三菱(DIATONE) DA−A10 修理記録
平成15年10月17到着   10月20日完成
A. 修理前の状況
  •  オークションにてダイヤトーンのパワーアンプ「DA−A10」を手に入れたのはよかったのですが 左チャンネルの出力が不安定で怖くて使えません。 (いきなり入ったり切れたりします)
     
B. 原因
  • 経年変化による、回路不良
C. 修理状況
  • 初段TR(トランジスター)交換
    RLバイアス/バランスVR交換
    電解コンデンサー交換(オーデオコンデンサー使用)
    各基盤・配線の半田補正
    SP接続リレー交換

D. 使用部品
  • 初段TR(トランジスター)                 10個
    バイアス/バランス半固定VR              4個
    電解コンデンサー                     18個
    SP接続リレー                         2個

E. 調整・測定


F. 修理費   48,000円      オーバーホール修理

G. 再修理 SP切替えSWのB側でリレーがカチカチ言い、音出無い 平成16年3月11日到着 3月11日完成

A. 修理前の状況
A1A. 修理前 上から見る、非常に綺麗です
A1B. 修理前 下から見る、熱の為基盤が曲がっている(ひょってる)
A2. 修理前 VRにガリが出たのか、接点復活材を多量使用してびちょびちょ
C. 修理状況
C1A. 修理前 ドライブ基板
C1B. 修理後 ドライブ基板 初段TR(トランジスター)8個、バランス/バイアス調整用半固定VR4個、
           電解コンデンサー18個交換
C1C. 修理前 Rドライブ基板裏
C1D. 修理(半田補正)後 Rドライブ基板裏 半田を全部やり直す
C2A. 修理前 電源電解コンデンサー
C2B. 修理後 電源電解コンデンサー
C3A. 交換した部品
C3B. 交換した部品のTR(トランジスター)の拡大 足が真っ黒
C4A. 修理前 下から
C4B. 修理後 下から
E. 調整・測定
E−1. 出力/歪み率測定・調整
E−2A. SP出力30V=112W出力 0.03%歪み 1000HZ
E−2B. SP出力30V=112W出力 0.02%歪み 400HZ
E−3. 完成  24時間エージング
E−4A. 完成  前から見る
E−4B. 完成  上から見る
E−4C. 完成  後から見る
G. 再修理 SP切替えSWのB側でリレーが「カチカチ」言い、音出無い
G−1. 原因=接点復活剤の多量使用で、グリスの皮膜が出来て、接触不良
     完全修理は交換ですが、同型がないので、3ヶ月に1度100回くらい動かす。
SWやVR(ボリューム)には機械的な部分に「グリス」が使用してあり、安易な接点復活剤の使用は、1時的には、改良されても、接点復活剤がグリスを溶かし出し、接点に皮膜となり、さらなる、不良が起きえる
                            da-a10-i
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2015 Amp Repair Studio All right reserved.