自作 50CA10PP 改造修理
平成16年5月11日到着  6月28日完成
  • A.修理前の状況
       @音は出ますが、VRが、効きません(L/R共)
      A片方バリ音あり
       B内部に、抵抗の不明切断2箇所あり
      C真空管の熱 出すぎでは?
      Dシャーシー上部のVR−4個。
      お父さんの形見の品です

  • B.症状、原因
       コンデンサ−容量抜け

  • C.修理状況
      ブロック電解コンデンサ−交換
      電解コンデンサ−交換
      真空管ソケット交換
      カップリング・コンデンサ−交換
      整流ダイオード交換
      電源コード交換
      ACコンセント交換

  • D.使用部品
      電解コンデンサ−                                      個
      ブロック電解コンデンサ−、「ElNA Cerafine」500V/100μ+100μ    2個
      抵抗                                              8個
      GTソケット                                          4個
      MTソケット                                          4個
      整流ダイオード                                        8本
      電源コード
      ACコンセント

  • E.調整・測定

  • F.修理費   85,000円  オーバーホール修理
                        真空管6CA7 4本を含む

  • G.ユーザー宅のオーデオルーム

A.修理前の状況
A−1.点検中 前上から見る
A−2.点検中 後上から見る
A−3.点検中 上から見る
A−4.点検中 下から見る
A−5A.点検中 2本の50CA10がぼけているので、6CA7に交換する手順
           真空管の比較 左=50CA10 右=6CA7
A−5B.点検中 ソケット交換
A−5C.点検中 電解コンデンサー比較
A−5D.点検中 ヒータートランスの取り付け(取り付けるのはもっと大きい)
C.修理の様子
C−1A.修理中  ダイオードのハンダ付けを取った所!
C−1B.修理後  ダイオードのハンダ付け
C−2A.修理中 表示ネオンへの配線 必ず巻き付ける
C−2B.修理中 表示ネオンへの配線 ハンダを浸み込ませる
C−2C.修理中 表示ネオンへの配線 絶縁チューブを被せ完成
C−3.修理後 電源SWの配線 接点が空いていれば、パラレルで使用する。
          理由は、片側接点が、先に入り、先の切れるので、アークを担当するため
C−4A.修理中 VRがガリが出るので分解 ケース取る
C−4B.修理中 VRがガリが出るので分解 ネジ止めなので分解出来る
           しかし、抵抗体にキズがあり、ガリが残る。 低いポジションなのでOKでしょう
C−5A.修理前 前上から見る
C−5B.修理後 前上から見る
C−5C.修理前 後上から見る
C−5D.修理後 後上から見る
C−5E.修理前 上から見る
C−5F.修理後 上から見る
C−5G.修理前 下から見る
C−5H.修理後 下から見る 物が物だけに、出来るだけ既存を残した
C−6.交換部品
E.調整・測定
E−1.出力、歪み率測定
    <見方>
     上左オーデオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出す(歪み率=約0.003%)
     下中=入力波形(オーデオ発振器のTTLレベル) 下右=周波数計
     上左=SP出力の歪み率測定 左メ−タ−=L出力、右メ−タ−=R出力
     上中=SP出力電圧測定器、赤針=R出力、黒針=L出力
     上右=SP出力波形オシロ 上=R出力、下=L出力(出力電圧測定器の出力)
E−2.出力測定  SP出力16V=32W 歪み率0.4% 1000HZ
E−3.出力測定  SP出力16V=32W 歪み率0.4%  400HZ
E−4.完成 24時間エージング
G.ユーザー宅のオーデオルーム
G−1.右のラックの上に鎮座
G−2.装置全体
G−3.AV装置
                      jisak05r
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.