Technics 30A(SU−30A). 3台目修理記録
同時修理 UESUGI U−BROS−1          平成28年6月22日持込  平成29年2月15日完成
A. 修理前の状況
  • オーバーホール修理依頼。
    平成29年2月10日ユーザーの要望で通常修理に変更。
B. 原因
  • 経年変化による劣化。

T. 修理前点検測定

U. TubeTester HickokTV−2B/Uによる付属真空管測定

D. 使用部品
  • 電解コンデンサー                      9個。
    12AX7                           2本。
    6X4                             1本
E. 調整・測定

G. 修理費            販売店経由なので非表示
                    通常修理。

S. Technics A30 の仕様(マニアル・カタログより)

A. 修理前の状況。画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
A11. 点検中 前から見る
A12. 点検中 前右から見る
A13. 点検中 後から見る
A14. 点検中 後左から見る
A15. 点検中 上から見る
A16. 点検中 上下パネルを取り、上から見る。
A21. 点検中 下前から見る
A22. 点検中 下前左から見る
A23. 点検中 下後から見る
A24. 点検中 下後右から見る
A25. 点検中 下から見る
A26. 点検中 上下パネルを取り、下から見る。
A81. 点検中 付属真空管「ECC83」。 右から1番目、2番目、、、、8番目。
A82. 点検中 付属真空管、足から見る
T. 修理前点検測定。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
T1. 出力・歪み率測定・調整。
    「見方」。
   上段中 右側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   上段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS8202(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段中 左側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS6062(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より50Hz〜100kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A」。 FFT画面の見方はこちら。
T2. AUX_1kHz入力、R側出力電圧=2V、 0.898%歪み。
                 L側出力電圧=2V、 1.009%歪み。
                「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
T3. AUX_10kHz入力、R側出力電圧=2V、 0.988%歪み。
                  L側出力電圧=2V、 0.855%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
T4. MM_1kHz入力、R側出力電圧=2V、 4.86%歪み。
                L側出力電圧=2V、 5.02%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
T5. MM_10kHz入力、R側出力電圧=2V、 8.98%歪み。
                 L側出力電圧=2V、 5.65%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
C1. 交換部品。
E. 測定・調整。画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
E1. 出力・歪み率測定・調整
    「見方」。
   上段中 右側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
        表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   上段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS8202(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段中 左側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
        表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS6062(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より50Hz〜100kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A」。 FFT画面の見方はこちら。
E21. AUX_50Hz入力、R側出力電圧=2V、 0.0804%歪み。
                 L側出力電圧=2V、 0.0453%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E22. AUX_100Hz入力、R側出力電圧=2V、 0.0691%歪み。
                    L側出力電圧=2V、 0.0601%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E23. AUX_500Hz入力、R側出力電圧=2V、 0.0637%歪み。
                    L側出力電圧=2V、 0.0613%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E24. AUX_1kHz入力、R側出力電圧=2V、 0.0628%歪み。
                  L側出力電圧=2V、 0.0634%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E25. AUX_5kHz入力、R側出力電圧=2V、 0.616%歪み。
                 L側出力電圧=2V、 0.0605%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E26. AUX_10kHz入力、R側出力電圧=2V、 0.0690%歪み。
                   L側出力電圧=2V、 0.0683%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E27. AUX_50kHz入力、R側出力電圧=1.9V、 0.221%歪み。
                   L側出力電圧=1.8V、 0.235%歪み。
                  「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=500kHz。
E31. MM_50Hz入力、R側出力電圧=2V、 0.0848%歪み。
                 L側出力電圧=2V、 0.0911%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E32. MM_100Hz入力、R側出力電圧=2V、 0.0907%歪み。
                  L側出力電圧=2V、 0.0965%歪み。
                「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E33. MM_500Hz入力、R側出力電圧=2V、 0.0856%歪み。
                  L側出力電圧=2V、 0.0980%歪み。
                「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E34. MM_1kHz入力、R側出力電圧=2V、 0.0821%歪み。
                 L側出力電圧=2V、 0.0913%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E35. MM_5kHz入力、R側出力電圧=2V、 0.0837%歪み。
                 L側出力電圧=2V、 0.0849%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E36. MM_10kHz入力、R側出力電圧=2V、 0.0912%歪み。
                  L側出力電圧=2V、 0.0941%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E37. MM_20kHz入力、R側SP出力電圧2V=36W出力、 0.0931%歪み。
                  L側SP出力電圧2V=36W出力、 0.0939%歪み。
                 「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=500kHz。
U. TubeTester HickokTV−2B/Uによる付属真空管測定。画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
U1. 付属真空管「12AX7(ECC83)」。 左から1本目.2本目....7本目.8本目
      真空管ハンドブック(規格表)の、
      12AX7(ECC83)相互コンダクタンス=1600μmho「Ep=250V、Ip=1.2mA、Eg1=−2V」。
1960/1962/1964/1966ナショナル真空管ハンドブック、1995オーディオ用真空管マニアル、60/62/69東芝電子管ハンドブック、1962日立電子管ハンドブック、1965/1971全日本真空管マニュアル、RC15/19/26/27/28/29/30 Receiving Tube Manual、1966/実用真空管ハンドブック、1995世界の真空管カタログより。
付属真空管「12AX7(ECC83)」。 左から1本目.2本目....7本目.8本目
             L側初段1本目...4本目、R側初段5本目...8本目。
U11. 付属1本目「12AX7」 ユニット1。 Gm測定=2000μmho、IP=2.41mA。
                    測定条件、「Ep=250V、Eg1=−2V」。 RangeSW=C、FullScale=3000μmho
U12. 付属1本目「12AX7」ユニット2。 Gm測定=2000μmho、IP=2.40mA。
U21. 付属2本目「12AX7」ユニット1。 Gm測定=1900μmho、IP=3.26mA。
                    測定条件、「Ep=250V、Eg1=−2V」。 RangeSW=C、FullScale=3000μmho
U22. 付属2本目「12AX7」ユニット2。 Gm測定=2100μmho、IP=2.55mA。
U31. 付属3本目「12AX7」ユニット1。 Gm測定=2000μmho、IP=2.40mA。
                    測定条件、「Ep=250V、Eg1=−2V」。 RangeSW=C、FullScale=3000μmho
U32. 付属3本目「12AX7」ユニット2。 Gm測定=2200μmho、IP=2.67mA。
U41. 付属4本目「12AX7」ユニット1。 Gm測定=2200μmho、IP=2.71mA。
                    測定条件、「Ep=250V、Eg1=−2V」。 RangeSW=C、FullScale=3000μmho
U42. 付属4本目「12AX7」ユニット2。 Gm測定=2100μmho、IP=2.55mA。
U51. 付属5本目「12AX7」ユニット1。 Gm測定=2100μmho、IP=2.50mA。
                    測定条件、「Ep=250V、Eg1=−2V」。 RangeSW=C、FullScale=3000μmho
U52. 付属5本目「12AX7」ユニット2。 Gm測定=2100μmho、IP=2.59mA。
U61. 付属6本目「12AX7」ユニット1。 Gm測定=2100μmho、IP=2.38mA。
                    測定条件、「Ep=250V、Eg1=−2V」。 RangeSW=C、FullScale=3000μmho
U62. 付属6本目「12AX7」ユニット2。 Gm測定=2300μmho、IP=2.65mA。
U71. 付属7本目「12AX7」ユニット1。 Gm測定=2000μmho、IP=2.33mA。
                    測定条件、「Ep=250V、Eg1=−2V」。 RangeSW=C、FullScale=3000μmho
U72. 付属7本目「12AX7」ユニット2。 Gm測定=2100μmho、IP=2.41mA。
U81. 付属8本目「12AX7」ユニット1。 Gm測定=2100μmho、IP=2.45mA。
                    測定条件、「Ep=250V、Eg1=−2V」。 RangeSW=C、FullScale=3000μmho
U82. 付属8本目「12AX7」ユニット2。 Gm測定=2100μmho、IP=2.42mA。
プレート波形を観測しながら測定する。
測定電源は安定化(電圧・周波数)電源を使用し、AC115V 60Hzで行う。
S. Technics 30A の仕様(マニアル・カタログより)
型式 管球式プリアンプ EAA-2008→SU-2008→SU-30A→Technics 30A
入力感度/インピーダンス Phono1、2=1.2mV/47kΩ
Tuner1、2=70mV/150kΩ
AUX1=0〜70mV調整可能/70kΩ
AUX2=70mV/150kΩ
Tape Head 9.5cm、19cm=1.6mV/470kΩ
MIC=1.4mV/47kΩ
最大許容入力
(1kHz、歪率0.1%)
Phono1、2=400mV
Tuner1、2=50V
AUX1、2=50V
Tape Head 9.5cm、19cm=500mV
MIC=400mV
テープモニター(定格出力時) Rec out=70mV/500Ω
Playback=70mV/150kΩ
Rec/Play(DIN)=70mV/90kΩ、150kΩ
出力レベル/インピーダンス 15V/500Ω(最大出力)
SN比(IHF、Aネットワーク)
       入力ショート/入力オープン
Phono1、2=64dB以上/58dB以上
Tuner1、2=75dB以上/70dB以上
AUX1、2=75dB以上/70dB以上
Tape Head 9.5cm=63dB以上/50dB以上
Tape Head 19cm=63dB以上/51dB以上
MIC=63dB以上/55dB以上
全高調波歪率(1kHz) 0.1%以下
周波数特性 Phono1、2=RIAA標準カーブからの偏差±0.3dB以内
Tuner1、2=5Hz〜50kHz、±0.5dB
AUX1、2=5Hz〜50kHz、±0.5dB
Tape Head 9.5cm=NAB9.5cmカーブからの偏差±0.5dB(調整可能)
Tape Head 19cm=NABカーブ19cmからの偏差±0.5dB
MIC=10Hz〜50kHz、+0 -1dB
使用半導体
真空管. 12AX7=8個、6X4=1個
ダイオード. SW-1-01=4個
TR(トランジスター). 2SB126=1個
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力 35VA
外形寸法 幅420×高さ150×奥行250mm
重量 7.6kg
価格 \74,000(1968年3月発売)、 \79,500(1970年頃)
                          a30_31h
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2017 Amp Repair Studio All right reserved.