SONY TA−1150 修理記録
平成16年8月1日持込   8月26日完成
A. 修理前の状況
  •  電源入らず。
     父の形見の品。

B.  原因
  • 終段TR(トランジスター)短絡の為、フューズが断線。

C. 修理状況
  • 終段TR(トランジスター)交換。
    初段・中段TR(トランジスター)交換。
    バイアス・バランスVR交換。
    電解コンデンサー交換(オーディオコンデンサー使用)。

D.  使用部品
  • 終段TR(トランジスター)                     8個。
    TR(トランジスター)                        6個。
    バイアス・バランス半固定VR                  2個。
    電解コンデンサー                         34個。
    フイルムコンデンサー                       8個。

E. 調整・測定

F.  修理費   79,000円

S. Sony TA−1150 の仕様(マニアル・カタログより)

A. 修理前の状況
A1. 修理前点検中 下から見る
A2. 修理前点検中 前から見る
C. 修理状況
C1A. 修理前 メインAMP基板
C1B. 修理後 メインAMP基板
C1C. 修理前 メインAMP基板裏
C1D. 修理(半田補正)後 メインAMP基板裏 半田を全部やり直す
C1E. 完成 メインAMP基板 洗浄後
C2A. 修理前 終段TR(トランジスター)
C2B. 修理後  終段TR(トランジスター) TR(トランジスター)8個交換
C2C. 修理前 ドライブ基板
C2D. 修理後 ドライブ基板。 バイアス調整用半固定2VR、TR(トランジスター)6個、
                     電解コンデンサー12個、フイルムコンデンサー2個交換。
C2E. 修理前 ドライブ基板裏
C2F. 修理(半田補正)後 ドライブ基板裏 半田を全部やり直す
C2G. 完成 ドライブ基板裏 洗浄後
C3A. 修理前 プリAMP基盤
C3B. 修理後 プリAMP基盤 電解コンデンサー15個、フイルムコンデンサー4個交換
C3C. 修理前 プリAMP基板裏
C3D. 修理(半田補正)後 プリAMP基板裏 半田を全部やり直す
C3E. 完成 プリAMP基板裏 洗浄後
C4A. 修理前 EQ−AMP&SW基板
C4B. 修理後 EQ−AMP&SW基板 電解コンデンサー7個、フイルムコンデンサー2個交換交換
C4C. 修理前  EQ−AMP&SW基板裏
C4D. 修理(半田補正)後  EQ−AMP&SW基板裏  半田を全部やり直す
C4E. 完成 EQ−AMP&SW基板裏 洗浄後
C5A. 修理前 電源 電解コンデンサー
C5B. 修理後 電源 電解コンデンサー
C6. パネル・ツマミ清掃
C7. 交換した部品
C8A. 修理前 上から見る
C8B. 修理後 上から見る
E. 調整・測定
E1. 出力/歪み率測定・調整
    <見方>
     上左オーディオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出す(歪み率=約0.003%)
     下中=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル) 下右=周波数計
     上左=SP出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
     上中=SP出力電圧測定器、赤針=R出力、黒針=L出力
     上右=SP出力波形オシロ 上=R出力、下=L出力(出力電圧測定器の出力)
E2A. SP出力16V=32W出力 0.08%歪み AUX入力 1000HZ
E2B. SP出力16V=32W出力 0.09%歪み AUX入力 400HZ
E3A. SP出力16V=32W出力 0.08%歪み MM入力 1000HZ
E3B. SP出力16V=32W出力 0.08%歪み MM入力 400HZ
E4. 完成  24時間エージング
S. Sony TA−1150 の仕様(マニアル・カタログより)
型式 オールシリコントランジスタ・ステレオプリメインアンプ
回路方式 パワーアンプ
  • ダイレクトカップリング・ピュアコンプリメンタリー、 シンメトリーSEPP回路
プリアンプ
  • モノシリックICによるイコライザー回路およびNFB型、 トーンコントロール回路
パワーアンプ部
出力 ダイナミックパワー(IHF定電圧供給法) 150W(4Ω),100W(8Ω)
実効出力
 1kHz 片チャンネル:55W(4Ω),40W(8Ω)
 1kHz 両チャンネル:40W+40W(4Ω)、 35W+35W(8Ω)
 20Hz〜20kHz 両チャンネル:30W+30W(8Ω)
出力帯域特性 8Hz〜35kHz(8Ω、IHF)
高調波歪率 0.2%以下(定格出力時)
0.1%以下(1W出力時)
混変調歪率
(60Hz:7kHz=4:1)
0.2%以下(定格出力時)
0.1%以下(1W出力時)
周波数特性 12Hz〜150kHz、+0 -2dB(1W出力時)
入力感度/インピーダンス Power Amp Input:0.8V/50kΩ(定格出力時)
出力端子 Speaker:2系統
Headphone:負荷インピーダンス8Ω以上
Center Channel Out:0.8V/680Ω
ダンピングファクター 100以上(1kHz、8Ω)
S/N比 110dB以上(クローズドサーキット、IHF、Aネットワーク使用)
残留雑音 0.05μW以下(IHF、Aネットワーク使用、8Ω)
プリアンプ部
入力感度/インピーダンス Phono1、2:2mV/47kΩ
Tuner、AUX1、2、Tape1、2、Rec/PB(入力部):140mV/50kΩ
最大許容入力 Phono1、2:70mV
出力レベル/インピーダンス Pre Amp Output=0.8V/2.7kΩ
Rec Out1、2=140mV/10kΩ
Rec/PB(出力部)=24mV/82kΩ
高調波歪率 0.1%以下(1kHz、定格出力時)
混変調歪率 0.1%以下(定格出力時、60Hz:7kHz=4:1)
周波数特性 Phono1、2=RIAAカーブ±1dB
Tuner、AUX1、2、Tape1、2、Rec/PB(入力部)=15Hz〜80kHz、±2dB
ラウドネスコントロール
(Volume -30dB)
50Hz=+10dB
10kHz=+3dB
トーンコントロール BASS(低音)
  • ターンオーバー周波数250Hz: 50Hz±10dB
    ターンオーバー周波数500Hz:100Hz±10dB
TREBLE(高音)
  • ターンオーバー周波数  5kHz:20kHz±10dB
     ターンオーバー周波数2.5kHz:10kHz±10dB
フィルター Low Filter=100Hz以下、6dB/oct
High Filter=5kHz以上、6dB/oct
S/N比 Phono1、2=70dB以上(入力2mV、Bネットワーク)
Tuner、AUX1、2、Tape1、2、Rec/PB(入力部)=
                   90dB以上(入力140mV、Aネットワーク)
<総合>
使用半導体 トランジスタ=33
ダイオード=4
電源 AC100V、50Hz/60Hz
電源コンセント 電源スイッチと連動×2、計200W
電源スイッチと比連動×1、300W
消費電力 120W
外形寸法 幅400×高さ149×奥行316mm
重量 8.3kg
付属 ショートプラグ×2
価格 49,800円/1973年
別売 ウォールナット仕上げ木製ケース TAC-IN(\3,000)
                           ta1150-y
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.