KENWOOD KT−3030 修理記録
平成17年6月2日到着   平成18年2月4日完成
  1.  修理前の状況
    オーバーホール

  2.  原因

  3.  修理状況
     RF増幅、、トラッキング、IF回路、MPX回路、修理・調整
     配線手直し、補強 
     半固定VR交換
     フイルムコンデンサー交換

  4.  使用部品
     電解コンデンサー(オーディオコンデンサー使用)        62個
     フイルムコンデンサー                         6個
     半固定VR                               20個

  5.  調整・測定

  6.  修理費  68,000円    <<オーバーホール修理>>

A. 修理前の状況
A1. 上蓋を取った所。
AE. 修理前の測定
AE1.  <見方>
     上のFMステレオ信号発信器より 84MHZで 400HZ・1KHZの 変調信号を 30dBで出す これを受信し出力を測定する
     中左=歪み率計、左メータ=L出力、右メータ=R出力
       中=出力電圧測定器、赤針=R出力、黒針=L出力
       右=オシロ出力波形 上=R出力、下=L出力
     下オシロ=検波出力波形
     変調信号を30dB=実際の受信では、最低限のレベルで外来ノイズを受け始めるレベル
AE2A. FM 感度、RL分離測定調整 R側
     <見方>
     上のFMステレオ信号発信器より 84MHZで 400HZの Rのみ変調信号を 30dBで出す これを受信し出力を測定する
     中左=歪み率計=0.8%、左メータ=L出力、右メータ=R出力(最大1%レンジ)
       中=出力電圧測定器、赤針=R出力、黒針=L出力(最大3Vレンジ)
       右=出力波形 上=R出力、下=L出力
AE2B. FM 感度、RL分離測定調整 L側
     <見方>
     上のFMステレオ信号発信器より 84MHZで 400HZの Lのみ変調信号を 30dBで出す、これを受信し出力を測定する
     中左=歪み率計=0.8%、左メータ=L出力、右メータ=R出力(最大1%レンジ)
       中=出力電圧測定器、赤針=R出力、黒針=L出力(最大3Vレンジ)
       右=出力波形 上=R出力、下=L出力
AE3A. FM 感度、RL分離測定調整 R側
     <見方>
     上のFMステレオ信号発信器より 84MHZで 1KHZの Rのみ変調信号を 30dBで出す これを受信し出力を測定する
     中左=歪み率計=0.7%、左メータ=L出力、右メータ=R出力(最大1%レンジ)
       中=出力電圧測定器、赤針=R出力、黒針=L出力(最大3Vレンジ)
       右=出力波形 上=R出力、下=L出力
AE3B. FM 感度、RL分離測定調整 L側
     <見方>
     上のFMステレオ信号発信器より 84MHZで 1KHZの Lのみ変調信号を 30dBで出す、これを受信し出力を測定する
     中左=歪み率計=0.7%、左メータ=L出力、右メータ=R出力(最大1%レンジ)
       中=出力電圧測定器、赤針=R出力、黒針=L出力(最大3Vレンジ)
       右=出力波形 上=R出力、下=L出力
C. 修理状況
C1A. 修理前 電源基板
C1B. 修理後 電源基板  電解コンデンサー20個交換
C1C. 修理前 電源基板裏
C1C1. 修理中 電源基板裏の半田不良ケ所1
C1C2. 修理中 電源基板裏の半田不良ケ所2
C1D. 修理(半田補正)後 電源基板裏
C1E. 完成電源基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C2A. 修理前 電源基板ラッピング1
C2B. 修理後 電源基板ラッピング1、半田を浸みこませる
C2C. 修理前 電源基板ラッピング2
C2D. 修理後 電源基板ラッピング2、半田を浸みこませる
C3A. 修理前 メイン基板
C3B. 修理後 メイン基板 電解コンデンサー49個、半固定VR18個交換 
C3C. 修理前 メイン基板裏
C3D. 修理(半田補正)後 メイン基板裏
C3E. 修理中 メイン基板裏 余分なフラックスを取る
C3F. 完成メイン基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C4A. 修理前 RF−MIX基板 「ダイレクト・リニアレセプション・サーキット」
      コイルの下の黒いのが同調バリキャップ、パラレルで,12個使用
      ミキサーは無線機器でお馴染みの、バランス型で、低雑音・混変調をを稼いでいる
C4B. 修理後 RF−MIX基板 電解コンデンサー1個交換
C4C. 修理前 RF−MIX基板裏
C4D. 修理(半田補正)後 RF−MIX基板裏
C4E. 修理中 RF−MIX基板裏 余分なフラックスを取る
C4F. 完成RF−MIX基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C5A. 修理前 IF−DCC−MPX−AF基板、以下 IF−AF基板に略
           真ん中の部分がDCC(ディストーション・コレクティング・サーキット)部分
C5B. 修理後 IF−AF基板 電解コンデンサー27個、半固定VR16個交換
C5C. 修理前 IF−AF基板裏  
C5D. 修理(半田補正)後 IF−AF基板裏  
C5E. 修理中 IF−AF基板裏 余分なフラックスを取る
C5F. 完成IF−AF基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C6A. 修理前 VCO−MUTE−CPU基板、以下 CPU基板に略
C6B. 修理後 CPU基板 電解コンデンサー21個、半固定VR3個交換
C6C. 修理前 CPU基板裏  
C6D. 修理(半田補正)後 CPU基板裏  
C6E. 修理中 CPU基板裏 余分なフラックスを取る
C6F. 完成CPU基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C7A. 修理前 コントロール・表示基板、以下 コントロール基板に略
C7B. 修理後 コントロール基板 電解コンデンサー11個、フイルムコンデンサー2個、半固定VR2個交換
C7C. 修理前 コントロール基板裏  
C7C1. 修理中 コントロール基板裏の半田不良ケ所1
C7C2. 修理中 コントロール基板裏の半田不良ケ所2
C7D. 修理(半田補正)後 コントロール基板裏  
C7E. 完成コントロール基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C8A. 修理前 LCD基板裏
C8B. 修理(半田補正)後 LCD基板裏
C8C. 完成LCD2基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C9A. 修理前 LCD基板2裏  
C9B. 修理(半田補正)後 LCD基板2裏  
C9C. 完成LCD2基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
CAA. 修理前 パルス・エンコーダ基板
CAB. 修理後 パルス・エンコーダ基板 電解コンデンサー2個交換
CAC. 修理前 パルス・エンコーダ基板裏  
CAD. 修理(半田補正)後 パルス・エンコーダ基板裏  
CAE. 完成パルス・エンコーダ基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
CB. 交換部品
CCA. 修理前 上から
CCB. 修理後 上から
E. 調整・測定 FM受信感度、RL分離測定調整
     <見方>
     上のFMステレオ信号発信器より 84MHZで 400HZ・1KHZの変調信号を30dBで出す これを受信し出力を測定する
     中左=歪み率計、左メータ=L出力、右メータ=R出力
       中=出力電圧測定器、赤針=R出力、黒針=L出力
       右=オシロ出力波形 上=R出力、下=L出力
     下オシロ=検波出力波形
     変調信号を30dB=実際の受信では、最低限のレベルで外来ノイズを受け始めるレベル
E2A. FM 感度、RL分離測定調整 R側
     <見方>
     上のFMステレオ信号発信器より 84MHZで 400HZの Rのみ変調信号を 30dBで出す これを受信し出力を測定する
     中左=歪み率計=0.15%、左メータ=L出力、右メータ=R出力(最大0.3%レンジ)
       中=出力電圧測定器、赤針=R出力(最大3Vレンジ)、黒針=L出力(最大0.03Vレンジ)
       右=出力波形 上=R出力、下=L出力
E2B. FM 感度、RL分離測定調整 L側
     <見方>
     上のFMステレオ信号発信器より 84MHZで 400HZの Lのみ変調信号を 30dBで出す、これを受信し出力を測定する
     中左=歪み率計=0.15%、左メータ=L出力、右メータ=R出力(最大0.3%レンジ)
       中=出力電圧測定器、赤針=R出力(最大0.03Vレンジ)、黒針=L出力(最大3Vレンジ)
       右=出力波形 上=R出力、下=L出力
E3A. FM 感度、RL分離測定調整 R側
     <見方>
     上のFMステレオ信号発信器より 84MHZで 1000HZの Rのみ変調信号を 30dBで出す これを受信し出力を測定する
     中左=歪み率計=0.12%、左メータ=L出力、右メータ=R出力(最大0.3%レンジ)
       中=出力電圧測定器、赤針=R出力(最大3Vレンジ)、黒針=L出力(最大0.03Vレンジ)
       右=出力波形 上=R出力、下=L出力
E3B. FM 感度、RL分離測定調整 L側
     <見方>
     上のFMステレオ信号発信器より 84MHZで 400HZの Lのみ変調信号を 30dBで出す、これを受信し出力を測定する
     中左=歪み率計=0.1%、左メータ=L出力、右メータ=R出力(最大0.3%レンジ)
       中=出力電圧測定器、赤針=R出力(最大0.03Vレンジ)、黒針=L出力(最大3Vレンジ)
       右=出力波形 上=R出力、下=L出力
EE. 最適な入力でのFM受信感度、RL分離測定調整
     <見方>
     上のFMステレオ信号発信器より 84MHZで 400HZ・1KHZの変調信号を55dBで出す これを受信し出力を測定する
     中左=歪み率計、左メータ=L出力、右メータ=R出力
       中=出力電圧測定器、赤針=R出力、黒針=L出力
       右=オシロ出力波形 上=R出力、下=L出力
     下オシロ=検波出力波形
EE2A. FM 感度、RL分離測定調整 R側
     <見方>
     上のFMステレオ信号発信器より 84MHZで 400HZの Rのみ変調信号を55dBで出す これを受信し出力を測定する
     中左=歪み率計=0.04%、左メータ=L出力、右メータ=R出力(最大0.1%レンジ)
       中=出力電圧測定器、赤針=R出力(最大3Vレンジ)、黒針=L出力(最大0.03Vレンジ)
       右=出力波形 上=R出力、下=L出力
EE2B. FM 感度、RL分離測定調整 L側
     <見方>
     上のFMステレオ信号発信器より 84MHZで 400HZの Lのみ変調信号を55dBで出す、これを受信し出力を測定する
     中左=歪み率計=0.045%、左メータ=L出力、右メータ=R出力(最大0.1%レンジ)
       中=出力電圧測定器、赤針=R出力(最大0.03Vレンジ)、黒針=L出力(最大3Vレンジ)
       右=出力波形 上=R出力、下=L出力
EE3A. FM 感度、RL分離測定調整 R側
     <見方>
     上のFMステレオ信号発信器より 84MHZで 1000HZの Rのみ変調信号を55dBで出す これを受信し出力を測定する
     中左=歪み率計=0.04%、左メータ=L出力、右メータ=R出力(最大0.1%レンジ)
       中=出力電圧測定器、赤針=R出力(最大3Vレンジ)、黒針=L出力(最大0.03Vレンジ)
       右=出力波形 上=R出力、下=L出力
EE3B. FM 感度、RL分離測定調整 L側
     <見方>
     上のFMステレオ信号発信器より 84MHZで 1000HZの Lのみ変調信号を60dBで出す、これを受信し出力を測定する
     中左=歪み率計=0.04%、左メータ=L出力、右メータ=R出力(最大0.1%レンジ)
       中=出力電圧測定器、赤針=R出力(最大0.03Vレンジ)、黒針=L出力(最大3Vレンジ)
       右=出力波形 上=R出力、下=L出力
E4. 引き続き24時間エージング。
       下は曾おじいさんに当たる”KT−7000”測定データーでは、差が有るが、FMの放送を聴くと好みが分かれる所でしょう
                      kt3030-1y
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.