Sony TA−N7. 2台目修理記録
平成23年5月25日到着    月日完成
A. 修理前の状況
  • ソニーのV−FETアンプの「TA−4650」を入手して修理したことがあり、音の良さに惹かれ「TA−N7B」をオークションで入手しましたところ、平滑コンデンサーが液漏れし、「2SJ18」が全滅でした。
    その後、FETを狙って「TA−F7B」を入手しましたが、これもJ18が全滅、2SK60ばかり12個集まることとなりました。「TA−N7B」については回路図等もなく、私の手に余る代物ですのでプロの方にお願いする次第です。
    ネットで見ると、2SJ18、2SK60にはランクがあるとのことで、バイアスも異なるとか?当方の手元にある2SK60は「ランク25」が9個、「ランク26」が3個です、若松通商で販売しているものは「51」「52」のようですが、これで代替えになるものかわかりません。「オーバーホール修理」を希望いたします。

T. 修理前点検測定

B. 原因


C. 修理状況
  • 初段FET(電解トランジスター)交換。
    RLバイアス/バランスVR交換。
    電解コンデンサー交換(オーディオコンデンサー使用)。
    フューズ入抵抗交換。
    1部整流ダイオード交換。
    配線手直し、補強。

D. 使用部品
  • 初段FET                                個。
    バイアス/バランス半固定VR                   個。
    フューズ入り抵抗                          個。
    電解コンデンサー                          個 。
    フイルムコンデンサー                        個。
    整流ダイオード交換                        個。

E. 調整・測定

F. 修理費  00,000円。

S. Sony TA−N7 の仕様(マニアル・カタログより)
A. 修理前の状況
A11. 点検中 前から見る
A12. 点検中 前右から見る
A13. 点検中 右から見る
A14. 点検中 後から見る
A15. 点検中 後左から見る
A16. 点検中 左から見る
A17. 点検中 上から見る
A21. 点検中 下から見る
A212. 点検中 下から見る、 過去の修理標識。
A22. 点検中 下前から見る
A23. 点検中 下前左から見る
A24. 点検中 下後から見る
A25. 点検中 下後右から見る
A26. 点検中 下蓋裏の埃
A31. 点検中 上蓋、RLサイドパネル、フロントパネルを取り、上から見る。
A32. 点検中 R側 終段V−FET(縦型電解トランジスター)、 上はカスケードTR(トランジスター)。
A33. 点検中 L側 終段V−FET(縦型電解トランジスター)、 上はカスケードTR(トランジスター)。
A41. 点検中 下蓋、RLサイドパネル、フロントパネルを取り、下から見る。
A42. 点検中 終段V−FET保護用ブレーカ。
A43. 点検中 アースライン。
A44. 点検中 R側入力RCA端子裏からの配線、アースラインの大きな圧着端子が目立ちます。
A45. 点検中 L側入力RCA端子裏からの配線、アースラインの大きな圧着端子が目立ちます。
A46. 点検中 電源投入10分後の、バランス漏れ電圧、最終修理が昭和63年ですから、立派なものです!
T. 調整・測定
T1. 出力・歪み率測定・調整
    「見方」。
   上段中 右側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   上段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS8202(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段中 左側SP出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「owon SDS6062(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より50Hz〜100kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A」。 FFT画面の見方はこちら。
T21. 50Hz入力、R側SP出力電圧28V= 98W出力、 0.012%歪み。
             L側SP出力電圧29V=105W出力、 0.012%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
T22. 100Hz入力、R側SP出力電圧29V=105W出力、 0.097%歪み。
              L側SP出力電圧30V=112W出力、 0.038%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=250Hz、右=1kHz。
T23. 500Hz入力、R側SP出力電圧29V=105W出力、 0.019%歪み。
              L側SP出力電圧30V=112W出力、 0.023%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
T24. 1kHz入力、R側SP出力電圧29V=105W出力、 0.026%歪み。
             L側SP出力電圧29V=105W出力、 0.033%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
T25. 5kHz入力、R側SP出力電圧29V=105W出力、 0.06%歪み。
             L側SP出力電圧29V=105W出力、 0.08%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
T26. 10kHz入力、R側SP出力電圧29V=105W出力、 0.14%歪み。
              L側SP出力電圧30V=112W出力、 0.087%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=25kHz、右=100kHz。
T27. 50kHz入力、R側SP出力電圧28V= 98W出力、 0.04%歪み。
              L側SP出力電圧38V= 98W出力、 0.677%歪み。
              「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=500kHz。
T28. 100kHz入力、R側SP出力電圧12V=18W出力、 0.069%歪み。
               L側SP出力電圧12V=18W出力、 0.083%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=500kHz。
T29. 100kHz入力、R側SP出力電圧14V=24.5W出力、 0.123%歪み。
               L側SP出力電圧14V=24.5W出力、 1.73%歪み。
               「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=100kHz、右=500kHz。
E3. フルパワーなので、24V高速フアンが全回転でクーリング。
C. 修理状況
C10. 修理中 前パネルを倒し、修理中。
C11. 修理前 終段V-FET(電解トランジスター)、 3個が短絡焼損。
C12. 修理後 終段V-FET(電解トランジスター)
C21. 修理前 終段基板
C22. 修理後 終段基板 初段FET、バランス/バイアス調整用半固定VR個、抵抗個、電解コンデンサー個交換
C23. 修理前 終段基板裏
C231. 修理(半田補正)中 L側ドライブ基板裏、 レジストを剥がし、半田糊代を広げる。
C24. 修理(半田補正)後 L側ドライブ基板裏 半田を全部やり直す。 普通はこれで完成。
C25. 修理中 L側ドライブ基板裏 不要なフラックスを落とす、 普通は掃除機で吸いながら行うので写真は撮らず。
C26. 完成L側ドライブ基板裏  洗浄後防湿材を塗る
C31. 修理前 入力アンプ・定電圧基板
C32. 修理後 入力アンプ・定電圧 リレー個、電解コンデンサー個、整流ダイオード個交換。
C33. 修理前 入力アンプ・定電圧基板裏
C332. 修理前 入力アンプ・定電圧基板裏、設計変更による現場での補修作業。
C34. 修理(半田補正)後 入力アンプ・定電圧基板裏 半田を全部やり直す
C35. 完成入力アンプ・定電圧基板裏  洗浄後防湿材を塗る
C41. 修理前 入力RCA端子基板
C42. 修理後 入力RCA端子基板 コンデンサー個交換。
C43. 修理前 電源基板裏
C44. 修理(半田補正)後 電源基板裏 半田を全部やり直す
C45. 完成電源基板裏  洗浄後防湿材を塗る
C51. 修理前 電源整流基板
C52. 修理後 電源整流基板
C53. 修理前 電源整流基板裏
C54. 修理(半田補正)後 電源整流基板裏 半田を全部やり直す
C56. 完成電源整流基板裏  洗浄後防湿材を塗る
C61. 修理前 RCA端子
C62. 修理(交換)後 RCA端子
C111. 交換部品
C121. 修理後 下から見る
C122. 修理後 後から見る
E4. 完成  24時間エージング。
S. Sony TA−N7 の仕様(マニアル・カタログより)
型式 DCパワーアンプ TA−N7
実効出力 100W+100W(8Ω負荷,両チャンネル駆動時に高調波ひずみ率0.01%で
         20Hz〜20kHzの帯域内で得られるRMS出力)
出力帯域幅 5Hz〜35kHz(実効出力−3dB高調波ひずみ率0.01% IHF)
高調波歪率 実効出力時=0.01%(20Hz〜20kHz),0.05%(5Hz〜50kHz)
10W出力時=0.008%(20Hz〜20kHz),0.02%(5Hz〜50kHz)
1W出力時=0.008%(20Hz〜20kHz),0.02%(5Hz〜50kHz)
混変調歪率 実効出力時=0.01%
10W出力(等価正弦波出力)時=0.008%
1W出力(等価正弦波出力)時=0.008%
周波数特性 Direct端子:DC〜100kHz +0 -1dB
C.Coupled端子:6Hz〜100kHz +0 1dB
残留雑音 0.024mV(8Ω Aネットワーク)
SN比 120dB(入力ショート Aネットワーク)
ダンピングファクター 100(1kHz、8Ω)
入力端子 DIRECT 及び C.COUPLE(カットオフ周波数3Hz,遮断特性6dB/oct
入力感度/入力インピーダンス 1.3V(実効出力100Wを得るに要する入力電圧)/50kΩ
電源 100V 50/60Hz
消費電力 215W
外形寸法 幅430×高さ170×奥行335mm(最大突出部寸法,端数切上げ)
重量 21kg(本体のみ)
使用半導体 FET22石(V-FET12石を含む)
トランジスタ62石
ダイオード34個
価格 16万円(1976年当時)
                      ta-n7_2
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.