LUX MQ−68C 修理記録
平成16年4月13日到着   7月6日完成
  • A. 修理前の状況
      不注意で水をかけた
      一番右の真空管が割れてしまい、まったく電源も入らなくなってしまいました。

  • B. 原因
      50CA10破損による、高圧回路短絡
     
  • C. 修理状況
      1部電解コンデンサー交換
      フイルムコンデンサー交換
      半固定VR交換
      1部配線手直し、補強
      
  • D. 使用部品
      50CA10                1本
      電解コンデンサー            4個
      フイルムコンデンサー         6個
      半固定VR                8個
      
  • E. 調整・測定

  • F. 修理費   54,000円    通常修理。
                          メーカー製品でもあり、又、50CA10の入手難が進ので最低限の修理。
A. 修理前の状況
A1A. 点検中 上から
A1B. 点検中 前上から
A1C. 点検中 後上から
A1D. 点検中 下から見る
C. 修理状況
C1A. 修理前 R側AMP
C1B. 修理後 R側AMP 電解コンデンサー2個、半固定VR5個、フイルムコンデンサー3個交換
C2A. 修理前 L側AMP
C2B. 修理後 L側AMP 電解コンデンサー2個、半固定VR5個、フイルムコンデンサー3個交換
C3A. 修理中電源SW回路 SWが不良になり空き接点に移行修理履歴あり、下手なハンダ
C3B. 修理中電源SW回路 案の定ハンダが殆ど乗っていない
C3C. 修理後電源SW回路 SWの反対側をWで使用
C4A. 修理前 下から
C4B. 修理後 下から
C5. 完成
C6. 交換部品
E. 調整・測定
E1. 修理後 出力・歪み測定
    <見方>
     上左オーデオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出す(歪み率=約0.003%)
     下中=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル) 下右=周波数計
     上左=SP出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
     上中=SP出力電圧測定器、赤針=R出力、黒針=L出力
     上右=SP出力波形オシロ 上=R出力、下=L出力(出力電圧測定器の出力)
E2A. 出力・歪み測定 RSP出力=14V=24.5W 歪み率=1% 1000HZ AUX入力
E2B. 出力・歪み測定 LSP出力=14V=24.5W 歪み率=2.5% 1000HZ AUX入力
E2C. 出力・歪み測定 RSP出力=14V=24.5W 歪み率=1.5% 400HZ AUX入力
E2D. 出力・歪み測定 LSP出力=14V=24.5W 歪み率=3% 400HZ AUX入力
E3. 完成 24時間エージング
                         mq68c-j
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.