Aurex SY−88 修理記録
平成14年4月3日到着    平成14年5月20日完成
注意 このAMPには、出力回路にプロテクトが有りません。 よって、出力にはDC漏れの危険が有ります。
    メインAMPと「DC入力接続」するときは、十分に注意すること。「出来れば避けた方が良い」
詳しくはこちら参照  詳しくはこちら参照2
  1. 修理前の状況
    バランスVR取り外し、立ち上がり遅延リレー不動作

  2. 原因

  3. 修理状況
    メインVR解体修理
    PRI−OUT SW交換
    ペーパーコンデンサー交換
    プロテクトリレー修理
    各基板の半田不良を修理します、所謂、半田補正作業。

  4. 使用部品
    PRI−OUT SW                     個
    メタライズド・ポリエステル・フィルムコンデンサー   
    250VDC 2.2μ                   50個
    250VDC 1.μ                      5個

  5. 修理費  44,000円   通常修理
  6. TOSHIBA  Aurex SY−88 の仕様(マニアル・カタログより)

1. バランスVRの清掃、高級品は解体できる
2. バランスVRの清掃後、擦動子も強くする
3. プロテクトリレー修理、交換したいが市場に無い為修理する、b接点で電流が流れないので接点不良に成りやすい
4. 電源表示灯、SWを修理している所
5. R側のみ交換済み
6. R側のみ交換済み
7. 完成、上から見る、電源部の電解コンデンサーとパラ(並列接続)の物は、増設した
8. 完成、下から見る
9. 出力/歪み率測定・調整
10. 出力/歪み率測定・調整  2V 歪み率0.0?% at=1000HZ
11. 出力/歪み率測定・調整  2V 歪み率0.0?% at=400HZ
S. TOSHIBA  Aurex SY−88 の仕様(マニアル・カタログより)
型式 コントロールアンプ SY−88
イコライザーアンプ部
入力感度/インピーダンス Phono MM=2.0mV/50kΩ、100kΩ/30pF、200pF.
Phono MC=0.1mV/100Ω
全高調波歪率(1kHz) Phono MM=0.002%(7.5V出力時、Rec out)
Phono MC=0.002%(7.5V出力時、Rec out)
SN比(IHF-A、ショートサーキット) Phono MM=88dB
Phono MC=70dB
周波数特性 Phono=RIAA偏差 ±0.2dB(20Hz〜20kHz、Rec out)
Aux=10Hz〜100kHz +0 -1dB
最大許容入力(1kHz、THD 0.002%) Phono MM=450mV
Phono MC=23mV
定格出力/インピーダンス Rec out=150mV
サブソニックフィルター Phono MM、MC=16Hz、6dB/oct
フラットアンプ部
入力感度/インピーダンス Tuner、Aux、Tape play=150mV/50kΩ
全高調波歪率 0.002%(Aux、1kHz、3V出力時)
混変調歪率 0.002%(Aux、1kHz、3V出力時)
SN比(IHF Aネットワーク、ショートサーキット) Aux=110dB(1kHz)
録音出力 Rec out=150mV
定格出力 Pre out1/2=1V
最大出力 Pre out1/2=15V
周波数特性 10Hz〜100kHz +0 -1dB(Aux)
総合
使用半導体 トランジスタ=65個
ダイオード=28個
FET=18個
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 35W
外形寸法 幅450×高さ93×奥行386mm
重量 11kg
価格 \239,000(1979年頃)
                 sy-88-b
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.