LUX CL-360 修理記録
同時修理 Sun Audio SV-300BE            平成27年3月25日持込  4月2日完成
A. 修理前の状況
  • 音途切れたり、出ない時あり。
    入出力RCA端子交換希望。



B. 原因
  • 経年変化による劣化。


C. 修理状況
  • 3Pインレットに交換。
    テフロン絶縁金メッキ端子に交換。


K. 左右パネルと下蓋修理 ユーザーが修理。

D. 使用部品
  • 3Pインレット                       1個。
    テフロン絶縁金メッキ端子RCA端子       10組20個。


G. 修理費         28,000円    特別に通常修理。
                             但し、真空管は別途です。

S. LUX CL-360 の仕様(マニアル・カタログより)

A. 修理前の状況
A11. 点検中 前から見る
A12. 点検中 前右から見る
A13. 点検中 後から見る
A19. 点検中 後左から見る
A21. 点検中 上から見る
A22. 点検中 上下蓋を取り、上から見る。
A23. 点検中 左右パネル・上下蓋を取り、上から見る。
A31. 点検中 下前から見る
A32. 点検中 下前左から見る
A33. 点検中 下後から見る
A34. 点検中 下後右から見る
A41. 点検中 下から見る
A42. 点検中  左右パネル・上下蓋を取り、下から見る。
A43. 点検中 メイン基板裏。 白い物質は??
A44. 点検中 メイン基板裏。 白い物質は??
A45. 点検中 SW基板裏。
A51. 点検中 RCA端子。 アラルダイドで補強したが破損!
A52. 点検中 RCA端子裏配。
A53. 点検中 RCA端子2。 アラルダイドで補強したが破損!
A54. 点検中 RCA端子2。 アラルダイドで補強したが破損!
A55. 点検中 RCA端子2裏。
A61. 点検中  入力RCA端子郡。
A62. 点検中 入力RCA端子郡。 テフロン絶縁金メッキ端子に交換可能。
A63. 点検中 出力RCA端子、TEPERCA端子。
A64. 点検中 出力RCA端子、TEPERCA端子。 テフロン絶縁金メッキ端子に交換可能。
A71. 点検中 入力コード。
A72. 点検中 3Pインレットに交換可能。
A81. 点検中 下蓋裏。 圧縮材がそのまま。
A82. 点検中 下蓋裏2。 圧縮材がそのまま。
A91. 点検中 サイドパネル前側。 圧縮材が伸縮し、ヒビが入っている。
C. 修理状況
C11. 修理前 入力RCA端子郡。
C12. 修理後 入力RCA端子郡。テフロン絶縁RCA端子に交換。
C21. 修理前 出力RCA端子、TEPERCA端子。
C22. 修理後 出力RCA端子、TEPERCA端子。テフロン絶縁RCA端子に交換。
C31. 修理前、 電源ソケット。
C32. 修理(交換)後 3Pインレットに交換。
C51. 修理前 下から見る。
C52. 修理後 下から見る。
K. 左右パネルと下蓋修理 ユーザーが修理。
K11. 修理前 下蓋裏。 圧縮材がそのまま。
K13. 修理前 下蓋裏2。 圧縮材がそのまま。
K21. 修理前 サイドパネル前側。 圧縮材が伸縮し、ヒビが入っている。
S. LUX Cl-360 の仕様(マニアル・カタログより) 
型式 管球式コントロールアンプ CL−360
使用真空管 12AX7A/7025×3本、12AU7A/6189×5本
出力電圧 pre out=定格2V、最大20V以上
出力インピーダンス rec out=300Ω以下、 pre out=300Ω以下
全高調波歪率 phono=0.05%以下(rec out=2V、1kHz)
CD、Tuner、Line=0.05%以下(pre out=2V、1kHz)
monitor 1、2=0.05%以下(pre out=2V、1kHz)
周波数特性 phono=20Hz〜20000Hz±0.3dB以内
CD、Tuner、Line=5Hz〜100000Hz±1dB以内
monitor 1、2=5Hz〜100000Hz±1dB以内
入力感度(出力=1.1V時) phono=1.8mV
CD、Tuner、Line=170mV
monitor1、2=170mV
入力インピーダンス phono=50kΩ
CD、Tuner、Line=100kΩ
monitor 1、2=100kΩ
SN比(IHF-A補正) Phono=81dB以上(5mV入力時)
CD、Tuner、Line=97dB以上
monitor1、2=97dB以上
トーン・コントロール LUX方式NF型
可変範囲=±8dB(精密型連続可変式)
低域湾曲点=300Hz、高域湾曲点=3kHz
低域用フィルター subsonic=15Hz、 lowcut=60Hz
ヘッドホンジャック 100mW/8Ω
付属装置 モニタースイッチ(tape1、2)
テープダビングスイッチ(1→2、2→1)
レコーディングスイッチ
モード・スイッチ(reverse、stereo、mono)
アッテネーター(-20dB)
トーン・スイッチ(in、out)
ラインフェーズセンサー
ACアウトレット3系統
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力(電気用品取締法) 40W
外径寸法 幅493×高さ142×奥行402mm
重量 11.5kg
価格 \364,800 1985年10月発売
                            cl360_
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。  Copyright(C) 2015 Amp Repair Studio All right reserved.