AU−α707修理記録
平成18年3月20日持込   3月26日完成
A. 修理前の状況
  •  暖まるまで、大きな、「ポップ・ノイズ」が出る
     小生点検時、時々、プロテクトが動作する

B. 原因
  • FET不良
    半田不良

C. 修理状況
  • SP接続リレー交換
    初段FET交換
    RLバイアス/バランスVR交換

D. 使用部品
  • SP接続リレー交換                     2個
    初段FET                           6個
    バイアス/バランス半固定VR             12個

E. 調整・測定


F. 修理費   30,000円  通常修理。

A. 修理前の状況
A−1. 修理前点検中 上から見る
A−1A. 修理前点検中 交換されている電解コンデンサー
A−2. 修理前点検中 下から見る
A−3. 修理前点検中 山水も大企業になり、ネジ1本も節約する
A−3B. 修理前点検中 山水も大企業になり、ネジ1本も節約する
A−3C. 修理前点検中 山水も大企業になり、ネジ1本も節約する
A−4. 修理前点検中 SP接続リレー比較
                       左=着いていた接点容量7A=8Ω出力だと392W定格
                       右=交換する接点容量10A=8Ω出力だと800W定格
C. 修理状況
C−1A. 修理前 パワーAMP基板
C−1B. 修理後 パワーAMP基板 初段FET、バランス・バイアス調整用半固定VR4個、FET2個交換
C−1C. 修理前 パワーAMP基板裏
C−1C. 修理(1部半田補正)後 パワーAMP基板裏
C−2. 修理中 前パネルを取り修理中、大分作りが良くなり、取り扱いが楽に成っている
C−2A. 修理前 コントロール基板
C−2B. 修理後 コントロール基板 FET4個、バランス・バイアス調整用半固定VR3個交換
C−3A. 修理前 山水も大企業になり、ネジ1本も節約する
C−3B. 修理後 ネジ2本追加 
C−3C. 修理前 山水も大企業になり、ネジ1本も節約する
C−3D. 修理後 ネジ1本追加
C−3E. 修理前点検中 山水も大企業になり、ネジ1本も節約する
C−3F. 修理後 ネジ2本追加
C−4. 修理中 後パネルを取り修理中、大分作りが良くなり、取り扱いが楽に成っている
C−4A. 修理前 プロテクト・SP端子基板
C−4B. 修理後 プロテクト・SP端子基板 リレー2個交換
C−4C. 修理前 プロテクト・SP端子基板裏
C−4D. 修理(1部半田補正)後 プロテクト・SP端子基板裏
C−5A. 修理前 SP接続端子
C−5B. 修理後  SP接続端子 ホットボンドや網線で補強する
C−6. 交換した部品
C−7A. 修理前 上から見る
C−7B. 修理後 上から見る
C−7C. 修理前 下から見る
C−7D. 修理後 上から見る
E. 調整・測定
E−1. 出力/歪み率測定・調整
    <見方>
     下左オーディオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出す(歪み率=約0.003%)
     下中=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル) 下右=周波数計
     上左=R−SP出力電圧測定器
     上中左=SP出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
     上中右=L−SP出力電圧測定器
     上右=SP出力波形オシロ 上=R出力、下=L出力(左の出力電圧測定器の出力)
     下右上=周波数計 下右下=RLSP出力電圧をデジタル電圧計で測定
E−2A. R側、35V=153W出力 0.03%歪み AUX入力 1000HZ
E−2B. R側、35V=153W出力 0.03%歪み AUX入力 400HZ
E−2C. L側、35V=153W出力 0.03%歪み AUX入力 1000HZ
E−2D. L側、35V=153W出力 0.03%歪み AUX入力 400HZ
E−3A. R側、35V=153W出力 0.05%歪み MM入力 1000HZ
E−3B. R側、35V=153W出力 0.05%歪み MM入力 400HZ
E−3C. L側、35V=153W出力 0.04%歪み MM入力 1000HZ
E−3D. L側、35V=153W出力 0.04%歪み MM入力 400HZ
E−4A. R側、35V=153W出力 0.04%歪み MC入力 1000HZ
E−4B. R側、35V=153W出力 0.04%歪み MC入力 400HZ
E−4C. L側、35V=153W出力 0.04%歪み MC入力 1000HZ
E−4D. L側、35V=153W出力 0.04%歪み MC入力 400HZ
                        a707-13
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.