Sansui AU−10000. 2台目修理記録 
16年7月29日到着  8月5日完成
  • A. 修理前の状況
      ドライブAMP基板不良
      整流・定電圧・プロテクト基盤不良
      EQ−AMP不良
      コントロール(低音+高音)基盤不良

  • B. 原因
      経年変化による劣化

  • C. 修理状況
      SP接続リレー・ラッシュカーレント抑制リレー交換
      メインAMPバイアス・バランス半固定VR交換
      メインAMP TR(トランジスター)交換
      コントロ−ルAMP TR(トランジスター)交換
      EQ−AMP、 TR(トランジスター)交換
      結合コンデンサー交換
      各種SW、VR清掃
      配線手直し、補強
      経年劣化による各部ハンダ補正


  • D. 使用部品
      P接続リレー・ラッシュカーレント抑制リレー            2個
      メインAMPバイアス/バランス半固定VR           2個
      TR(トランジスター)                         32個
      電解コンデンサー                          55個
      整流ダイオード                            6本
      フューズ                                2本
      フイルムコンデンサー                        18個

  • E. 測定・調整

  • F. 修理費  105 ,000円    オーバーホール修理。

A. 修理前の点検状況
A−1. 修理前点検  上から見る、埃が一杯!
A−2. 修理前点検  放熱器にも、埃が一杯!
A−3A. 修理前点検  底板にも、埃が一杯!
A−3B. 修理前点検  底板清掃後、サビがあるので、黒ラッカーを吹きます
A−4. 修理前点検  下から見る
A−5. 修理前点検  清掃後上から見る
A−6. 修理前点検  清掃後下から見る
A−7. 修理前点検  大型電解コンデンサー点検 膨らみ、液漏れも無く綺麗
C. 修理状況
C−1A. 修理前 終段TR(トランジスター)NPN側
C−1B. 修理中 終段TR(トランジスター)NPN側 シリコングリスがパリパリ
C−1C. 修理後 終段TR(トランジスター)
C−1D. 修理前 終段TR(トランジスター)PNP側
C−1E. 修理中 終段TR(トランジスター)NPN側 シリコングリスがパリパリ
C−1F. 修理後 終段TR(トランジスター)NPN側
C−2A. 修理前 ドライバー基盤
C−2D. 修理後 ドライバー基盤 初段TR(トランジスター)4個、半固定VR2個
            電解コンデンサー16個、フイルムコンデンサー6個交換
C−2E. 修理前 ドライバー基盤裏
C−2F. 修理(半田補正)後 ドライバー基盤裏 全半田やり直す
C−2G. 完成ドライバー基盤裏  洗浄後
C−3A. 修理前 整流・定電圧・プロテクト基盤
C−3B. 修理後 整流・定電圧・プロテクト基盤
            フューズ2個、SP接続リレー2個、電解コンデンサー23個 TR(トランジスター)2個、整流ダイオード6本交換
C−3C. 修理前 整流・定電圧・プロテクト基盤裏
C−3D. 修理(半田補正)後 整流・定電圧・プロテクト基盤裏 全半田やり直す
C−3E.完成整流・定電圧・プロテクト基盤裏  洗浄後
C−3F. 修理前 整流基盤
C−3G. 修理前 整流基板裏
C−3H. 修理(半田補正)後 整流基板裏 全半田やり直す
C−3I. 完成整流基板裏 洗浄後
C−4. 修理中 前面パネルを取り基盤を取り出す
C−4A. 修理前 コントロール(低音+高音)基盤
C−4B. 修理後 コントロール(低音+高音)基盤
                             TR(トランジスター)6個、電解コンデンサー4個、フイルムコンデンサー2個交換
C−4C. 修理前 コントロール(低音+高音)基盤裏
C−4D. 修理(半田補正)後 コントロール(低音+高音)基盤裏 全半田やり直す
C−4E. 完成コントロール(低音+高音)基盤裏 洗浄後
C−4F. 修理前 コントロール(中音)基盤
C−4G. 修理後 コントロール(中音)基盤 TR(トランジスター)6個、電解コンデンサー4個、フイルムコンデンサー2個交換
C−4H. 修理前 コントロール(中音)基盤裏
C−4I. 修理(半田補正)後 コントロール(中音)基盤裏 全半田やり直す
C−4J. 完成コントロール(中音)基盤裏 洗浄後
C−4K. 修理前 メインVR基盤
C−4L. 修理後 メインVR基盤 TR(トランジスター)8個、電解コンデンサー6個、フイルムコンデンサー6個交換
C−4M. 修理前 メインVR基盤裏
C−4N. 修理(半田補正)後 メインVR基盤裏 全半田やり直す
C−4O. 完成メインVR基盤裏 洗浄後
C−4P. 修理中 メインVR清掃、カシメ構造なので此処まで
C−4Q. 修理前 フイルター基盤
C−4R. 修理後 フイルター基盤 電解コンデンサ−2個、TR(トランジスター)2個、フイルムコンデンサー2個交換
C−4S. 修理前 フイルター基盤裏
C−4T. 修理(半田補正)後 フイルター基盤裏 全半田やり直す
C−4U. 完成フイルター基盤裏 洗浄後
C−4V. 修理前 周波数切替SW基盤
C−4W. 修理前 周波数切替SW基盤裏
C−4X. 修理(半田補正)後 周波数切替SW基盤裏 全半田やり直す
C−4Y. 完成周波数切替SW基盤裏 洗浄後
C−4Z. 修理前 TapePlay切替SW基盤裏
C−41. 修理(半田補正)後 TapePlay切替SW基盤裏 全半田やり直す
C−42. 完成TapePlay切替SW基盤裏 洗浄後
C−43. 修理前 TapeCopy切替SW基盤裏
C−44. 修理(半田補正)後 TapeCopy切替SW基盤裏 全半田やり直す
C−45. 完成TapeCopy切替SW基盤裏 洗浄後
C−46. 修理前 InputSelectorSW基盤
C−47. 修理前 InputSelectorSW基盤裏
C−48. 修理(半田補正)後 InputSelectorSW基盤裏 全半田やり直す
C−49. 完成InputSelectorSW基盤裏 洗浄後
C−5A. 修理前 EQ−AMP基盤
C−5B. 修理後 EQ−AMP基盤 TR(トランジスター)14個 電解コンデンサ−8個、フイルムコンデンサー4個交換 
C−5C. 修理前 EQ−AMP基盤裏
C−5D. 修理(半田補正)後 EQ−AMP基盤裏 全半田やり直す
C−5E. 完成EQ−AMP基盤裏 洗浄後
C−6A. 修理前 プリ・メイン切離SW基盤
C−6B. 修理前 プリ・メイン切離SW基盤裏
C−6C. 修理(半田補正)後 プリ・メイン切離SW基盤裏 全半田やり直す
C−6D. 完成プリ・メイン切離SW基盤裏  洗浄後
C−7. パネル、ツマミ清掃
C−8. 交換部品
C−9A. 修理前 上から
C−9B. 修理後 上から
C−8C. 修理前 下から
C−8D. 修理後 下から
C−9. 完成
E. 測定・調整
E−1. 出力/歪み率測定・調整 以下全て、メインVRはMAX位置
    <見方>
     上左オーディオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出す(歪み率=約0.003%)
     下中=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル) 下右=周波数計
     上左=SP出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
     上中=SP出力電圧測定器、赤針=R出力、黒針=L出力
     上右=SP出力波形オシロ 上=R出力、下=L出力(出力電圧測定器の出力)
E−2A. SP出力30V=112W 歪み率0.04% at=1000HZ AUX端子入力
E−2B. SP出力30V=112W 歪み率0.03% at=400HZ AUX端子入力
E−3A. SP出力30V=112W 歪み率0.05% at=1000HZ MM端子入力
E−3B. SP出力30V=112W 歪み率0.06% at=400HZ MM端子入力
E−4A. SP出力30V=112W 歪み率0.04% at=1000HZ MC端子入力
E−4A.  SP出力30V=112W 歪み率0.04% at=400HZ MC端子入力
E−5. 24時間エージング。 元箱付き!
                      10000-22d
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.