Technics SE−A3 修理記録
平成14年14月10日到着   月日完成
  • A. 修理前の状況
     Panasonicのほうから電話でパワートランジスターが壊れて直らないと言われた
     
  • B. 原因
     前段AMPのFET(電解トランジスター)/TR(トランジスター)劣化の為、終段TR(トランジスター)焼損
     
  • C. 修理状況
      メインAMPのTR(トランジスター)交換
      前段AMPのFET(電解トランジスター)/TR(トランジスター)交換
      SP接続リレ−交換
      半固定VR交換
      各部調整
      配線手直し、補強
      経年劣化による各部ハンダ補正

  • D. 使用部品
      終段TR(トランジスター)              16個
      TR(トランジスター)                 24個
      SP接続リレー                      3個
      半固定VR                        9個
      FET                            4個
      コンデンサー                          個
      抵抗                             個

  • E. 修理費  85,000円   オーバーホール修理。
        さらにチュンUPの為に、電解オ−デオコンデンサーに交換の場合 追加 30,000円。
        大型コンデンサーは除く 25個交換。

A. 修理前の状況
A1. 修理前 下から見る 修理履歴あり 
     使用されている終段TR(トランジスター)はコンプリが1個になったタイプで現存しないので、交換には、加工が必要
A2. 修理前 いも半田の電源コード
A3. 修理前 雑音がコネクタ−と思い半田付けした物 その1
A4. 修理前 雑音がコネクタ−と思い半田付けした物 その1
A5. 修理前 片側の前段AMP
                           su-a3-5
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。 写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2013 Amp Repair Studio All right reserved.