YAMAHA B4. 2台目修理記録
平成17年8月23到着  9月19日完成
  • A. 修理前の状況
      23年ほど前に新品で購入、C−6と組み 合わせて使ってました。数年前から、音が出なくなったり、出たりで不調でした。

  • B. 原因・現状
      経年劣化

  • C. 修理状況
      電解コンデンサー交換
      半固定VR交換
      初段FET(電解トランジスター)交換
      リレー交換  WBT SP端子に交換

  • D. 使用部品
      電解コンデンサー                           個
      半固定VR                              12個
      リレー                                 3個
      FET(電解トランジスター)                     2個
      WBT SP端子 WBT−0702     2組(定価で工賃込み)

  • E. 調整・測定

  • F. 修理費   94,900円

A. 修理前の点検状況
A−1A. 点検中 上ケースを取る シールドがしっかり=放熱が悪い
A−1B. 点検中  上ケース+シールドを取り外す、案の定電解コンデンサーの頭が少し膨れている
A−2. 点検中 下から見る
A−3. 点検中 SP端子 WBT SP端子 WBT−0702  が使用可能です
C. 修理状況
C−1A. 修理前 R側-AMP基板
C−1B. 修理後 R側-AMP基板 半固定VR4個、電解コンデンサー9個、FET(電解トランジスター)交換
C−1C. 修理前 R側-AMP基板裏 
C−1C−1. 修理前 R側-AMP基板裏 半田不良ヶ所 
C−1C−2. 修理中 R側-AMP基板裏 半田不良ヶ所2 
C−1D. 修理(半田補正)後 R側-AMP基板裏 全半田やり直しする
C−1E. 完成R側-AMP基板裏 洗浄後
C−2A. 修理前 L側-AMP基板
C−2B. 修理後 L側-AMP基板 半固定VR4個、電解コンデンサー9個、FET(電解トランジスター)交換
C−2C. 修理前 L側-AMP基板裏 
C−2C−1. 修理中 L側-AMP基板裏 半田不良ヶ所
C−2C−2. 修理中 L側-AMP基板裏 半田不良ヶ所2
C−2D. 修理(半田補正)後 L側-AMP基板裏 全半田やり直しする
C−2E. 完成L側-AMP基板裏 洗浄後
C−3A. 修理前 R側-バイアス基板
C−3B. 修理後 R側-バイアス基板 半固定VR2個、電解コンデンサー1個交換
C−3C. 修理前 R側-バイアス基板裏 
C−3D. 修理(半田補正)後 R側-バイアス基板裏 全半田やり直しする
C−3E.完成R側-バイアス基板裏 洗浄後
C−4A. 修理前 L側-バイアス基板
C−4B. 修理後 L側-バイアス基板 半固定VR4個、電解コンデンサー9個、FET(電解トランジスター)交換
C−4C. 修理前 L側-バイアス基板裏 
C−4D. 修理(半田補正)後 L側-バイアス基板裏 全半田やり直しする
C−4E. 完成L側-バイアス基板裏 洗浄後
C−5A. 修理前 R側終段TR(トランジスター)
C−5B. 修理後 R側終段TR(トランジスター)
C−6A. 修理前 L側終段TR(トランジスター)
C−6B. 修理後 L側終段TR(トランジスター)
C−7A. 修理前 RCA端子基板 & VR基板
C−7A−1. 修理中 VR基板 ご覧の様に擦動子は真っ黒
                    VRはDC漏れのあるプリAMPを使用したので、抵抗体にキズがある
C−7B. 修理後 RCA端子基板 & VR基板  フィルムコンデンサー2個交換
C−7C. 修理前 RCA端子基板裏 & VR基板裏
C−7D. 修理(半田補正)後 RCA端子基板裏 & VR基板裏 抵抗2個追加
C−7E. 完成RCA端子基板裏 & VR基板裏 洗浄後 最近は脱フロンの為か、つや消しになる
C−7A. 修理前 電源基板
C−7B. 修理後 電源基板 リレー3個、電解コンデンサー6個交換
C−7C. 修理前 電源基板のSP接続リレー部
C−7D. 修理後 電源基板のSP接続リレー部
C−7E. 修理前 電源基板裏
C−7F. 修理(半田補正)後 電源基板裏
C−7G. 完成電源基板裏 洗浄後
C−8A. 修理中 SP接続リレー接点
C−8B. 修理中 Aクラス/Bクラスの電圧切り替えリレー接点、出来るだけ通電時には切り替えしない事
           可動片まで焼けて色が変わっている、よって接点のみ磨いてもNGだし、手間が高く付く
C−9A. 修理前 SP端子
C−9B. 修理中 SP端子の穴開け
C−9C. 修理後 SP端子
C−AA. 修理前 表示ランプ配線
C−AB. 修理後 表示ランプ配線
C−BA. 修理前 表示ランプ基板裏、VR基板裏
C−BB. 修理後 表示ランプ基板裏、VR基板裏
C−BC. 完成表示ランプ基板裏、VR基板裏 洗浄後
C−CA. パネル清掃
C−CB. 交換部品
C−DA. 修理前 上から見る
C−DB. 修理後 上から見る
C−DC. 修理前 下から見る
C−DD. 修理後 下から見る
C−DE. 修理後 後ろから見る、VRのツマミが付けて有りません
E. 調整・測定
E−1A. 出力/歪み率測定
E−2A. B級動作 R−SP出力電圧32V=128W 歪み率=0.03%  1000HZ 
E−2B. B級動作 R−SP出力電圧32V=128W 歪み率=0.03%  400HZ
E−2C. B級動作 L−SP出力電圧32V=128W 歪み率=0.03%  1000HZ
E−2D. B級動作 L−SP出力電圧32V=128W 歪み率=0.03%  400HZ
E−3A. A級動作 R−SP出力電圧16V=32W 歪み率=0.02%  1000HZ 
E−3B. A級動作 R−SP出力電圧16V=32W 歪み率=0.02%  400HZ
E−3C. A級動作 L−SP出力電圧16V=32W 歪み率=0.02%  1000HZ
E−3D. A級動作 L−SP出力電圧16V=32W 歪み率=0.02%  400HZ
E−4. 24時間エージング。 右は QUAD 405. 9台目
                         b4-2-1w
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2013 Amp Repair Studio All right reserved.