JBL NETWORK 3143修理記録
平成18年2月14日到着  3月20日完成 
  • A. 修理前の状況
       オーバーホール

  • B. 原因
       抵抗焼損
       コンデンサー劣化
  • C. 修理状況
       ポジションは、EXTERNALで固定する
       SP接続端子交換
       抵抗交換

  • D. 使用部品(2台で)
       フイルムコンデンサー               個
       SP接続端子                    8個
       抵抗                         2個

  • F. 修理費  61,000円

A. 修理前の状況
A−1. 点検中 全体
A−2. 点検中 配線を外し、トランス短絡、抵抗断線、コンデンサー短絡・容量抜け点検
          赤い「×」印の抵抗が断線
A−3. 点検中 大容量はこの紙筒の中 
A−4. 点検中 外部NETWORKの選択切り替えSW、使用しないなら、ジャンパーをお勧め 
A−5. 点検中 SP接続端子は下記の3通りが選択OK。WBTはこちらWBT SP端子 WBT−0702が使用可。       
A−6. 点検中 全体
A−7. 点検中  配線を外し、トランス短絡、抵抗断線、コンデンサー短絡・容量抜け点検
          赤い×印の抵抗が断線
A−8. 点検中 外部NETWORKの選択切り替えSW、使用しないなら、ジャンパーをお勧め 
C. 修理状況
C−1A. 修理中 フイルムコンデンサーの容量測定、RL揃える為に選別して使用する 10μを測定
C−1B. 修理中 フイルムコンデンサーの容量測定、6.8μを測定
C−1C. 修理中 フイルムコンデンサーの容量測定、4.7μを測定
C−1D. 修理中 フイルムコンデンサーの容量測定、2.2μを測定
C−1E. 修理中 フイルムコンデンサーの容量測定、1.5μを測定
C−1F. 修理中 フイルムコンデンサーの容量測定、1μを測定
C−2A. 修理前 1ユニット
C−2B. 修理中 1ユニット
C−2C. 修理後  1ユニット
C−3A. 修理前 2ユニット
C−3A−1. 修理中 2ユニット 前回の修理で半田忘れ!!
C−3B. 修理中  2ユニット
C−3C. 修理後  2ユニット
C−4A. 修理後  1ユニット選択切り替えSWをジャンパーする
C−4B. 修理後  2ユニット選択切り替えSWをジャンパーする
C−4B−1. 修理中  2ユニット選択切り替えSW 半田ののりが少なく、ぐらついている!
C−5A. 修理前  1ユニット接続端子
C−5B. 修理後  1ユニット接続端子
C−5C. 修理前  2ニット接続端子
C−5D. 修理後  2ユニット接続端子
C−6. 交換部品
C−7A. 修理前  1ユニット
C−7B. 修理後  1ユニット
C−7C. 修理前  2ユニット
C−7D. 修理後  2ユニット
E. 調整・測定
E−1. 調整・測定 左上のパワーオーディオ発振器からネットワークに入力、LOW出力=L出力、HI出力=R出力とする。
E−2A. 調整・測定 1ユニットクロス周波数の測定、VRは全てMAX 1523HZ
    <見方>
     上左=左出力の測定
     上中左=左右SP出力測 左メータ=L出力、右メータ=R出力
     上中右=右出力の測定
     上右=SP出力波形オシロ 上=R出力、下=L出力
     下右=周波数計
E−2B. 調整・測定 1ユニットクロス周波数の測定 6926HZ(VRは全てMAXの設定です)
E−3A. 調整・測定 2ユニットクロス周波数の測定、VRは全てMAX 1533HZ
    <見方>
     上左=左出力の測定
     上中左=左右SP出力測 左メータ=L出力、右メータ=R出力
     上中右=右出力の測定
     上右=SP出力波形オシロ 上=R出力、下=L出力
     下右=周波数計
E−3B. 調整・測定 2ユニットクロス周波数の測定 6948HZ(VRは全てMAXの設定です)
          3143-u
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。  Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.