Sansui AU−X1. 8台目 修理記録 
 平成18年8月28日到着   10月23日完了
A. 修理前の状況
  • 約5年前にAU−X1を中古で購入し、LPやCDでJBLの4312Aを鳴らして、ジャズなどを楽しんでおります。
    しかし、最近はPHONO入力(MC、MMとも)の調子が悪く、R-chの出力も半分以下(AUXへ直接入力しても)となり、VRを回すとガリ音も出るようになりました。

T. バラック修理後の測定

B. 原因
  • プリAMP電源故障。
    EQ−AMP・MC−AMP故障。

C. 修理状況
  • 調整用半固定VR交換。
    終段初段FET交換。
    EQ−AMP初段FET交換。
    コントロールAMP初段FET交換。
    カップリング・コンデンサー交換(BP使用)。
    配線手直し、補強。
    各部、半田補正。
    SP接続端子交換。
    SP接続リレー交換。
    電源投入リレー遅延交換。
    EQ切り替えリレー交換。
    RCA端子交換。
    表示ランプ交換。
    入力切替SWボタン修理。
    終段放熱器蓋止めネジ山修理。

D. 使用部品
  • 半固定VR                              16個。
    終段初段FET                            2個。
    EQ−AMP初段FET                        2個。
    コントロールAMP初段FET                    4個。
    電解コンデンサー(オーディオコンデンサー使用)     126個。
    SP接続端子                             8個。
    SP接続リレー                            2個。
    フイルムコンデンサー                       4個。
    電源投入リレー                           1個。
    EQ切り替えリレー                         6個。
    RCA端子                              24個。
    LED                                  7個。

E. 調整・測定

E. 修理費            170,000円    オーバーホール修理。
                    チュンUPの為に、A1の大型コンデンサーを除く電解コンデンサー交換。

S. Sansui AU−X1 の仕様(マニアル・カタログより)

 
A. 修理前の状況
A1A. 点検中 上蓋を取る、 シールドを取り清掃後 上から見る
A2B. 点検中 下から見る
A3. 点検中 終段放熱器 蓋の止ビスが折れている
A4. 点検中 R側終段トランジスター 露結で真っ黒  防ぐ方法はこちら
A5. 点検中 L側終段トランジスター 露結で真っ黒  防ぐ方法はこちら
T. 仮修理での測定
    <見方>
   下左オーディオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出し(歪み率=約0.003%)これをAMPに入力し、SPからの出力を測定   下中オシロ=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル)
   下中右上=周波数計
   下中右上デジタル電圧計=SP出力電圧測定RLは切り替えて測定
   上左端電圧計=L側SP出力電圧測定、黒針のみ使用
   上中左歪み率計=SP出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
   上中右=R側SP出力電圧測定、赤針のみ使用
   上右端オシロ=SP出力波形 上=R出力、下=L出力
T2A. R側SP出力=20V=50W 歪率=2% 400HZ入力
T2A. R側SP出力=25V=78W 歪率=2% 400HZ入力
C. 修理状況
C1. 修理中 終段ユニット
C1A. 修理前 R側終段基板
C1B. 修理後 R側終段基板 初段FET(電解トランジスター)、半固定VR2個 電解コンデンサー11個交換
C1C. 修理前 R側終段基板裏
C1D. 修理後(半田補正) R側終段基板裏  全ての半田をやり修す 
C1E. 修理中 R側終段基板裏 余計なフラックスを取る
C1F. 完成 R側終段基板裏、不要なフラックスを取って洗浄し、コートを塗布後。
C1G. 修理前 R側電源供給線
C1I.完成 R側電源供給線&R側SP出力線(細線で絡げて固定してから)ハンダ付け
C1J. 修理前 R側終段基板の入力線の半田、銅箔の為出来れば基板表から挿入したい
C1K. 修理後 R側終段基板の入力線
C2A. 修理前 L側終段基板
C2B. 修理後 L側終段基板 初段FET(電解トランジスター)、半固定VR2個 電解コンデンサー11個交換
C2C. 修理前 L側終段基板裏
C2D. 修理後(半田補正) L側終段基板裏  全ての半田をやり修す 
C2E. 修理中 L側終段基板裏 余計なフラックスを取る
C2F.完成 L側終段基板裏、不要なフラックスを取って洗浄し、コートを塗布後。
C2G. 修理前 L側電源供給線
C2G−1. 修理前 L側電源供給線 ヒゲが出ている
C2I.完成 L側電源供給線&L側SP出力線(細線で絡げて固定してから)ハンダ付け
C2J. 修理前 L側終段基板の入力線の半田、銅箔の為出来れば基板表から挿入したい
C2K. 修理後 L側終段基板の入力線
C3A. 修理前 整流・プロテクト基板
C3B. 修理後 整流・プロテクト基板 電解コンデンサー12個、リレー交換
C3C. 修理前 整流・プロテクト基板裏
C3C1. 修理中 整流・プロテクト基板裏、半田不良1
C3C2. 修理中 整流・プロテクト基板裏、半田不良2
C3D. 修理後(半田補正) 整流・プロテクト基板裏  全ての半田をやり修す
C3E. 修理中 整流・プロテクト基板裏 余計なフラックスを取る
C3F.完成 整流・プロテクト基板裏、不要なフラックスを取って洗浄し、コートを塗布後。
C4A. 修理前 R−EQ−AMP基板
C4B. 修理後 R−EQ−AMP基板 半固定VR、電解コンデンサー8個、初段FET(電界トランジスター)交換
C4C. 修理前 R−EQ−AMP基板裏
C4C1. 修理前 RL−EQ−AMP基板裏 交換する電解コンデンサーの足のピッチが異なるので穴あけする
C4D. 修理後(半田補正) R−EQ−AMP基板裏 全ての半田をやり修す
C4E. 修理中 R−EQ−AMP基板裏 余計なフラックスを取る
C4F. 完成 R−EQ−AMP基板裏、不要なフラックスを取って洗浄し、コートを塗布後。
C5A. 修理前 L−EQ−AMP基板
C5B. 修理後 L−EQ−AMP基板  半固定VR、電解コンデンサー8個、初段FET(電界トランジスター)交換
C5C. 修理前 L−EQ−AMP基板裏
C5C1. 修理前 L−EQ−AMP基板裏 TR(トランジスター)の足が長いまま!
C5C2. 修理前 L−EQ−AMP基板裏 電解コンデンサーの足が長いまま!
C5D. 修理後(半田補正)後 L−EQ−AMP基板裏  全ての半田をやり修す
C5E. 修理中 L−EQ−AMP基板裏 余計なフラックスを取る
C5F. 完成 L−EQ−AMP基板裏、不要なフラックスを取って洗浄し、コートを塗布後。
C6A. 修理前 R−MC−AMP基板
C6B. 修理後 R−MC−AMP基板 半固定VR、電解コンデンサー5個交換、フイルムコンデンサー追加
C6C. 修理前 R−MC−AMP基板裏
C6C1. 修理中 RL−MC−AMP基板裏 交換する電解コンデンサーの足のピッチが異なるので穴あけする
C6D. 修理後(半田補正) R−MC−AMP基板裏 全ての半田をやり修す
C6E. 修理中 R−MC−AMP基板裏 余計なフラックスを取る
C6F.完成 R−MC−AMP基板裏、不要なフラックスを取って洗浄し、コートを塗布後。
C7A. 修理前 L−MC−AMP基板
C7B. 修理後 L−MC−AMP基板  半固定VR、電解コンデンサー5個交換、フイルムコンデンサー追加
C7C. 修理前 L−MC−AMP基板裏
C7D. 修理後(半田補正) L−MC−AMP基板裏  全ての半田をやり修す
C7E. 修理中 L−MC−AMP基板裏 余計なフラックスを取る
C7F.完成 L−MC−AMP基板裏、不要なフラックスを取って洗浄し、コートを塗布後。
C8. 修理中 側パネルを取り EQ&MC−AMP取付基板修理中
C8A. 修理前 EQ&MC−AMP取付基板
C8A1. 修理中 EQ&MC−AMP取付基板使用リレー比較。
  • 左=交換する新しい物で接点腐食に強い密閉型で不活性ガス(窒素)封入。
    右=付いていた物 同じ様に見えるが、足のピッチだけでなく、足の順番も異なる。
    よって、交換は基板カットが生じ、リレーの価格の10倍以上の修理費になる。
C8B. 修理後 EQ&MC−AMP取付基板 電解コンデンサー4個、リレー6個交換
C8C. 修理前 EQ&MC−AMP取付基板裏
C8D. 修理後 EQ&MC−AMP取付基板裏  全ての半田をやり修す
C8E. 修理中 EQ&MC−AMP取付 余計なフラックスを取る
C8F.完成 EQ&MC−AMP取付基板裏、不要なフラックスを取って洗浄し、コートを塗布後。
C9A. 修理前 EQ&MC−AMPリレーコントロール基板
C9B. 修理後 EQ&MC−AMPリレーコントロール基板 電解コンデンサー6個交換
C9C. 修理前 EQ&MC−AMPリレーコントロール基板裏
C9C1. 修理前 EQ&MC−AMPリレーコントロール基板裏 半田不良予備郡
C9C1. 修理中 EQ&MC−AMPリレーコントロール基板裏 交換する電解コンデンサーの足のピッチが異なるので穴あけする 
C9D. 修理(半田補正)後 EQ&MC−AMPリレーコントロール基板裏
C9E. 修理中 EQ&MC−AMPリレーコントロール基板裏 余計なフラックスを取る
C9F.完成 EQ&MC−AMPリレーコントロール基板裏、不要なフラックスを取って洗浄し、コートを塗布後。
CA. 修理中 前パネルを取り修理中
CAA. 修理前 EQ&MC−AMP電源基板
CAB. 修理後 EQ&MC−AMP電源基板 半固定VR=4個 電解コンデンサー=32個交換
CAC. 修理前 EQ&MC−AMP電源基板裏
CAC1. 修理中 EQ&MC−AMP電源基板裏 ハンダの載りが少ない
CAC2. 修理中 EQ&MC−AMP電源基板裏 ハンダの載りが少ない
CAC3. 修理中 EQ&MC−AMP電源基板裏 ハンダの載りが少ない
CAC4. 修理中 EQ&MC−AMP電源基板裏 ハンダの載りが少ない
CAC1. 修理中 EQ&MC−AMP電源裏 交換する電解コンデンサーの足のピッチが異なるので穴あけする
CAD. 修理(半田補正)後(半田補正) EQ&MC−AMP電源基板裏  全ての半田をやり修す
CAE. 修理中 EQ&MC−AMP電源基板裏 余計なフラックスを取る
CAF.完成 EQ&MC−AMP電源基板裏、不要なフラックスを取って洗浄し、コートを塗布後。
CBA. 修理前 コントロール基板
CBA1. 修理前 コントロール基板 製造時の未半田部分、測定器で無ければ、RLの違いは解らないでしょう?
CBA2. 修理前 コントロール基板 製造時の未半田部分の半田側
CBB. 修理後 コントロール基板 初段FET(電解トランジスター)2個、電解コンデンサー14個、半固定VR2個交換
CBC. 修理前 コントロール基板裏 基板裏に付いている部品は出来るだけ表に移動する
CBC1. 修理中 コントロール基板裏 配線が切られている!
CBC2. 修理中 コントロール基板裏 交換する電解コンデンサーの足のピッチが異なるので穴あけする
CBD. 修理後(半田補正) コントロール基板裏 全ての半田をやり修す
CBE. 修理中 コントロール基板裏 余計なフラックスを取る
CBF.完成 コントロール基板裏、不要なフラックスを取って洗浄し、コートを塗布後。
CCA. 修理前 VR基板
CCB. 修理後 VR基板 電解コンデンサー2個交換
CCC. 修理前 VR基板裏
CCD. 修理(半田補正)後 修理前 VR基板裏
CCF.完成 VR基板裏、不要なフラックスを取って洗浄し、コートを塗布後。
CDA. 修理前 SW基板裏
CDA1. 修理中 SW基板裏 ハンダの載りが少ない
CDB. 修理後(半田補正) SW基板裏
CDC.完成 SW基板裏、不要なフラックスを取って洗浄し、コートを塗布後。
CEA. 修理前 SW基板2裏
CEB. 修理後(半田補正) SW基板2裏
CEC.完成 SW2基板裏、不要なフラックスを取って洗浄し、コートを塗布後。
CFA. 修理前 SW基板3裏
CFA1. 修理中 SW基板3裏 ハンダの載りが少ない
CFB. 修理後(半田補正) SW基板3裏
CFC.完成 SW3基板裏、不要なフラックスを取って洗浄し、コートを塗布後。
CGB. 修理中 メインVR この様に軸を上に向けグリスが流れ出さない様に少しずつ使用する
CHA. 修理前 入力表示電球
CHB. 修理後 入力表示電球をLEDに交換
CI.パネル清掃
CJ. 修理中 後パネルを取り SP端子基板・RCA端子基板修理中
CJA. 修理前 SP端子基板
CJB. 修理後 SP端子基板 リレー2個交換
CJC. 修理前 SP端子基板裏
CJD. 修理(半田補正)後 SP端子基板裏  全ての半田をやり修す
CJE.完成 コントロール基板裏、不要なフラックスを取って洗浄し、コートを塗布後。
CGA. 修理前 SP端子
CGB. 修理後 交換したSP端子
CGC. 修理後 交換したSP端子裏側、接着材を十分染みこませる
CHA. 修理前 INPUT−RCA端子
CHB. 修理後 INPUT−RCA端子
CHC. 修理前 TAPE−RCA端子
CHD. 修理後 TAPE−RCA端子
CHE. 修理前 PREAMP−OUT & POWER−IN−RCA端子
CHF. 修理後 PREAMP−OUT & POWER−IN−RCA端子
CHG. 修理後 RCA端子裏側、接着材を十分染みこませる
CIA. 交換部品 電解コンデンサー126個??
CIB. 交換部品 交換電解コンデンサー、頭のビニールはOKでも、お尻の方のビニールが剥けている
CJA. 修理前 上から
CJB. 修理後 上から
CJC. 修理前 下から
CJD. 修理後 下から
CJE. 終段放熱器の蓋の止めビスも修理
CJF. ボタンSWのキャップ修理 真ん中の物はセンターに有る、接着剤を溶かし、左右と同じ位置に移動する。 
CJF. 完成 綺麗なお尻で帰ります
E. 測定・調整
E1. 出力・歪み率測定・調整
    <見方>
   下左オーディオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出し(歪み率=約0.003%)これをAMPに入力し、SPからの出力を測定   下中オシロ=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル)
   下中右上=周波数計
   下中右上デジタル電圧計=SP出力電圧測定RLは切り替えて測定
   上左端電圧計=L側SP出力電圧測定、黒針のみ使用
   上中左歪み率計=SP出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
   上中右=R側SP出力電圧測定、赤針のみ使用
   上右端オシロ=SP出力波形 上=R出力、下=L出力

<注>測定時間が昼(12時)と重なったので、電源電圧が低いため出力が低い、MC測定時は13時になったので、復活した。
E2A. 出力・歪み率測定・調整  R−SP出力=37V=171W 歪み率0.02% at=1000HZ AUX端子入力
E2B. 出力・歪み率測定・調整  R−SP出力=37V=171W 歪み率0.02% at=400HZ AUX端子入力
E3A. 出力・歪み率測定・調整  L−SP出力=37V=171W 歪み率0.02% at=1000HZ MM端子入力
E3B. 出力・歪み率測定・調整  L−SP出力=37V=171W 歪み率0.02% at=400HZ MM端子入力
E4A. 出力.歪み率測定・調整  R−SP出力=37V=171W 歪み率0.02% at=1000HZ MM端子入力
E4B. 出力.歪み率測定・調整  R−SP出力=37V=171W 歪み率0.02% at=400HZ MM端子入力
E4C. 出力.歪み率測定・調整  L−SP出力=37V=171W 歪み率0.02% at=1000HZ MM端子入力
E4D. 出力.歪み率測定・調整  L−SP出力=37V=171W 歪み率0.02% at=1000HZ MM端子入力
E5A. 出力.歪み率測定・調整  R−SP出力=38V=181W 歪み率0.03% at=1000HZ MC端子入力
E5B. 出力.歪み率測定・調整  R−SP出力=38V=181W 歪み率0.02% at=400HZ MC端子入力
E5C. 出力.歪み率測定・調整  L−SP出力=38V=181W 歪み率0.02% at=1000HZ MC端子入力
E5D. 出力.歪み率測定・調整  L−SP出力=38V=181W 歪み率0.02% at=400HZ MC端子入力
E6A. MC−AMPのDCバランス調整  Lメータ=L−MC−AMP、Rメータ=R−MC−AMP
E6B. EQ−AMPのDCバランス調整  Lメータ=L−EQ−AMP、Rメータ=R−EQ−AMP
E6C. メインAMPのDCバランス調整  Lメータ=L−メインAMP、Rメータ=R−メインAMP
E8. 24時間エージング。
S. Sansui AU−X1 の仕様(マニアル・カタログより)
型式 ステレオプリメインアンプ、 AU−X1
パワーアンプ
実効出力(5Hz〜20kHz、THD 0.007%) 160W+160W(8Ω)、 220W+220W(4Ω)
実効出力(1kHz、THD 0.003%) 160W+160W(8Ω)、 220W+220W(4Ω)
全高調波歪率(5Hz〜20kHz) 0.007%以下(8Ω)、 0.008%以下(4Ω)
混変調歪率(70Hz:7kHz=4:1) 0.007%以下(8Ω)、 0.008%以下(4Ω)
出力帯域幅(IHF、THD 0.02%) 5Hz〜70kHz(8Ω)
周波数特性(1W) DC〜500kHz(+0dB、-3dB)
入力感度/インピーダンス(1kHz) 1V/33kΩ
S/N比(IHF、Aネットワーク) 125dB以上
チャンネルセパレーション(IHF、1kHz) 95dB以上
ライズタイム/フォールタイム 0.5μsec
スルーレイト ±260V/μsec
ヘッドホン端子出力 150mW(8Ω)
使用スピーカー 4〜16Ω(A、B)、 8Ω以上(A+B)
プリアンプ部
入力感度/インピーダンス(1kHz) Phono1、2(MM)=2.5mV(47kΩ)
Phono1、2(MC)=0.1mV(0.2kΩ以下)
AUX、Tuner=200mV(33kΩ)
Tape、Play1、2(PIN)=200mV(33kΩ)
最大許容入力(1kHz、THD 0.01%) Phono1、2(MM)=330mV
Phono1、2(MC)=40mV
出力電圧(1kHz) Tape、Rec1、2(PIN)=200mV(47kΩ時)
Pre Out1、2=1V(47kΩ時)
Max Pre Out(THD 0.05%)=10V(47kΩ時)
出力インピーダンス(1kHz) Tape Rec1、2(PIN)=600Ω以下
Pre Out1、2=600Ω以下
全高調波歪率 MC(1kHz、Rec Out)=0.005%以下
MM(20Hz〜20kHz、Rec Out)=0.005%以下
Aux、Tuner、Tape Play1、2=0.005%以下
混変調歪率(70Hz:7kHz=4:1) Aux、Tuner、Tape Play1、2(1V時)=0.005%以下
周波数特性 Phono1、2(MC、RIAA偏差、20Hz〜20kHz)=±0.2dB
Phono1、2(MM、RIAA偏差、20Hz〜20kHz)=±0.2dB
SN比(IHF、Aネットワーク、ショートサーキット) Phono1、2(MC)=76dB以上
Phono1、2(MM)=91dB以上
Aux、Tuner、Tape Play1、2=100dB以上
入力換算雑音
(Aネットワーク、ショートサーキット)
Phono1、2(MC)=-156dBV
Phono1、2(MM)=-143dBV
チャンネルセパレーション
(IHF、1kHz)
Phono1、2(MC)=70dB以上
Phono1、2(MM)=75dB以上
Aux、Tuner、Tape Play1、2=80dB以上
入力間セパレーション
(1kHz、ショートサーキット)
Tuner-Phono1、2(MM)=90dB以上
Tape Play1、2-Phono1、2(MM)=90dB以上
Tuner-Tape Play1、2=100dB以上
Tape Play1-Tape Play2=100dB以上
サブソニックフィルター 16Hz(-3dB、6dB/oct)
その他
消費電力 400W(電気用品取締法)
外形寸法 幅480×高さ195×奥行450mm
重量 27.7kg
          x1-8-4i
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した物です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2012 Amp Repair Studio All right reserved.