ONKYO P−855NU 修理記録
平成20年3月5日到着   4月29日完成
A. 修理前の状況
  • オーバホール修理

AE. 修理前点検測定

B. 原因

C. 修理状況
  • 全電解コンデンサー交換(オーデオコンデンサー使用)
    半固定VR交換
    抵抗
    フイルムコンデンサー交換

D. 使用部品
  • 半固定VR                            個
    電解コンデンサー(ニチコン・ミューズ使用)        個
    フイルムコンデンサー

E. 調整・測定

EE.上位測定器による 調整・測定

F. 修理費   105,000円   <<オーバーホール修理>> 

A. 修理前の状況
A−1A. 点検中 前から見る。
A−1B. 点検中 後から見る。
A−2A. 点検中 上蓋を取り、上から見る。
A−2B. 点検中 上蓋・シールドを取り、上から見る。
A−2C. 点検中 下蓋を取り、下から見る。
A−3A. 点検中 基板に装着出来ずに、外付けされた電解コンデンサー。
A−3B. 点検中 交換する電解コンデンサー。 左=付いている物 1000μ/50V×3=3000μ、
                               右=交換する物 4400μ/50V×2=8800μ、
AE. 修理前点検測定
AE−1. 出力・歪み率測定
    <見方>
   下段左端 オーディオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出し(歪み率=約0.003%)これをAMPに入力し、出力を測定
   下段中左 オシロ=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル)   下段中右上=周波数計
   上段左端 電圧計=L側出力電圧測定、黒針のみ使用
   上段中左 歪み率計=出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
   上段中右 電圧計=R側出力電圧測定、赤針のみ使用
   上段右端 オシロ=出力波形 上=R出力、下=L出力(実際にはRL電圧計の出力「Max1V」を観測)
   下段中右上 デジタル電圧計=R出力電圧測定 下段中右下 デジタル電圧計=L出力電圧測定
AE−2A. 出力電圧1V 歪み率=0.1% 測定レンジ=0.3% AUX入力 1000HZ
AE−2B. 出力電圧1V 歪み率=0.1% 測定レンジ=0.3% AUX入力 400HZ
AE−3A. 出力電圧1V 歪み率=0.4% 測定レンジ=1% MM入力 1000HZ 
AE−3B. 出力電圧1V 歪み率=0.5% 測定レンジ=1% MM入力 400HZ 
C. 修理状況
C−1A. 修理前 定電圧・出力制御基板
C−1B. 修理後 定電圧・出力制御基板、電解コンデンサー個交換
C−1C. 修理前 定電圧・出力制御基板裏、手直しで後付け部品が沢山!
C−1D. 修理(半田補正)後 定電圧・出力制御基板裏 半田を全部やり直す、後付け部品を表に移動する。
C−1E. 修理中 定電圧・出力制御基板裏、不要なフラックスを取る、1連の作業の中で1番時間が掛かる単純作業。
C−1F. 完成定電圧・出力制御基板裏 洗浄後
C−2A. 修理前 AMP基板
C−2B. 修理後 AMP基板、電解コンデンサー16個、フイルムコンデンサー8個交換
C−2C. 修理前 AMP基板裏
C−2C−1. 修理中 AMP基板裏、電解コンデンサーの足ピッチが異なる為、穴開け
C−2D. 修理(半田補正)後 AMP基板裏 半田を全部やり直す
C−2F. 完成AMP基板裏 洗浄後
C−3A. 修理前 PhonesAMP・PeakIndicatorDraive基板
C−3B. 修理後 PhonesAMP・PeakIndicatorDraive基板 電解コンデンサー15個、フイルムコンデンサー5個交換
C−3C. 修理前 PhonesAMP・PeakIndicatorDraive基板裏
C−3D. 修理(半田補正)後 PhonesAMP・PeakIndicatorDraive基板裏 半田を全部やり直す
C−4E. 修理中 PhonesAMP・PeakIndicatorDraive基板裏、
                                不要なフラックスを取る、1連の作業の中で1番時間が掛かる単純作業。
C−3F. 完成PhonesAMP・PeakIndicatorDraive基板裏 洗浄後
C−4A. 修理前 EQ基板 
C−4B. 修理後 EQ基板 電解コンデンサー10個、フイルムコンデンサー4個交換
C−4C. 修理前 EQ基板裏
C−4D. 修理(半田補正)後 EQ基板裏、後付け部品を表に移動する。
C−4D. 修理中 EQ基板裏、不要なフラックスを取る、1連の作業の中で1番時間が掛かる単純作業。
C−4E. 完成EQ基板裏 洗浄後
C−4E. 修理前 EQ基板 ラッピング1
C−4F. 修理後 EQ基板 ラッピング1、半田をしみ込ませる
C−4G. 修理前 EQ基板 ラッピング2
C−4H. 修理後 EQ基板 ラッピング2、半田をしみ込ませる
C−4I. 修理前 EQ基板 アース母板ラッピング
C−4J. 修理後 EQ基板 アース母板ラッピング、半田をしみ込ませる
C−5A. 修理前 TapeModeSW基板 
C−5C. 修理前 TapeModeSW基板裏
C−5C−1. 修理前 TapeModeSW基板裏 半田不良
C−5D. 修理(半田補正)後 TapeModeSW基板裏
C−5E. 完成TapeModeSW基板裏 洗浄後
C−5F. 修理前 TapeModeSW基板裏 ラッピング
C−5G. 修理(半田補正)後 TapeModeSW基板裏 ラッピング、半田をしみ込ませる
C−6A. 修理中 後パネルを倒し、入出力RCA端子を修理
C−6C. 修理前 入出力RCA端子
C−6D. 修理(半田補正)後 入出力RCA端子
C−7A. 修理前 アース母板ラッピング
C−7B. 修理後 アース母板ラッピング、半田をしみ込ませる
C−8A. 修理前 メイン基板ラッピング
C−8B. 修理後 メイン基板ラッピング、半田をしみ込ませる
C−9. 修理中 前パネルを倒し、Filter・Tone基板を修理
C−9A. 修理前 Filter・Tone基板 
C−9B−1. 修理前 Filter・Tone基板ラッピング1
C−9B−2. 修理後 Filter・Tone基板ラッピング1、半田をしみ込ませる
C−9B−3. 修理前 Filter・Tone基板ラッピング2
C−9B−4. 修理後 Filter・Tone基板ラッピング2、半田をしみ込ませる
C−9C. 修理後 Filter・Tone基板裏
C−9D. 修理(半田補正)後 Filter・Tone基板裏
C−9E. 完成Filter・Tone基板裏 洗浄後
C−AA. パネル清掃
C−AB. ツマミ清掃後、アルミ無垢なので、強力な洗剤が使用可。
C−BA. 交換した部品
C−BB. 交換した部品、不明な黒い所??
C−CA. 修理前 上から見る
C−CB. 修理後 上から見る
C−CC. 修理前 下から見る
C−CD. 修理後 下から見る
E. 調整・測定
E−1. 出力・歪み率測定
    <見方>
   下段左端 オーディオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出し(歪み率=約0.003%)これをAMPに入力し、出力を測定
   下段中左 オシロ=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル)   下段中右上=周波数計
   上段左端 電圧計=L側出力電圧測定、黒針のみ使用
   上段中左 歪み率計=出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
   上段中右 電圧計=R側出力電圧測定、赤針のみ使用
   上段右端 オシロ=出力波形 上=R出力、下=L出力(実際にはRL電圧計の出力「Max1V」を観測)
   下段中右上 デジタル電圧計=R出力電圧測定 下段中右下 デジタル電圧計=L出力電圧測定
E−2A. 出力電圧1V 歪み率=0.0?%(測定レンジ=0.1%) AUX入力 1000HZ
E−2B. 出力電圧1V 歪み率=0.0?%(測定レンジ=0.1%) AUX入力 400HZ
E−3A. 出力電圧1V 歪み率=0.01%(測定レンジ=0.1%) MM入力 1000HZ 
E−3B. 出力電圧1V 歪み率=0.01%(測定レンジ=0.1%) MM入力 400HZ 
E−3A. 出力電圧13V 歪み率=0.02%(測定レンジ=0.1%) MM入力 1000HZ、この上で飽和する。 
E−3B. 出力電圧13V 歪み率=0.02%(測定レンジ=0.1%) MM入力 400HZ、この上で飽和する。  
E−4. ピークLED点灯確認 
EE. 上位測定器による 調整・測定
EE−1. 下のオーディオアナライザーで自動測定
EE−1A. 入出力特性測定(AUX入力)
        AUX入力端子へ100mV一定入力 VRはmax 平均で1V出力   左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
EE−1B. 歪み率特性測定(AUX入力)
        AUX入力端子へ100mV一定入力 VRはmax  左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
EE−2A. 入出力特性測定(AUX入力) BASS(125HZ) & TREBLE(2KHZ) 最大
        AUX入力端子へ100mV一定入力 VRはmax 平均で1V出力   左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
EE−2B. 入出力特性測定(AUX入力) BASS(125HZ) & TREBLE(2KHZ) 最小
        AUX入力端子へ100mV一定入力 VRはmax 平均で1V出力   左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
EE−2C. 入出力特性測定(AUX入力) BASS(400HZ) & TREBLE(8KHZ) 最大
        AUX入力端子へ100mV一定入力 VRはmax 平均で1V出力   左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
EE−2D. 入出力特性測定(AUX入力) BASS(400HZ) & TREBLE(8KHZ) 最小
        AUX入力端子へ100mV一定入力 VRはmax 平均で1V出力   左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
EE−3A. 入出力特性測定(AUX入力) LowCutFilter(10HZ) & HighCutFilter(5KHZ) ON
        AUX入力端子へ150mV一定入力 VRはmax 平均で1V出力   左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
EE−3B. 入出力特性測定(AUX入力) LowCutFilter(50HZ) & HighCutFilter(20KHZ) ON
        AUX入力端子へ150mV一定入力 VRはmax 平均で1V出力   左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
EE−4.  入出力特性測定(AUX入力) Lodness High & Low ON
        AUX入力端子へ150mV一定入力 VRは50%位置 平均で1V出力   左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
EE−5A. 入出力特性測定(MM入力)=PHONO−1
        MM入力 入力電圧=1.2mV一定入力 VRはmax   左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
EE−5B. 入出力特性測定(MC入力)=PHONO−2
        MC入力端子へ4.8mV入力 VRはmax   左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
E−6.  完成24時間エージング
         Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.                 m855n2-3n
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 写真(画像)は表示よりも、実サイズは大きいです。  細かい所を見たい場合は画像をダウンロードして見てください。