Sansui AU−D907 Limited. 6台目修理記録
使用上の注意     再修理はこちら   平成14年2月8日持ち込み 3月14日完成
A. 修理前の状況
   現在のアンプの状況です。
    @各セレクターガリ有り。
    Aバランスつまみガリ大(5年ほど触っていませんでした)
    B歪みっぽい気がする。(ソースによるかもしれません)
    Cほぼ毎日PM9〜10時頃電気を入れ翌朝切る
     (寮で電気代が掛からないので寝るとき入れっぱなし)
    Dヴォリュームは電源を入れてプロテクタが外れてから左一杯の位置から上げていく。
     電源を切るときは左一杯に回してから電源を切る。
    E置き場の関係で直接DAT等を上に積んでおり、天板の上は20mmくらいしか明けていないため、
     一晩経つと無音でもパネルが暖かくなる。 (HP拝見して50mm以上空けようと考えています。)
    Fメインで聞いているのはラジオの深夜放送の録音、たまに聞くのはCDやVIDEO
     学生時代はレコード(MC/MM)を聞いていたが、現在4畳半でレコードは聴けない。
     (30過ぎで退寮となり、アパート住まいになるので、その時はレコードを聴きたい)
    G買ってから一度もプロテクタを効かせていない。

B. 原因
   各AMPの初段FETの劣化

C. 修理状況
   メインAMPの調整用 半固定VR交換
   メインAMPの終段TR(トランジスター)/初段FET交換
   コントロールAMPのFET(電界トランジスター)交換、
   イコライザーAMPのFET(電界トランジスター) 交換
   SP接続リレー交換(容量1.5倍の同型新タイプ使用)
   配線手直し、補強

D. 使用部品
   SP接続リレー                         2個
   バランス、バイアス調整用 半固定VR          4個
   MC_AMPのTR(トランジスター)                4個
   イコライザーAMP FET(電界トランジスター)      2個
   コントロールAMP FET(電界トランジスター)      2個
   電解コンデンサー                          2個
   抵抗                               2個

E. 修理費 45,000円    通常修理。

1.SP接続リレーの交換、MC−AMPの修理
2.フラットAMP FET交換、点いていたのは2SK129 ???
3.コントロールAMPの半田補正
4.ツマミの外側金属部分と内側プラスチックの接着
5.ドライブ基板修理後、交換部品は半固定VR=4個、複合FET=2個
6.ドライブ基板裏の半田補正、光っている所。
7.出力/歪み測定・調整
8.30V=112.5W/8Ω 歪み率=0.03%  400HZ
9.30V=112.5W/8Ω 歪み率=0.03%  1000HZ
10.完成上から
11.完成下から
12.修理完成し、24時間エージング中。
      907lim6c
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。写真(画像)は表示よりも、実サイズは大きいです。  細かい所を見たい場合は画像をダウンロードして見てください。Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.