ナショナルプロシード RJX-4800 修理記録
平成15年8月日到着   3月1日完成
A.修理前の状況
  •  オークションで手に入れました。
    入手した当日は、7.190MHzの北京放送は、何とか受信できていたのですが、翌日電源を入れてみると短波帯(SW2からSW8)は全く 受信できなくなってしまいました。
    単なるバンド切替スイッチの接触不良だと思っておりましたが、山形ナショナルに修理を依頼したところ、短波帯(SW2からSW8)のICが不良とのことで、部品がないらしく修理不能と言われてしまいました。 他は、全く動作は問題ないようです。
     
B.原因
  • 各部劣化

C.修理状況
  • 劣化TR(トランジスタ−)交換
    劣化FET(電解トランジスタ−)交換
    全電解コンデンサー交換
D.使用部品
  • TR(トランジスタ−)                  4個
    FET(電解トランジスタ−)              1個
    電解コンデンサー                   37個
E.受信感度測定・調整


F.修理費   45,000円  <<通常修理>>

A.修理前の状況
A−1.修理前 上見る
A−2.修理前 下から見る
C.修理状況
C−1A.修理前 AF基板 
C−1B.修理後 AF基板 電解コンデンサー17個交換
C−1C.修理前 AF基板裏
C−1C−1.修理中 AF基板裏 半田不良ヶ所
C−1D.修理(半田補正後)後 AF基板裏
C−2A.修理前 IF基板
C−2B.修理後 IF基板 電解コンデンサー14個、TR(トランジスタ−)4個交換
C−2C.修理前 IF基板裏
C−2D.修理(半田補正後)後 IF基板裏
C−2A.修理前 RF基板
C−2A−1.修理中 RF基板 電解コンデンサーの液漏れによるダイオードの腐食
C−2B.修理後 RF基板 電解コンデンサー3個、TR(トランジスタ−)2個、FET(電界トランジスタ−)交換
C−2C.修理前 RF基板裏
C−2D.修理(半田補正後)後 RF基板裏
C−3A.修理前 カウンター基板
C−3B.修理後 カウンター基板 電解コンデンサー3個交換
C−3C.修理前 カウンター基板裏
C−3D.修理(半田補正後)後 カウンター基板裏
C−4A.修理中 パネル取る
C−4B.修理中 パネル清掃
C−4B.修理中 LED表示内にゴミがあるのでパネル分解清掃
C−5.修理中 ツマミのノブ分解清掃+グリス塗布
C−6.交換した部品
C−7A.修理前 下から見る
C−7B.修理後 下から見る
C−7C.修理前 上から見る
C−7D.修理後 上から見る
E.受信感度測定・調整
E−1A.FM感度測定 80MHZ ANT入力20μVを受信
E−1B.室内1m位のビニール線ANTでNHK FM放送81.2MHZ受信
E−2.SW1感度測定 AM2MHZ ANT入力20μVを受信
E−3A.SW2感度測定 AM5MHZ ANT入力20μVを受信
E−4A.SW3感度測定 AM10MHZ ANT入力20μVを受信
E−4B.7MHZのハムバンドでSSB受信
E−5.SW4感度測定 AM15MHZ ANT入力20μVを受信
E−6A.SW5感度測定 AM15MHZ ANT入力20μVを受信
E−6B.完成  15MHZのWWW(標準電波)受信
E−7.SW6感度測定 AM23MHZ ANT入力20μVを受信
E−8.SW7感度測定 AM23MHZ ANT入力20μVを受信
E−9.SW8感度測定 AM31MHZ ANT入力20μVを受信
          pr4800-13
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 写真(画像)は表示よりも、実サイズは大きいです。  細かい所を見たい場合は画像をダウンロ−ドして見てください。