A−10 修理記録
平成14年月日到着 月日完了
  • A.修理前の状況
      
      
  • B.原因
      経年変化による劣化
      
  • C.修理状況
      初段FET(電解トランジスタ−)交換
      初段TR(トランジスタ−)交換
      半固定VR 交換
      フイルムコンデンサ− 1部交換
      電解コンデンサ− 交換
      出力リレー 交換
      電源リレー 交換
      配線手直し、補強
      経年劣化による各部ハンダ補正
       
  • D.使用部品
      半固定VR
      フイルムコンデンサ− 
      電解コンデンサ−(オ−デオコンデンサ−ミュ−ズ使用)
      出力リレー 
      電源リレー
      FET(電解トランジスタ−)
      TR(トランジスタ−)
  • E.調整・測定

  • F.修理費 95,000円   <<オーバーホール修理>>

A.修理前の状況
A−1.修理前 上から見る
          良い部品を使用しているが、配置等の基本設計が悪い、お陰で、修理は大変
          中に終段TR(トランジスタ−)の放熱器を配置=放熱が悪い
          真ん中にあるメインAMP基盤は終段TR(トランジスタ−)を外さないと取り出せない
          SP接続リレ−は、同型が無く、代替えなので配線変更
          右中の、プリAMPも取りだすのが、大変
          コネクタ−が少ない為、バラスのも大変
   以上の理由により、修理+電解コンデンサ−交換等を含めた方が、良いです
A−2.修理前 下から見る 下からは手が入らない
A−3.修理前 電源基盤 投入リレ−も代替えなので配線変更
C.修理状況
C−1.修理中
4.OP−AMP交換後のノイズ
5.全動作確認中
6.ケ−スが汚いので、塗装する 塗装前です
7.塗装後ピカピカとなって、戻る前の実働試験、エ−ジング
               neca10-3
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.