測定するAMPへの入力装置の歪み測定
T1. AMPへの入力装置の測定。
   下段左端のオーディオ発振器 VP−7201A より「AUX入力用=100mV」及び「MM入力用=3mV」の
       50Hz〜100kHzの信号を上段中及び下段中「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
       表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   上段右端及び下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS8202(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
        VP−7723Bで増幅された物を分析していますので、レベルは相対的比較です。
        よって、測定条件が変わる場合は比較検討は無意味です
   測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A
   FFT画面の見方はこちら。
T21. AUX入力用=100mV、50Hz、R側測定VP−7723B、 0.0094%歪み。
                        L側測定VP−7723B、 0.00942%歪み。
                       電圧測定で102.2-98.6=3.6mVの差あり。
                       「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
T22. AUX入力用=100mV、100Hz、R側測定VP−7723B、 0.0091%歪み。
                        L側測定VP−7723B、 0.00905%歪み。
                       電圧測定で104.4-99.2=5.2mVの差あり。
                       「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
T23. AUX入力用=100mV、500Hz、R側測定VP−7723B、 0.0090%歪み。
                        L側測定VP−7723B、 0.00929%歪み。
                       電圧測定で100.6-99.3=1.3mVの差あり。
                       「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
T24. AUX入力用=100mV、1kHz、R側測定VP−7723B、 0.19%歪み。
                       L側測定VP−7723B、 0.25%歪み。
                       電圧測定で102.2-98.4=1.2mVの差あり。
                       「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
T25. AUX入力用=100mV、5kHz、R側測定VP−7723B、 0.00885%歪み。
                       L側測定VP−7723B、 0.00909%歪み。
                       電圧測定で101.6-100.6=1.0mVの差あり。
                      「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
T26. AUX入力用=100mV、10kHz、R側測定VP−7723B、 0.00905%歪み。
                       L側測定VP−7723B、 0.00929%歪み。
                       電圧測定で101.6-100.6=1.0mVの差あり。
                       「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
T27. AUX入力用=100mV、50kHz、R側測定VP−7723B、 0.00830%歪み。
                        L側測定VP−7723B、 0.00842%歪み。
                       電圧測定で101.8-100.9=0.9mVの差あり。
                       「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=125kHz、右=500kHz。
T28. AUX入力用=100mV、100kHz、R側測定VP−7723B、 0.0110%歪み。
                        L側測定VP−7723B、 0.01106%歪み。
                       電圧測定で100.6-99.6=1.0mVの差あり。
                       「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=125kHz、右=500kHz。
MM入力やMC入力は、もっとレベルが低いのですが、「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」の測定限界の少し上の4mVで、測定しました。
T31. MM入力用=4mV、50Hz、R側測定VP−7723B、 0.276%歪み。
                        L側測定VP−7723B、 0.217%歪み。
                       電圧測定で3.9-2.9=1.0mVの差あり。
                       「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
T32. MM入力用=4mV、100Hz、R側測定VP−7723B、 0.310%歪み。
                        L側測定VP−7723B、 0.245%歪み。
                       電圧測定で4.1-3.1=1.0mVの差あり。
                       「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
T33. MM入力用=4mV、500Hz、R側測定VP−7723B、 0.291%歪み。
                        L側測定VP−7723B、 0.234%歪み。
                       電圧測定で4.1-3.2=0.9mVの差あり。
                       「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
T34. MM入力用=4mV、1kHz、R側測定VP−7723B、 0.290%歪み。
                        L側測定VP−7723B、 0.232%歪み。
                       電圧測定で4.1-3.2=0.9mVの差あり。
                       「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
T35. MM入力用=4mV、5kHz、R側測定VP−7723B、 0.295%歪み。
                        L側測定VP−7723B、 0.235%歪み。
                       電圧測定で4.0-3.1=0.9mVの差あり。
                      「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
T36. MM入力用=4mV、10kHz、R側測定VP−7723B、 0.294%歪み。
                        L側測定VP−7723B、 0.235%歪み。
                       電圧測定で4.1-3.2=0.9mVの差あり。
                       「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
T37. MM入力用=4mV、50kHz、R側測定VP−7723B、 0.276%歪み。
                        L側測定VP−7723B、 0.217%歪み。
                       電圧測定で3.9-2.9=1.0mVの差あり。
                       「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=125kHz、右=500kHz。
T38. MM入力用=4mV、100kHz、R側測定VP−7723B、 0.428%歪み。
                         L側測定VP−7723B、 0.280%歪み。
                       電圧測定で3.0-2.1=0.9mVの差あり。
                       「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=125kHz、右=500kHz。
       Copyright(C) 2012 Amp Repair Studio All right reserved. 平成24年1月19日最終校正  kikitest-h
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。写真(画像)は表示よりも、実サイズは大きいです。  細かい所を見たい場合は画像をダウンロードして見てください。