Sansui C−2301. 3台目修理記録
同時修理 Sansui B−2301L. 5台目修理はこちら     平成23年12月17日到着   平成24年1月11日完了
A. 修理前の状況
  • オークションで、「動作確認済みですが、バランス出力のみ確認する環境が無いため未確認です」を購入。
    22万円で落札。

T. 修理前点検測定 別ファイルが開きます。

B. 原因
  • 電解コンデンサーは綺麗なのですが、経年変化か、やや歪み多い。

C. 修理状況
  • リレー交換。
    初段FET交換。
    全電解コンデンサー交換(ミューズ使用)、大型を除く。
    配線手直し、補強。
    各部、半田補正。
    TR(トランジスター)交換。


D. 使用部品
  • 半固定VR                           4個。
    FET                               4個 。
    電解コンデンサー                      62個(ミューズ使用)。
    リレー                              4個。
    TR(トランジスター)                     4個。
    フイルム・コンデンサー                    2個。
    抵抗                                  。


E. 調整・測定 別ファイルが開きます。

F. 上位測定器による 調整・測定 別ファイルが開きます。

E. 修理費              150,000円    オーバーホール修理。
                                   3台目からの、お馴染みさん価格。

S. Sansui C−2301 の仕様(マニアル・カタログより)

X. B−2301Lと接続する為の、バランスケーブル(XLR・キャノン) 別ファイルが開きます。

A. 修理前の状況
A11. 点検中 前から見る
A12. 点検中 前右から見る
A13. 点検中 右から見る
A14. 点検中 後から見る
A15. 点検中 後左から見る
A16. 点検中 左から見る
A17. 点検中 上から見る
A18. 点検中 上蓋を外し、上から見る
A19. 点検中 上蓋・シールドを外し、上から見る
A21. 点検中 下前から見る
A22. 点検中 下前左から見る
A23. 点検中 下後から見る
A24. 点検中 下後右から見る
A25. 点検中 下から見る
A26. 点検中 下蓋を外し、下から見る
A27. 点検中 下蓋・シールドを外し、下から見る
A31. 点検中 上側シャシの腐食、原因不明?
A32. 点検中 下蓋裏の腐食、原因不明?
A33. 点検中 下蓋裏の腐食の拡大
A41. 点検中 下側シールド板の、原因不明?
A42. 点検中 上側AMPシールド板の止めネジが無し、前回の修理時に忘れる?
A43. 点検中 シールド板は、元の所に取り付ける為、位置表示する。
A51. 点検中 プリ出力RCA端子、キャノン端子
A52. 点検中 プリ出力RCA端子・キャノン端子、 RCA端子(2組4個)は交換可能です。 今回は見送り。
A53. 点検中 プリRCA入出力端子郡
A54. 点検中 プリRCA入出力端子郡、 Phono_RCA端子(2組4個)は交換可能です。 今回は見送り。
A61. 点検中 ACコード引き込み
A62. 点検中 3Pインレット交換可能ですが、縦取り付けになる。 今回は見送り。
A7. 点検中 使用するリレー比較 左=付いていた開放型  右=交換する新しい密閉型で接点の腐食が少ない
C. 修理状況
C11. 修理前 R側電源基板
C112. 修理中 R側電源基板、 交換されている「ブチルゴム巻・銅箔スチロールコンデンサー」、何故かさらに「」で締め付け!
C113. 修理中 R側電源基板、 電解コンデンサーの端子に錫メッキ線が巻き付けて固定し、しっかり半田して有る。
C114. 修理中 R側電源基板、 電解コンデンサー固定用の接着材、当時は溶媒にトルエンが使用されており、銅を腐食する。
C115. 修理中 R側電源基板、、電解コンデンサー固定用の接着材を取り除いた。
C12. 修理後 R側電源基板、 電解コンデンサー10個、抵抗1個、フイルムコンデンサー10個交換
C13. 修理前 R側電源基板裏
C131. 修理中 R側電源基板裏 交換されている「整流ダイオード4個」
C132. 修理中 R側電源基板裏 交換されている、「整流定電圧TR(トランジスター)」
C14. 修理(半田補正)後 R側電源基板裏 全ての半田をやり直す
C15. 完成R側電源基板 洗浄後防湿材を塗る
C16. ブロック電解コンデンサーを付ける
C21. 修理前 L側電源基板
C212. 修理中 L側電源基板、 電解コンデンサー固定用の接着材、当時は溶媒にトルエンが使用されており、銅を腐食する。
C213. 修理中 L側電源基板、 電解コンデンサー固定用の接着材を取り除いた。
C22. 修理後 L側電源基板、 電解コンデンサー10個、抵抗1個、フイルムコンデンサー10個交換
C23. 修理前 L側電源基板裏
C24. 修理(半田補正)後 L側電源基板裏 全ての半田をやり直す
C25. 完成L側電源基板 洗浄後防湿材を塗る
C26. ブロック電解コンデンサーを付ける
C31. 修理前 R側AMP基板 
C311. 修理中 R側AMP基板、 電解コンデンサー固定用の接着材、当時は溶媒にトルエンが使用されており、銅を腐食する。
C312. 修理中 R側AMP基板、 電解コンデンサー固定用の接着材、TR(トランジスター)の足を腐食する。
C313. 修理中 R側AMP基板、 電解コンデンサー固定用の接着材を取り除いた。
C32. 修理後 R側AMP基板 初段FET2個、半固定VR2個、電解コンデンサー12個、リレー1個交換
C33. 修理前 R側AMP基板裏 
C34. 修理(半田補正)後 R側AMP基板裏 全ての半田をやり直す
C35. 完成R側AMP基板 洗浄後防湿材を塗る
C41. 修理前 L側AMP基板 
C412. 修理中 R側AMP基板、 電解コンデンサー固定用の接着材、当時は溶媒にトルエンが使用されており、銅を腐食する。
C413. 修理中 L側AMP基板、 電解コンデンサー固定用の接着材、TR(トランジスター)の足を腐食する。
C414. 修理中 L側AMP基板、 電解コンデンサー固定用の接着材、TR(トランジスター)の足を腐食する2。
C415. 修理中 L側AMP基板、 電解コンデンサー固定用の接着材、TR(トランジスター)の足を腐食する3。
C416. 修理中 L側AMP基板、 電解コンデンサー固定用の接着材、ダイオードの足を腐食する。
C417. 修理中 L側AMP基板、 電解コンデンサー固定用の接着材、ダイオードの足を腐食する。
C418. 修理中 L側AMP基板、 電解コンデンサー固定用の接着材を取り除いた。
C42. 修理後 L側AMP基板 初段FET2個、半固定VR2個、電解コンデンサー13個、リレー1個交換
C43. 修理前 L側AMP基板裏 
C44. 修理(半田補正)後 L側AMP基板裏 全ての半田をやり直す
C45. 完成L側AMP基板 洗浄後防湿材を塗る
C51. 修理前 R側EQ−AMP
C512. 修理中 R側EQ−AMP、 電解コンデンサー固定用の接着材、当時は溶媒にトルエンが使用されており、銅を腐食する。
C513. 修理中 R側EQ−AMP、 電解コンデンサー固定用の接着材を取り除いた。
C52. 修理後 R側EQ−AMP 電解コンデンサー7個、リレー1個交換
C53. 修理前 R側EQ−AMP裏
C54. 修理(半田補正)後 R側EQ−AMP裏 全ての半田をやり直す
C55. 完成R側EQ−AMP裏 洗浄後防湿材を塗る
C61. 修理前 L側EQ−AMP
C611. 修理中 L側EQ−AMP、 電解コンデンサー固定用の接着材、当時は溶媒にトルエンが使用されており、銅を腐食する。
C612. 修理中 L側EQ−AMP、 電解コンデンサー固定用の接着材、ダイオードの足を腐食する。
C613. 修理中 L側EQ−AMP、 電解コンデンサー固定用の接着材、ダイオードの足を腐食する2。
C614. 修理中 L側EQ−AMP、 電解コンデンサー固定用の接着材を取り除いた。
C62. 修理後 L側EQ−AMP 電解コンデンサー7個、リレー1個交換
C63. 修理前 L側EQ−AMP裏
C64. 修理(半田補正)後 L側EQ−AMP裏 全ての半田をやり直す
C65. 完成L側EQ−AMP裏 洗浄後防湿材を塗る
C70. 修理中 MCトランスブロック
C71. 修理中 MCトランスブロック2
C72. 修理前 MM/MC切り替えSW基板
C73. 修理前 MM/MC切り替えSW基板裏
C74. 修理(半田補正)後 MM/MC切り替えSW基板裏 全ての半田をやり直す
C75. 完成プロテクト基板裏 洗浄後防湿材を塗る
C801. 上下基板・前後パネルを外したシャシ上、 銅メッキに防錆剤を軽く塗布
C802. 上下基板・前後パネルを外したシャシ下、 銅メッキに防錆剤を軽く塗布
C81. 修理前 プロテクト基板
C82. 修理後 プロテクト基板  電解コンデンサー4個、フイルムコンデンサー2個交換
C83. 修理前 プロテクト基板裏
C84. 修理(半田補正)後 プロテクト基板裏 全ての半田をやり直す
C85. 完成プロテクト基板裏 洗浄後防湿材を塗る
C91. 修理前 出力端子板、折角バランス出力があるのだから使用したい、但し、メインAMPの対応が必要
C92. 修理前 出力端子板裏
C93. 修理(半田補正)後 出力端子板裏 全ての半田をやり直す
CA1. 修理前 入力端子板
CA2. 修理前 入力端子裏
CA3. 修理(半田補正)後 入力端子裏の基板
CA4. 完成入力端子裏基板裏 洗浄後防湿材を塗る
CA5. 修理前 入力端子裏の入力端子SW基板2裏
CA6. 修理(半田補正)後 入力端子裏の入力端子SW基板2裏
CA7.完成入力端子裏の入力端子SW基板2裏
CA8. 修理(半田補正)後 入力端子裏の入力端子SW基板3裏
CA9.完成入力端子裏の入力端子SW基板3裏
CB1. 修理前 Control_SW基板
CB2. 修理後 Control_SW基板  電解コンデンサー2個交換
CB1. 修理前 Control_SW基板裏
CB4. 修理(半田補正)後 Control_SW基板裏 全ての半田をやり直す
CB5. 完成Control_SW基板裏 洗浄後防湿材を塗る
CC11. 修理前 表示ランプ基板、 左=入力、 右=テープ。
CC12. 修理前 表示ランプ基板裏
CC13. 修理(半田補正)後 表示ランプ基板裏
CC14. 完成表示ランプ基板裏 洗浄後防湿材を塗る
CC21. 修理前 表示LED基板、 左=PowerAmp、 中=Adaptor・Muting・SourceDirect・SUBsonic、 右=テープREC。
CC22. 修理前 表示LED基板裏
CC23. 修理(半田補正)後 表示LED基板裏
CC24. 完成表示LED基板裏 洗浄後防湿材を塗る
CC31. 修理前 メインVolume表示ランプ基板
CC32. 修理前 メインVolume表示ランプ基板裏
CC33. 修理(半田補正)後 メインVolume表示ランプ基板裏
CC34. 完成メインVolume表示ランプ基板裏 洗浄後防湿材を塗る
CC41. 修理前 SW基板、 左=REC、 中=入力、 右=テープ。
CC42. 修理前 SW基板裏
CC43. 修理(半田補正)後 SW基板裏
CC44. 完成SW基板裏 洗浄後防湿材を塗る
CD1.  パネル清掃、合わせパネルなので、布にガラスクリーナを付けて拭く
CD2. パネル、 ボリュームは軸サポート+クションの2重!
CD3. パネル裏、合わせパネル、 中央はメインVRのエスカッション
CE1. 交換部品
CE1. 交換部品2
CF1. 修理前 シールドを外し、上から見る
CF2. 修理後 シールドを外し、上から見る
CF3. 修理前 シールドを外し、下から見る
CF4. 修理後 シールドを外し、下から見る
E5. 引き続き24時間エージング。 右は同時修理 Sansui B−2301L.5台目
S. Sansui C−2301 の仕様(マニアル・カタログより) 
入力感度/インピーダンス PHONO-1,2  MM−−−2mV/47kΩ
          High MC−− 2mV/100Ω
          MC−−−−70μV/3Ω,200μV/30Ω 
TUNER,CD,LINE-1,2,TAPE PLAY-1,2,3−−− 150mV/47kΩ
最大許容入力 PHONO-1,2 MM−−−350mV (1kHz,THD0.01%)
          High MC−−40mV (1kHz,THD0.01%)
出力電圧/出力インピーダンス Tape Rec(RCAピン)−−−150mV/50Ω
コントロールアンプ出力−−ノーマル出力=1.2V/50Ω
                 バランス出力=+4dBm
周波数特性 PHONO-1,2(MM)= 10Hz〜300kHz±0.2dB
TUNER,CD,LINE-1,2,TAPE PLAY-1,2,3=DC〜500kHz+0,−3
SN比(Aネットワーク、ショートサーキット) PHONO-1,2(MM) 90dB
PHONO-1,2(MC) 80dB
TUNER,CD,LINE-1,2,TAPE PLAY-1,2,3 110dB
外形寸法 幅474×高さ160×奥行422mm
重量 20.9kg
                        c2301-35f
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2012 Amp Repair Studio All right reserved.