HCA−9000 修理記録
平成19年12月28到着  平成20年2月14日完成
  • A. 修理前の状況
       レコードで楽しむのがほとんどです。
       このAMPは前(発売時)から気になっていたAMPですが ジャンク品として売られていました(電源ランプも点灯しません)。

  • AE. バラック修理後測定

  • B. 原因・現状
       抵抗断線で電源供給出来ず
       経年変化による劣化で歪みが多い。

  • C. 修理状況
       全電解コンデンサー交換
       半固定VR交換
       リレー交換
       TR(トランジスター)交換
       抵抗
       フイルムコンデンサー

  • D. 使用部品
       オーディオ用電解コンデンサー           38個(ニチコン・ミューズ使用)
       半固定VR                       6個
       抵抗                           9個
       フイルムコンデンサー                6個

  • E. 調整・測定

  • EE.上位測定器による 調整・測定

  • F. 修理費         95,000円
                    <<オーバーホール修理>>

A. 修理前の状況
A1A. 点検中 上から見る、ユーザーが清掃したのか綺麗。
A1B. 点検中 清掃後上から見る。
A1C. 点検中 頭のビニールが後退した電解コンデンサー。
A1D. 点検中 頭のビニールが後退した電解コンデンサー2。
A2. 点検中 下から見る、基板付けの部品が多い!
A3. 点検中 入出力RCA端子郡
A4. 点検中 電源電解コンデンサー比較、左=付いている物2200μ/63V、右=交換する物4700μ/63V
AE. バラック修理後測定
AE1. 出力・歪み率測定
    <見方>
   下段左端 オーディオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出し(歪み率=約0.003%)これをAMPに入力し、出力を測定
   下段中左 オシロ=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル)   下段中右上=周波数計
   上段左端 電圧計=L側出力電圧測定、黒針のみ使用
   上段中左 歪み率計=出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
   上段中右 電圧計=R側出力電圧測定、赤針のみ使用
   上段右端 オシロ=出力波形 上=R出力、下=L出力(実際にはRL電圧計の出力「Max1V」を観測)
   下段中右上 デジタル電圧計=R出力電圧測定 下段中右下 デジタル電圧計=L出力電圧測定
AE2A. 出力電圧1V 歪み率=0.8% 測定レンジ=1% AUX入力 1000HZ
AE2B. 出力電圧1V 歪み率=0.8% 測定レンジ=1% AUX入力 400HZ
AE3A. 出力電圧1V 歪み率=1.5% 測定レンジ=3% MM入力 1000HZ
AE3B. 出力電圧1V 歪み率=1.5% 測定レンジ=3% MM入力 400HZ
AE4A. 出力電圧1V 歪み率=1.8% 測定レンジ=3% MC入力(100Ω) 1000HZ
AE4B. 出力電圧1V 歪み率=1.8% 測定レンジ=3% MC入力(100Ω) 400HZ
C. 修理状況
C1A. 修理中 基盤全体
C1B. 修理後 基盤全体
C1C. 修理中 基盤全体裏
C1D. 修理(半田補正)後 基盤全体裏
C1E. 完成基盤全体裏 洗浄後
C2A. 修理前 EQ−HEAD-AMP部
C2B. 修理後 EQ−HEAD-AMP部
C2C. 修理前 EQ−HEAD-AMP部裏
C2D. 修理(半田補正)後 EQ−HEAD-AMP部裏  全ての半田をやり修す
C2E. 完成EQ−HEAD-AMP基盤裏 洗浄後
C3A. 修理前 入出力RCA端子
C3B. 修理中 入出力RCA端子 半田吸い取り線や錫メッキ線で補強
C3C. 修理後 入出力RCA端子 さらにホットボンドで補強
C4A. 修理前 EQ−AMP部
C4B. 修理後 EQ−AMP部
C4C. 修理前 EQ−AMP部裏
C4D. 修理(半田補正)後 EQ−AMP部裏  全ての半田をやり修す
C4E. 完成EQ-AMP部裏 洗浄後
C5A. 修理前 バッファーAMP部
C5B. 修理後 バッファーAMP部
C5C. 修理前 バッファーAMP部裏 
C5D. 修理(半田補正)後 バッファーAMP部裏
C5E. 完成バッファーAMP・SWコントロール部裏 洗浄後
C6A. 修理前 電源部
C6B. 修理後 電源部
C6C. 修理前 電源部裏
C6D. 修理(半田補正)後 電源部裏  全ての半田をやり修す
C6E. 完成電源部裏 洗浄後
C7A. 清掃中 主VR、接点復活材を使用する為に空けられた2個の穴。このシートを取るのが面倒な為。
C7B. 清掃中 主VRの抵抗体摺動部、カシメ構造なのでこれまで。
C8. パネル・ツマミ清掃中
C9A. 交換部品
C9B. 交換部品、底のビニールが剥けた電解コンデンサー
CCA. 修理前 上から
CCB. 修理後 上から
CCC. 修理前 下から
CCD. 修理後 下から
E. 調整・測定
E1. 出力・歪み率測定
    <見方>
   下段左端 オーディオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出し(歪み率=約0.003%)これをAMPに入力し、出力を測定
   下段中左 オシロ=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル)   下段中右上=周波数計
   上段左端 電圧計=L側出力電圧測定、黒針のみ使用
   上段中左 歪み率計=出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
   上段中右 電圧計=R側出力電圧測定、赤針のみ使用
   上段右端 オシロ=出力波形 上=R出力、下=L出力(実際にはRL電圧計の出力「Max1V」を観測)
   下段中右上 デジタル電圧計=R出力電圧測定 下段中右下 デジタル電圧計=L出力電圧測定
E1A. 出力電圧1V 歪み率=0.0?%(測定レンジ=0.1%) AUX入力 1000HZ
E1B. 出力電圧1V 歪み率=0.0?%(測定レンジ=0.1%) AUX入力 400HZ
E3A. 出力電圧1V 歪み率=0.0?%(測定レンジ=0.1%) MC入力 1000HZ
E3B. 出力電圧1V 歪み率=0.01% (測定レンジ=0.1%) MC入力 400HZ
E4A. 出力電圧1V 歪み率=0.0?% (測定レンジ=0.1%) MM入力 1000HZ 
E4B. 出力電圧1V 歪み率=0.0?% 測定レンジ=0.1% MM入力 400HZ
E5A. 出力電圧18V 歪み率=0.0?%(測定レンジ=0.1%) AUX入力 1000HZ
                 まだ飽和しない!
E5B. 出力電圧20V 歪み率=0.0?%(測定レンジ=0.1%) MM入力 1000HZ
                 発振器の出力不足なので、MM入力に変更、まだ飽和しない!
E5C. 出力電圧22V 歪み率=0.03%(測定レンジ=0.1%) MM入力 1000HZ
                 発振器の出力不足なので、MM入力に変更、やっと飽和し始める。
EE. 上位測定器による 調整・測定
EE1. 下のオーディオアナライザーで自動測定
EE1A. 入出力特性測定(AUX入力)
      AUX入力端子へ150mV一定入力 VRはmax 平均で1V出力   左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
EE1B. 歪み率特性測定(AUX入力)
     AUX入力端子へ150mV一定入力 VRはmax  左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
EE2A. 入出力特性測定(MM入力)=PHONO−2
        入力電圧=2mV一定入力 VRはmax   左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
EE3A. 入出力特性測定(MC入力)=PHONO−1
     MC入力端子へ0.11mV入力 VRはmax   左出力=薄(細い)色 右出力=濃い(太い)色
E5A. 引き続き24時間エージング
                       hca90001s
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2013 Amp Repair Studio All right reserved.