PIONEER F−500. 2台修理記録
平成26年10月20日到着  12月6日完成
A. 修理前の状況
  • チューナーの修理をお願いしたいのです。
    後にくっついている棒状のコイル(バーアンテナ)?
    これを紛失してから受信状態がよくありません。



B. 原因
  • 経年劣化。
    ダイヤル周波数のずれ。
    FMが低い方で受信不可。
    バーアンテナ無しでAM感度悪い。


C. 修理状況
  • RF増幅、トラッキング、IF回路、MPX回路、修理・調整。
    AM回路調整。
    半固定VR交換。
    電解コンデンサーをオーディオ用に交換。
    半田補正。
    フイルムコンデンサー交換。
    他機種のバーアンテナと交換。
    メータランプ交換。


D. 使用部品
  • 電解コンデンサー(ミューズ使用)             個。
    半固定VR                           11個。
    フイルムコンデンサー                    個。
    他機種のバーアンテナ                    1個。
    メータランプ                           2個。


E. 調整・測定


F. 修理費  60,000円    「オーバーホール修理」

S. PIONEER F−500 の仕様(マニアル・カタログより)



Y. ユーザー宅の設置状況

A. 修理前の状況
A11. 点検中 前から見る
A12. 点検中 前右から見る
A13. 点検中 後から見る
A14. 点検中 後左から見る
A15. 点検中 上から見る
A16. 点検中 上蓋を取り、上から見る
A21. 点検中 下前から見る
A22. 点検中 下後右から見る
A23. 点検中 下後から見る
A24. 点検中 下前左から見る
A25. 点検中 下から見る
A26. 点検中 下蓋を取り、下から見る。
A31. 点検中 取れたバーアンテナ。
A32. 点検中 交換取り付けする他機種のバーアンテナの例。
C. 修理状況
C11. 修理前 基板
C12. 修理後 基板。
         半固定VR11個、電解コンデンサー45個、整流ダイオード2個交換、フイルムコンデンサー2個追加
C13. 修理前  基板裏
C14. 修理(半田補正)後  基板裏
C15. 完成基板裏 洗浄後
C21. 修理前 FM・AM−RF部
C22. 修理後 FM・AM−RF部
C23. 修理前 FM・AM−RF部裏
C24. 修理(半田補正)後 FM・AM−RF部裏
C25. 完成 FM・AM−RF部裏 洗浄後
C31. 修理前 AM、FM−IF、FM−DET部
C32. 修理後 AM、FM−IF、FM−DET部
C33. 修理前 AM、FM−IF、FM−DET部裏
C34. 修理(半田補正)後 AM、FM−IF、FM−DET部裏
C35. 完成 AM、FM−IF、FM−DET部裏 洗浄後
C41. 修理前 MPX部
C42. 修理後 MPX部
C43. 修理前 MPX部裏
C44. 修理(半田補正)後 MPX部裏
C45. 完成 MPX部裏 洗浄後
C51. 修理前 後パネルのバーANT。
C52. 修理(交換)後 後パネルのバーANT。
C53. 修理(交換)後 後パネルのバーANT、 引き出した所。
C61. 修理前 ラッピング
C62. 修理後 ラッピングは念の為、半田を流し込む
C7A. パネル清掃
C8. 交換部品
C9A. 修理前 上から
C9B. 修理後 上から
C9C. 修理前 下から
C9D. 修理後 下から
CA. 完成 
E. 調整・測定、 受信感度、FM−RL分離測定調整.
     <見方>
 中上の「LEADER 3216P AM・FMステレオ信号発信器」より信号を出す。これを受信し出力を測定する。
   表示LED、 左端=変調度、 中左=メモリNo、 中右=出力周波数、 右端=出力レベル。
 中下=R出力測定。
   「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」より測定。
   表示LED、 左端=メモリーNo、中左=周波数測定、中右=出力電圧測定、右端=歪み率測定。
 下=L出力測定。
   「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」より測定。
   表示LED、 左端=メモリーNo、中左=周波数測定、中右=出力電圧測定、右端=歪み率測定。
E11. FMトラッキング制御電圧調整。 78MHZ合わす。
E12. FMトラッキング制御電圧調整。 88MHZで合わす。
E21. FM モノラル受信測定。
     <見方>
     中上の「LEADER 3216P FM信号発信器」より信号を出す。 これを受信し出力を測定する。
        変調度=100%(75kHzデビエーション)、 出力周波数=82MHZ、 出力レベル=46dB。
     中下=R出力測定。
        「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」より測定。
        変調周波数=400Hz、 出力電圧=0.516V、 歪み率=0.028%。
     下=L出力測定。
        「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」より測定。
        変調周波数=400Hz、 出力電圧=0.513V、 歪み率=0.029%。
E22. FM モノラル受信測定。
     <見方>
     中上の「LEADER 3216P FM信号発信器」より信号を出す。 これを受信し出力を測定する。
        変調度=100%(75kHzデビエーション)、 出力周波数=82MHZ、 出力レベル=46dB。
     中下=R出力測定。
         「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」より測定。
         変調周波数=1kHz、 出力電圧=0.498V、 歪み率=0.021%。
     下=L出力測定。
         「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」より測定。
         変調周波数=1kHz、 出力電圧=0.494V、 歪み率=0.024%。
E31. FM ステレオ受信測定。
     <見方>
     中上の「LEADER 3216P FMステレオ信号発信器」 より信号を出す。 これを受信し出力を測定する。
         これを受信し出力を測定する。
         変調度=100%(75kHzデビエーション)、 出力周波数=82MHZ、 出力レベル=46dB。
     中下=R出力測定。
         「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」より測定。
         変調周波数=400Hz、 出力電圧=0.455V、 歪み率=0.024%。
     下=L出力測定。
         「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」より測定。
         変調周波数=400Hz、 出力電圧=0.453V、 歪み率=0.034%。
E32. FM ステレオ受信測定。
     <見方>
     中上の「LEADER 3216P FM ステレオ信号発信器」 信号を出す。 これを受信し出力を測定する。
         これを受信し出力を測定する。
         変調度=100%(75kHzデビエーション)、 出力周波数=82MHZ、 出力レベル=46dB。
     中下=R出力測定。
         「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」より測定。
         変調周波数=1kHz、 出力電圧=0.439V、 歪み率=0.018%。
     下=L出力測定。
         「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」より測定。
         変調周波数=1kHz、 出力電圧=0.436V、 歪み率=0.019%。
E41. FM ステレオ受信測定(分離度)。
     <見方>
     中上の「LEADER 3216P FMステレオ信号発信器」より「R側信号」を出す。
         これを受信し出力を測定する。
         変調度=100%(75kHzデビエーション)、 出力周波数=82MHZ、 出力レベル=46dB。
     中下=R出力測定。
         「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」より測定。
         変調周波数=400Hz、 出力電圧=0.455V、 歪み率=0.046%。
     下=L出力測定。
         「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」より測定。
         変調周波数=400Hz、 出力電圧=1.2mV、 歪み率=入力レベルが低すぎて測定不可。
E42. FM ステレオ受信測定(分離度)。
     <見方>
     中上の「LEADER 3216P FM ステレオ信号発信器」より「L側信号」を出す。
         これを受信し出力を測定する。
         変調度=100%(75kHzデビエーション)、 出力周波数=82MHZ、 出力レベル=46dB。
     中下=R出力測定。
         「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」より測定。
         変調周波数=400Hz、 出力電圧=1.2mV、 歪み率=入力レベルが低すぎて測定不可。
     下=L出力測定。
         「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」より測定。
         変調周波数=400Hz、 出力電圧=0.448V、 歪み率=0.029%。
E43. FM ステレオ受信測定(分離度)。
     <見方>
     中上の「LEADER 3216P FMステレオ信号発信器」より「R側信号」を出す。
         これを受信し出力を測定する。
         変調度=100%(75kHzデビエーション)、 出力周波数=82MHZ、 出力レベル=46dB。
     中下=R出力測定。
         「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」より測定。
         変調周波数=1kHz、 出力電圧=0.439V、 歪み率=0.037%。
     下=L出力測定。
         「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」より測定。
         変調周波数=1kHz、 出力電圧=1.8mV、 歪み率=入力レベルが低すぎて測定不可。
E44. FM ステレオ受信測定(分離度)。
     <見方>
     中上の「LEADER 3216P FM ステレオ信号発信器」より「L側信号」を出す。
         これを受信し出力を測定する。
         変調度=100%(75kHzデビエーション)、 出力周波数=82MHZ、 出力レベル=46dB。
     中下=R出力測定。
         「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」より測定。
         変調周波数=1kHz、 出力電圧=1.9mV、 歪み率=入力レベルが低すぎて測定不可。
     下=L出力測定。
         「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」より測定。
         変調周波数=1kHz、 出力電圧=0.431V、 歪み率=0.036%。
E51. AM トラッキング&感度測定・調整
     <見方>
     中の「LEADER 3216P AM信号発信器」より出す。
       変調周波数=1kHz、変調度=50%、 出力周波数=600kHZ、 出力レベル=100dB。
     下=出力測定。
         「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」より測定。
         変調周波数=1kHz、 出力電圧=264.3mV、 歪み率=1.094%。
E52. AM トラッキング&感度測定・調整
     <見方>
     中の「LEADER 3216P AM信号発信器」より出す。
       変調周波数=1kHz、変調度=50%、 出力周波数=1400kHZ、 出力レベル=100dB。
     下=出力測定。
         「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」より測定。
         変調周波数=1kHz、 出力電圧=251.2mV、 歪み率=0.889%。
E6. 24時間エージング。 左は KENWOOD L−01T
Y. ユーザー宅の設置状況
Y1. 設置状況.
Y2. 設置状況2.
S. PIONEER F−500 の仕様(マニアル・カタログより) 
型式 FM/AMチューナー F−500
FMチューナー部
受信周波数範囲 76〜90MHz
S/N比50dB感度 mono=1.8μV/16.2dBf(新IHF)
stereo=20.0μV/ 37.2dBf(新IHF)
実用感度 mono=0.95μV/10.8dBf(新IHF)
SN比(85dBf入力時) mono=90dB
stereo=85dB
高調波歪率 mono(wide)=0.03%(100Hz)、0.03%(1kHz)、0.03%(10kHz).
mono(narrow)=0.08%(1kHz).
stereo(wide)=0.04%(100Hz)、0.04%(1kHz)0.09%(10kHz).
stereo(narrow)=0.2%(1kHz)
キャプチャーレシオ wide=0.8dB
narrow=2.0dB
実効選択度 wide=40dB(400kHz)
narrow=60dB(300kHz)
ステレオセパレーション wide=60dB(1kHz)、 50dB(20Hz〜10kHz)
周波数特性 20Hz〜15kHz ±0.5dB
RF相互変調特性 97dB(2.5MHz離調)、 85dB(800kHz離調)
イメージ妨害比 120dB
IF妨害比 100dB
スプリアス妨害比 110dB
AM抑圧比 70dB
サブキャリア抑圧比 70dB
ミューティング動作レベル 4.9μV(25.0dBf)
アンテナ入力インピーダンス 300Ω平衡型、75Ω不平衡型
AMチューナー部
実用感度 300μV/m(バーアンテナ)、 15μV(外部アンテナ)
選択度 Wide=18dB
Narrow=50dB
SN比 50dB
イメージ妨害比 45dB
IF妨害比 40dB
総合
出力レベル/インピーダンス FM(100%変調)Fixed=650mV/2.2kΩ
           Variable=0mV〜1.3V/2.2kΩ
AM(30%変調)Fixed=200mV/2.2kΩ
          Variable=400mV/2.2kΩ
マルチパス出力 Vertical=130mV/10kΩ
Horizontal=400mV/10kΩ
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 22W
外形寸法 幅420×高さ98×奥行403mm
重量 6.8kg
価格 \49,800/1979年発売
                        f500_21k
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.