Acoustic Research AMP.4台目修理記録
平成26年4月到着    5月24日完成
注意
  • このAMPは電源SW_OFF時にもドリフトを防ぐ為、ドライブAMPに通電しています。
    節電の為にいきなり通電しないで下さい。
    使用する5分前には、電源コンセントを差し込んで置いて下さい。
    長期間使用しない場合は、待機電力 節約の為、電源コードを抜いて下さい。
A. 修理前の状況
  • オーバーホール修理。


T. 修理前の測定

B. 原因
  • 各部劣化。

C. 修理状況
  • 電解コンデンサー交換(オーディオコンデンサー使用)
    フイルムコンデンサー交換。
    配線手直し、補強。
    電源投入リレー増設。
    SP接続端子交換。
    電源ブロック電解コンデンサー交換

G. 前パネル、上ケース塗装 


D. 使用部品
  • 電解コンデンサー                        12個 。
    フイルムコンデンサー                      12個。
    半固定VR                              1個。
    TR(トランジスター)                      16個。
    ダイオード                            3個。
    リレー                               1個。
    抵抗                               10個。
    SP接続端子(WBT SP端子 WBT−0735)       1組(定価で工賃込み)
    電源ブロック電解コンデンサー                2本、Elna Cerafine 使用。


E. 調整・測定

F. 修理費     155,500円  オーバーホール修理。

S. AR(Acoustic Research) AMP の仕様(マニアルより)

A. 修理前の状況。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
A11. 点検中 前から見る
A12. 点検中 前右から見る
A13. 点検中 後から見る
A14. 点検中 後左から見る
A15. 点検中 上から見る
A16. 点検中 上蓋・シールドを取り、 上から見る
A21. 点検中 下から見る
A22. 点検中 下前から見る
A23. 点検中 下前左から見る
A24. 点検中 下後から見る
A25. 点検中 下後右から見る
A27. 点検中 ドライブTR(トランジスター)
A31. 点検中 SP接続端子周り。
A32. 点検中 SP接続端子交換検討。
                左=絶縁型、 右=WBT WBT−0730PLWBT 0681Cuが使用可。
A33. 点検中 SP接続端子、交換検討2。
                    左=絶縁型、 右=WBT WBT−0730PLWBT 0681Cuが使用可。
A34. 点検中 SP接続端子交換検討3。
               WBT WBT−0735の場合WBT 0681Cuは放熱器に当たり使用不可。
A41. 点検中 入出力RCA端子周り
A51. 点検中 本等の中ブラ電解コンデンサー
A52. 点検中 配線が、ビニールテープで固定
A61. 点検中 交換する電源ブロック電解コンデンサー、 ELNA Cerafin 使用。
T. 測定・調整。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
T1. 出力・歪み率測定・調整
    「見方」。
   上段中 右側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   上段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS8202(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段中 左側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS6062(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より50Hz〜100kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A」。 FFT画面の見方はこちら。
T2. 1kHz入力、CH1側SP出力電圧13V=21W出力、 1.52%歪み。
             CH2側SP出力電圧16V=32W出力、 1.98%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
            この上でクリープする。
C. 修理状況
C10. 修理中 前パネルを倒して、修理する。
C11. 修理前 電源トランス付近
C12. 修理後 電源トランス付近
C13. 修理前 整流、定電圧付近
C14. 修理後 整流、定電圧付近。 電源ブロック電解コンデンサー交換(Elna Cerafine 使用)
                      フイルムコンデンサー2個追加。
C15. 修理前 ドライブトランス付近
C16. 修理後 ドライブトランス付近
C17. 修理前 ドライブ+EQ付近。
C18. 修理後 ドライブ+EQ付近
C21. 修理前 ドライブ基板
C22. 修理後 ドライブ基板、 フイルムコンデンサー4個、電解コンデンサー2個、TR(トランジスター)4個交換
C222. 修理後 ドライブ基板、 さらに、抵抗10個、TR(トランジスター)4個交換
C23. 修理前 ドライブ基板裏
C24. 修理(半田補正)後 ドライブ基板裏、 半田を全部やり直す。フイルムコンデンサー1個追加。
C25. 完成ドライブ基板裏、 洗浄後に防湿材を塗る。
C31. 修理前 トーン基板
C32. 修理後 トーン基板、 フイルムコンデンサー4個、電解コンデンサー2個、半固定VR1個、TR(トランジスター)7個交換
C33. 修理前 トーン基板裏
C34. 修理(半田補正)後 トーン基板裏、 半田を全部やり直す。
C35. 完成トーン基板裏、 洗浄後に防湿材を塗る。
C41. 修理前 EQ基板
C42. 修理後 EQ基板、 電解コンデンサー7個、TR(トランジスター)4個交換
C43. 修理前 EQ基板裏
C44. 修理(半田補正)後 EQ基板裏、 半田を全部やり直す。。フイルムコンデンサー1個追加。
C45. 修理中 EQ基板裏、 洗浄後。 見た目には非常に綺麗だが、今後の腐食に弱い。
C46. 完成EQ基板裏、 洗浄乾燥後に防湿材を塗る。
C51. 修理前 メインVR+電源SW、 接点復活材が染み込でいる、 SWにはAC100Vが通電している。
C52. 修理後 メインVR+電源SW、 電源投入リレーを増設、 SWにはDC24Vが通電している。
C61. 修理前 ドライブTR(トランジスター)
C62. 修理中 ドライブTR(トランジスター)
C63. 修理後 ドライブTR(トランジスター)、シリコンを塗布して組み付ける。
C71. 修理中 終段TR(トランジスター)
C72. 修理中 終段TR(トランジスター)
C73. 修理後 終段TR(トランジスター)、シリコンを塗布して組み付ける。
C71. 修理(交換)前 電源コード
C72. 修理(交換)後 電源コード
C81. 修理(交換)前 SP接続端子
C82. 修理(交換)後 SP接続端子。  SP接続端子(WBT SP端子 WBT−0735)使用。   
C91. 修理中 裏パネルエスカッションプレート接着。
C92. 修理中 裏パネルエスカッションプレート接着。
CA. 交換した部品
CB1. 修理前 上から見る
CB2. 修理後 上から見る
G. 前パネル、上ケース塗装。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
G11. 修理(塗装)前 上ケース
G12. 修理(塗装)後 上ケース
G21. 修理(塗装)前 前右ケース
G21. 修理(塗装)後 前右ケース
G31. 修理(塗装)前 後左ケース
G31. 修理(塗装)後 後左ケース
G41. 修理(塗装)前 前パネル
G41. 修理(塗装)後 前パネル。 これで文字が消えにくく成る。
P51. 修理(乾燥)中 炎天下にさらし、焼き付ける。 右側AR AMP 3台目
E. 測定・調整。 画像をクリックすると、大きく(横幅2050ドット)表示されます。
E1. 出力・歪み率測定・調整。 ユーザの使用環境が電源AC120Vなので120V電源で測定。
    「見方」。
   上段中 右側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   上段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS8202(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段中 左側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS6062(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より50Hz〜100kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A」。 FFT画面の見方はこちら。
E21. Tuner,50Hz入力、R側SP出力電圧20V=50W、 0.14%歪み。
                   L側SP出力電圧20V=50W、 0.14%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E22. Tuner,100Hz入力、R側SP出力電圧21V=55W、 0.12%歪み。
                    L側SP出力電圧21V=55W、 0.12%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E23. Tuner,500Hz入力、R側SP出力電圧21V=55W、 0.038%歪み。
                    L側SP出力電圧21V=55W、 0.041%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E24. Tuner,1kHz入力、R側SP出力電圧21V=55W、 0.037%歪み。
                   L側SP出力電圧21V=55W、 0.040%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E25. Tuner,5kHz入力、R側SP出力電圧21V=50W、 0.062%歪み。
                   L側SP出力電圧21V=50W、 0.065%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E26. Tuner,10kHz入力、R側SP出力電圧21V=55W、 0.094%歪み。
                    L側SP出力電圧21V=55W、 0.098%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E27. Tuner,50kHz入力、R側SP出力電圧11V=15W、 0.315%歪み。
                    L側SP出力電圧11V=15W、 0.371%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=500kHz。
E31. MM,50Hz入力、R側SP出力電圧20V=50W、 0.33%歪み。
                  L側SP出力電圧21V=55W、 0.33%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E32. MM,100Hz入力、R側SP出力電圧21V=55W、 0.24%歪み。
                   L側SP出力電圧21V=55W、 0.23%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
E33. MM,500Hz入力、R側SP出力電圧21V=55W、 0.12%歪み。
                   L側SP出力電圧21V=55W、 0.11%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E34. MM,1kHz入力、R側SP出力電圧21V=55W、 0.158%歪み。
                 L側SP出力電圧21V=55W、 0.161%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
E35. MM,5kHz入力、R側SP出力電圧21V=55W、 0.168%歪み。
                 L側SP出力電圧21V=55W、 0.171%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E36. MM,10kHz入力、R側SP出力電圧21V=55W、 0.10%歪み。
                   L側SP出力電圧21V=55W、 0.11%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
E37. MM,50kHz入力、R側SP出力電圧12V=18W、 0.357%歪み。
                   L側SP出力電圧12V=18W、 0.370%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=500kHz。
E4. フルパワーなので、24V高速フアンが全回転でクーリング。
S. AR(Acoustic Research) AMP の仕様(マニアルより)
型式 プリメインアンプ
出力(r.m.s、チャンネル当り) 4Ω=60W、 8Ω=50W、 16Ω=30W
周波数特性 20Hz〜20kHz ±1dB(定格最大出力時)
高調波歪率 0.5%以下(20Hz〜20kHz)
IM歪率(定格出力時) 0.25%以下(60:7kHz=4:1、Phono入力)
SN比 Phono=57dB
Tuner、Tape=75dB
ダンピングファクター 4Ω=8〜20、 8Ω=16〜40、 16Ω=32〜80
入力感度 Phono=2〜5mV感度調整可能
Tuner、Tape=200mV
トーンコントロール 同軸型で高低、左右別に調整可能
モード stereo、mono、null
消費電力 無音時=125W
最大出力時=500W
外形寸法 幅384×高さ110×奥行254mm
重量 8.64kg
価格 \147,000(1966年発売時)
\135,000(1973年頃)
別売 ウッドケース(\4,000)
          ar-4-2f
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2016 Amp Repair Studio All right reserved.