JVC Disc Stabilizer TS−1 修理記録
平成15年10月29日到着 11月1日完成 
デジカメ(E−10)が壊れ、修理に行っています。
昔のC−2000Zoomで撮りましたので画像悪いです
A. 修理前の状況
  • 吸引力がとみに落ちてきまして、レコードを吸着させるほどの能力が出なくなりました。

B. 原因
  • エアー漏れ
      

C. 修理状況

D. 使用部品
  • セメント抵抗

E. 修理費  25,000円

S. JVC Disc Stabilizer TS−1 の仕様(マニアルより)

C1. 修理後 2段フアンユニット
C2. 修理後 圧縮材は中の所が、「ボロボロ」出てくるので、ボンドで押さえる。 中の仕切
C3. 修理後 圧縮材は中の所が、「ボロボロ」出てくるので、ボンドで押さえる。 底蓋
C4. 修理後 止めネジもボンドを含ませる。
C5. 修理後   底蓋をする前
C6.  完成
S. JVC Disc Stabilizer TS−1 の仕様(カタログ・マニアルより)
型式 ターボディスクスタビライザーユニット
送風機型式 2段ターボ方式
電動機 2極単相コンデンサー起動、誘導電動機
最大風圧 70mmAq(4kg相当)=5.3mmHg
用途 TT-801型ターンテーブルユニットに組み合わせて使用
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 29W(50Hz)
37W(60Hz)
外形寸法 幅283×高さ193×奥行373mm
重量 10.5kg
付属品 2mの吸引パイプ
価格 \50,000(1981年頃)
                         ts-1-5
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2016 Amp Repair Studio All right reserved.