8202(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
          VP−7723Bで増幅された物を分析していますので、レベルは相対的比較です。
          よって、測定条件が変わる場合は比較検討は無意味です
   下段中 左側出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS6062(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より100Hz〜10kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A
下の100kHz入力は帯域外なので、歪みが多い。 FFT画面の見方はこちら。
T21. AUX入力、50Hz、R側出力電圧1V、 0.19%歪み。
                 L側出力電圧1V、 0.25%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
T22. AUX入力、100Hz、R側出力電圧1V、 0.108%歪み。
                  L側出力電圧1V、 0.196%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
T23. AUX入力、500Hz、R側出力電圧1V、 0.099%歪み。
                  L側出力電圧1V、 0.186%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
T24. AUX入力、1kHz、R側出力電圧1V、 0.098%歪み。
                 L側出力電圧1V、 0.177%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
T25. AUX入力、5kHz、R側出力電圧1V、 0.19%歪み。
                 L側出力電圧1V、 0.19%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
T26. AUX入力、10kHz、R側出力電圧1V、 0.121%歪み。
                  L側出力電圧1V、 0.132%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
T27. AUX入力、50kHz、R側出力電圧1V、 0.122%歪み。
                  L側出力電圧1V、 0.134%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=125kHz、右=500kHz。
T28. AUX入力、100kHz、R側出力電圧1V、 0.12%歪み。
                    L側出力電圧1V、 0.13%歪み。
                   「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=125kHz、右=500kHz。
T31. MM入力、50Hz、R側出力電圧1V、 0.55%歪み。
                 L側出力電圧1V、 0.93%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
T32. MM入力、100Hz、R側出力電圧1V、 0.68%歪み。
                  L側出力電圧1V、 1.14%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
T33. MM入力、500Hz、R側出力電圧1V、 0.96%歪み。
                  L側出力電圧1V、 1.31%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
T34. MM入力、1kHz、R側出力電圧1V、 0.71%歪み。
                 L側出力電圧1V、 1.13%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
T35. MM入力、5kHz、R側出力電圧1V、 0.68%歪み。
                 L側出力電圧1V、 1.10%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
T36. MM入力、10kHz、R側出力電圧1V、 0.71%歪み。
                  L側出力電圧1V、 1.14%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
T37. MM入力、50kHz、R側出力電圧1V、 0.94%歪み。
                  L側出力電圧1V、 1.04%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=400kHz。
T38. MM入力、100kHz、R側出力電圧1V、 1.25%歪み。
                   L側出力電圧1V、 1.5%歪み。
                   「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
5. HMA−9500. 30台目の測定方法。
   HMA−9500. 30台目の修理はこちら。


E1. 出力・歪み率測定・調整
    「見方」。
   上段中 右側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   上段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「Tektronix TDS−2024(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段中 左側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「Tektronix TDS−2024(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より100Hz〜10kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A
E21. R側SP出力電圧33V=136W出力、 0.007%歪み、 50HZ。
     L側SP出力電圧34V=145W出力、 0.006%歪み、 50HZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E22. R側SP出力電圧33V=145W出力、 0.008%歪み、 100HZ。
     L側SP出力電圧34V=145W出力、 0.006%歪み、 100HZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E23. R側SP出力電圧34V=145W出力、 0.013%歪み、 500HZ。
     L側SP出力電圧34V=145W出力、 0.009%歪み、 500HZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E24. R側SP出力電圧34V=145W出力、 0.016%歪み、 1kHZ。
     L側SP出力電圧34V=145W出力、 0.011%歪み、 1kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E25. R側SP出力電圧34V=145W出力、 0.03%歪み、 5kHZ。
     L側SP出力電圧34V=145W出力、 0.018%歪み、 5kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E26. R側SP出力電圧34V=145W出力、 0.035%歪み、 10kHZ。
     L側SP出力電圧34V=145W出力、 0.019%歪み、 10kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E27. R側SP出力電圧34V=145W出力、 0.008%歪み、 50kHZ。
     L側SP出力電圧34V=145W出力、 0.006%歪み、 50kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=400kHz。
E28. R側SP出力電圧34V=145W出力、 0.024%歪み、 100kHZ。
     L側SP出力電圧34V=145W出力、 0.024%歪み、 100kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=400kHz。
E3. フルパワーなので、24V高速フアンが全回転でクーリング。
4. HMA−9500mkU. 46台目の測定方法。 
   HMA−9500mkU. 46台目の修理はこちら。


E1. 出力・歪み率測定。
    「見方」。
   上段中 右側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   上段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「Tektronix TDS−2024(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段中 左側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「Tektronix TDS−2024(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より100Hz〜10kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A
E21. R側SP出力電圧33V=136W出力、 0.005%歪み、 50HZ。
     L側SP出力電圧34V=145W出力、 0.006%歪み、 50HZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=500Hz、右=2kHz。
E22. R側SP出力電圧33V=136W出力、 0.005%歪み、 100HZ。
     L側SP出力電圧34V=145W出力、 0.006%歪み、 100HZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=500Hz、右=2kHz。
E23. R側SP出力電圧34V=145W出力、 0.01%歪み、 500HZ。
     L側SP出力電圧34V=145W出力、 0.012%歪み、 500HZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E24. R側SP出力電圧34V=145W出力、 0.013%歪み、 1kHZ。
     L側SP出力電圧34V=145W出力、 0.016%歪み、 1kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E25. R側SP出力電圧34V=145W出力、 0.027%歪み、 5kHZ。
     L側SP出力電圧34V=145W出力、 0.032%歪み、 5kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E26. R側SP出力電圧34V=145W出力、 0.03%歪み、 10kHZ。
     L側SP出力電圧34V=145W出力、 0.038%歪み、 10kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E27. R側SP出力電圧34V=145W出力、 0.016%歪み、 50kHZ。
     L側SP出力電圧34V=145W出力、 0.016%歪み、 50kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=400kHz。
E28. R側SP出力電圧34V=145W出力、 0.085%歪み、 100kHZ。
     L側SP出力電圧34V=145W出力、 0.27%歪み、 100kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=400kHz。
     RL共、出力を130W位に落とすと、0.02%の歪みになる。
E3. フルパワーなので、24V高速フアンが全回転でクーリング。
    電源コードはまだ、未工事なので、クリップコードで対応。
3. LUX KMQ-60. 3台目の測定方法。
   LUX KMQ-60. 3台目の修理はこちら。


E1. 出力・歪み率測定・調整
    「見方」。
   上段中 右側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   上段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「Tektronix TDS−2024(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
          VP−7723Bで増幅された物を分析していますので、レベルは相対的比較です。
          よって、測定条件が変わる場合は比較検討は無意味です
   下段中 左側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「Tektronix TDS−2024(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より100Hz〜10kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A
E21. R側SP出力電圧16V=32W出力、 0.5%歪み、 50HZ。
     L側SP出力電圧16V=32W出力、 0.5%歪み、 50HZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E22. R側SP出力電圧16V=32W出力、 0.4%歪み、 100HZ。
     L側SP出力電圧16V=32W出力、 0.4%歪み、 100HZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E222.R側SP出力電圧16V=32W出力、 0.4%歪み、 100HZ。
     L側SP出力電圧16V=32W出力、 0.4%歪み、 100HZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=500Hz、右=2kHz。
E23. R側SP出力電圧16V=32W出力、 0.4%歪み、 500HZ。
     L側SP出力電圧16V=32W出力、 0.4%歪み、 500HZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E24. R側SP出力電圧16V=32W出力、 0.4%歪み、 1kHZ。
     L側SP出力電圧16V=32W出力、 0.4%歪み、 1kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E25. R側SP出力電圧16V=32W出力、 0.4%歪み、 5kHZ。
     L側SP出力電圧16V=32W出力、 0.4%歪み、 5kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E26. R側SP出力電圧16V=32W出力、 0.5%歪み、 10kHZ。
     L側SP出力電圧16V=32W出力、 0.5%歪み、 10kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=400kHz。
E26. R側SP出力電圧16V=32W出力、 0.9%歪み、 20kHZ。
     L側SP出力電圧16V=32W出力、 0.7%歪み、 20kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=400kHz。
E31. R側SP出力電圧2.9V=1W出力、 0.07%歪み、 50HZ。
     L側SP出力電圧2.9V=1W出力、 0.08%歪み、 50HZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E32. R側SP出力電圧2.9V=1W出力、 0.09%歪み、 100HZ。
     L側SP出力電圧2.9V=1W出力、 0.09%歪み、 100HZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E322.R側SP出力電圧2.9V=1W出力、 0.09%歪み、 100HZ。
     L側SP出力電圧2.9V=1W出力、 0.09%歪み、 100HZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=500Hz、右=2kHz。
E33. R側SP出力電圧2.9V=1W出力、 0.08%歪み、 500HZ。
     L側SP出力電圧2.9V=1W出力、 0.09%歪み、 500HZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E34. R側SP出力電圧2.9V=1W出力、 0.07%歪み、 1kHZ。
     L側SP出力電圧2.9V=1W出力、 0.08%歪み、 1kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E35. R側SP出力電圧2.9V=1W出力、 0.07%歪み、 5kHZ。
     L側SP出力電圧2.9V=1W出力、 0.09%歪み、 5kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E36. R側SP出力電圧2.9V=1W出力、 0.7%歪み、 10kHZ。
     L側SP出力電圧2.9V=1W出力、 0.9%歪み、 10kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E36. R側SP出力電圧2.9V=1W出力、 0.5%歪み、 50kHZ。
     L側SP出力電圧2.9V=1W出力、 0.3%歪み、 50kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=400kHz。
E4. 残留ノイズ測定。
     R側SP出力電圧=0.30mV。
     L側SP出力電圧=0.37mV。
2. LUX KMQ-80. 3台目の測定方法。
   LUX KMQ-80. 3台目の修理はこちら。


E1. 出力・歪み率測定・調整
    「見方」。
   上段中 右側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   上段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「Tektronix TDS−2024(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
          VP−7723Bで増幅された物を分析していますので、レベルは相対的比較です。
          よって、測定条件が変わる場合は比較検討は無意味です
   下段中 左側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「Tektronix TDS−2024(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より100Hz〜10kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A
E21. R側SP出力電圧12V=18W出力、 1.9%歪み、 50HZ。
     L側SP出力電圧14V=25W出力、 1.8%歪み、 50HZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
     RL出力トランスのカソード巻き線(NFB巻き線)に、軽い相間(巻線間)短絡があり出力が伸びませんが、通常使用には問題有りません。
E22. R側SP出力電圧15V=28W出力、 2.4%歪み、 100HZ。
     L側SP出力電圧15V=28W出力、 1.9%歪み、 100HZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E23. R側SP出力電圧15V=28W出力、 1.9%歪み、 500HZ。
     L側SP出力電圧15V=28W出力、 1.2%歪み、 500HZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E24. R側SP出力電圧15V=28W出力、 1.9%歪み、 1kHZ。
     L側SP出力電圧15V=28W出力、 1.2%歪み、 1kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E25. R側SP出力電圧15V=28W出力、 1.9%歪み、 5kHZ。
     L側SP出力電圧15V=28W出力、 1.5%歪み、 5kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E26. R側SP出力電圧39V=14W出力、 3.2%歪み、 50kHZ。
     L側SP出力電圧29V=14W出力、 3.2%歪み、 50kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250kHz、右=1000kHz。
E31. R側SP出力電圧1V=0.13W出力、 0.1%歪み、 1kHZ。
     L側SP出力電圧1V=0.13W出力、 0.5%歪み、 1kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E32. R側SP出力電圧5V=3.1W出力、 0.9%歪み、 1kHZ。
     L側SP出力電圧5V=3.1W出力、 1.1%歪み、 1kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E33. R側SP出力電圧10V=13W出力、 1.1%歪み、 1kHZ。
     L側SP出力電圧10V=13W出力、 1.1%歪み、 1kHZ。
     「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E4. 残留ノイズ測定。
     R側SP出力電圧=0.19mV。
     L側SP出力電圧=0.35mV。
1. QUAD 44. 8台目の測定方法。
   QUAD 44. 8台目の修理はこちら。


E. 調整・測定
E1. 出力、歪み調整・測定 電源電圧は100Vにて測定
    「見方」。
   上段中 右側出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   上段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「Tektronix TDS−2024(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
          VP−7723Bで増幅された物を分析していますので、レベルは相対的比較です。
          よって、測定条件が変わる場合は比較検討は無意味です
   下段中 左側出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「Tektronix TDS−2024(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より100Hz〜10kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A
E21. CD入力、R側出力電圧5V、 0.023%歪み、 50HZ。
            L側出力電圧5V、 0.016%歪み、 50HZ。
            「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=500Hz、右=2kHz。
E22. CD入力、R側出力電圧5V、   0.013%歪み、 100HZ。
            L側出力電圧5V、   0.012%歪み、 100HZ。
            「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=500Hz、右=2kHz。
E23. CD入力、R側出力電圧5V、   0.023%歪み、 500HZ。
            L側出力電圧5V、   0.015%歪み、 500HZ。
            「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E24. CD入力、R側出力電圧5V、   0.018%歪み、 1kHZ。
            L側出力電圧5V、   0.019%歪み、 1kHZ。
            「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E25. CD入力、R側出力電圧5V、   0.02%歪み、 5kHZ。
            L側出力電圧5V、   0.02%歪み、 5kHZ。
            「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E27. CD入力、R側出力電圧5V、   0.02%歪み、 20kHZ。
            L側出力電圧5V、   0.02%歪み、 20kHZ。
            「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=400kHz。
E31. MM入力、R側出力電圧5V、 0.018%歪み、 50HZ。
            L側出力電圧5V、 0.024%歪み、 50HZ。
            「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=500Hz、右=2kHz。
E32. MM入力、R側出力電圧5V、   0.022%歪み、 100HZ。
            L側出力電圧5V、  0.013%歪み、 100HZ。
            「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=500Hz、右=2kHz。
E32. MM入力、R側出力電圧5V、   0.012%歪み、 500HZ。
            L側出力電圧5V、   0.015%歪み、  500HZ。
            「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E33. MM入力、R側出力電圧5V、   0.026%歪み、 1kHZ。
            L側出力電圧5V、   0.019%歪み、  1kHZ。
            「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E34. MM入力、R側出力電圧5V、   0.07%歪み、 5kHZ。
            L側出力電圧5V、   0.06%歪み、 5kHZ。
            「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E35. MM入力、R側出力電圧5V、   0.1%歪み、   10kHZ。
            L側出力電圧5V、   0.1%歪み、  10kHZ。
            「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E27. MM入力、R側出力電圧5V、   0.08%歪み、 20kHZ。
            L側出力電圧5V、   0.08%歪み、 20kHZ。
            「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=400kHz。
F. 上位測定機器での調整・測定
F1. 上位測定器で調整・測定
F21. 入出力特性測定(CD入力)。 CD入力端子に150mVを入力。 出力=1.5V(5V出力端子)。 VRはMax位置。
                                        左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色。 
F22. 入出力特性測定(CD入力)、 横軸dB目盛り。
             CD入力端子に150mVを入力。 出力=1.5V(5V出力端子)。 VRはMax位置。
                                        左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色。 
F23. 入出力歪み測定。CD入力端子に150mVを入力。 VRはMax位置。
F31. 入出力特性測定(CD入力)。 150mVを入力。 BASS LIFT=9dB、TILT=0dB。 VRはMax位置。
F32. 入出力特性測定(CD入力)。 150mVを入力。 BASS 300HZ、TILT=0dB。 VRはMax位置。
F33. 入出力特性測定(CD入力)。 150mVを入力。 BASS LIFT=0dB、TILT=+3dB。 VRはMax位置。
F34. 入出力特性測定(CD入力)。 150mVを入力。 BASS LIFT=0dB、TILT=−3dB。 VRはMax位置。
F41. 入出力特性測定(CD入力)。 150mVを入力。 Filter=10KHZ Slope=25。 VRはMax位置。
F42. 入出力特性測定(CD入力)。 150mVを入力。 Filter=7KHZ Slope=25。 VRはMax位置。
F43. 入出力特性測定(CD入力)。 150mVを入力。 Filter=5KHZ Slope=25。 VRはMax位置。
F5. 入出力特性測定(MM入力)。 2mVを入力。 VRはMax位置。
       Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved. 平成26年10月27日最終校正   test-5
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。写真(画像)は表示よりも、実サイズは大きいです。  細かい所を見たい場合は画像をダウンロードして見てください。