Conrad Johnson MV−125 修理記録
同時修理CounterPoint SA−4. 3台目SA−4. 4台目    2021/7/25持込   8/22返却
A. 修理前の状況

T. 修理前点検測定

S. Conrad Johnson MV−125 の仕様(マニアル・カタログより)

A. 修理前の状況。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
A11. 点検中 前から見る
A12. 点検中 前右から見る。
A13. 点検中 後から見る
A14. 点検中 後右から見る
A21. 点検中 上から見る
A22. 点検中 ケースを取り上から見る
A23. 点検中 ケースを取り上から見る。 電源トランス鉄心厚みが左右で少し異なる?
A24. 点検中 電源トランス点検。1次入力電圧=100.5V、ヒーター電圧=6.324V。
A31. 点検中 右側出力トランス点検。
       1次インピーダンス=4.2kΩ(P1−B間+B−P2間)。
       2次インピーダンス=4Ω。
       インピーダンス比=4.2kΩ/4Ω=1050、 巻き線比=32.4。
       2次4Ω端子にAC5V/1kHzを入力すると、
       1次巻線P1−1間電圧=P2−B間電圧=162V/2=81V。
A32. 点検中 右側出力トランス点検。
       1次インピーダンス=4.2kΩ(P1−B間+B−P2間)。
       2次インピーダンス=16Ω。
       インピーダンス比=4.2kΩ/16Ω=125、 巻き線比=16.2。
       2次16Ω端子にAC5V/1kHzを入力すると、
       1次巻線P1−1間電圧=P2−B間電圧=81V/2=40.5V。
A33. 点検中 左側出力トランス点検。
       1次インピーダンス=4.2kΩ(P1−B間+B−P2間)。
       2次インピーダンス=4Ω。
       インピーダンス比=4.2kΩ/4Ω=1050、 巻き線比=32.4。
       2次4Ω端子にAC5V/1kHzを入力すると、
       1次巻線P1−1間電圧=P2−B間電圧=162V/2=81V。
A34. 点検中 左側出力トランス点検。
       1次インピーダンス=4.2kΩ(P1−B間+B−P2間)。
       2次インピーダンス=16Ω。
       インピーダンス比=4.2kΩ/16Ω=125、 巻き線比=16.2。
       2次16Ω端子にAC5V/1kHzを入力すると、
       1次巻線P1−1間電圧=P2−B間電圧=81V/2=40.5V。
A41. 点検中 ケース、真空管を取り上から見る
A41. 点検中 ケース、真空管を取り上から見る。 右側出力真空管6550ソケット。
A42. 点検中 ケース、真空管を取り上から見る。 左側出力真空管6550ソケット。
A43. 点検中 ケース、真空管を取り上から見る。 前段真空管6FQ7、5751ソケット。
A51. 点検中 下から見る
A52. 点検中 下ケースを取り下から見る。
A52. 点検中 下ケースを取り下から見る。 左側6FQ7真空管ソケット周り配線、修理履歴あり。
A53. 点検中 下ケースを取り下から見る。 右側6FQ7真空管ソケット周り配線、修理履歴あり。
A54. 点検中 下ケースを取り下から見る。 ブリーダー抵抗周り配線、修理履歴あり。
A41. 点検中 下前から見る
A42. 点検中 下前右から見る
A43. 点検中 下後から見る
A44. 点検中 下後左から見る
T. 修理前点検測定。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
T0. 出力・歪み率測定・調整、 AC100Vで測定、SP出力は4Ω(独立巻線使用)。
    「見方」。
   上段中 右側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
        表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   上段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS8202(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段中 左側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
        表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS6062(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より50Hz〜100kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A」。 FFT画面の見方はこちら。
T1. 1kHz入力、R側SP出力電圧21V=110W出力 1.126%歪み。
            L側SP出力電圧21V=110W出力 1.089%歪み。
            「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
T2. 10kHz入力、R側SP出力電圧21V=110W出力 0.558%歪み。
             L側SP出力電圧21V=110W出力 0.657%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
S. Conrad Johnson MV−125 の仕様(マニアル・カタログより)
型式 管球式ステレオパワーアンプ MC275
定格出力 75W+75W(4Ω、8Ω、16Ω) 30Hz〜15kHz
周波数特性 20Hz〜20kHz , +0, -.5dB
SN比 96dB
入力感度 0.88V
使用真空管 電圧増幅・ドライバー管=5751 ×2, 6FQ7×2|
出力管 =6550×4
消費電力 240W
最大外形寸法 19W , 8.75H, 20.5D inches
重量 80 lbs.
                    mv125-s
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。
  Copyright(C) 2021 Amp Repair Studio All right reserved.