SANSUI TU−9900 修理記録
平成15年7月23日到着  7月26日完成
  1.  修理前の状況
     清掃したら、音がおかしい

     
  2.  原因
     調整不良、TR(トランジスター)劣化、電解コンデンサー劣化

  3.  修理状況
     RF増幅、、トラッキング、IF回路、MPX回路、修理・調整
     AM回路調整
     半固定VR交換
     電解コンデンサーをオーディオ用に交換
     半田補正

     
  4.  使用部品
     電解コンデンサー(ミューズ使用)       56個
     フイルムコンデンサー               1個
     半固定VR                     10個
     TR(トランジスター)               12個

     
  5.  調整・測定
  6.  修理費  50,000円    「オーバーホール修理」

A. 修理前の状況
A1A. 上蓋を取った所、TU−9500とはかなり異なる。
A1B. 下蓋を取る
A2A. 修理前の測定 84MHZ受信し、 R側出力=酷い歪み
A2B. 修理前の測定 84MHZ受信し、 L側出力=酷い歪み
A3. 修理中 原因は下のTR(トランジスター)君達
C. 修理状況
C1A. 修理前 フロント・エンド=MOS−FETによるRF2段増幅、MOS−FET−MIX
C1B. 修理後 フロント・エンド=RF、MIX
C1C. 修理前 フロント・エンド=RF、MIX 裏
C1D. 修理後 フロント・エンド=RF、MIX 裏 電解コンデンサー交換
C2A. 修理前 FM−IFーフイルター
C2B. 修理後 FM−IFーフイルター 黒く大きいのがフイルター、水晶かな?
C2C. 修理前 FM−IFーフイルター基板 裏
C2D. 修理後 FM−IFーフイルター基板 裏
C2E. 修理前 FM−IF増幅
C2F. 修理後 IF増幅 電解コンデンサー6個、半固定VR3個、TR(トランジスター)1個交換
C2G. 修理前 IF増幅 基板裏
C2H. 修理後 IF増幅 基板裏
C3A. 修理前 AM−IF増幅
C3B. 修理後 AM−IF増幅 電解コンデンサー9個交換、半固定VR1個、TR(トランジスター)1個交換
C3D. 修理前 AM−IF増幅基板裏
C3D. 修理後 AM−IF増幅基板裏
C4A. 修理前 MPX
C4B. 修理後 MPX 電解コンデンサー29個交換、半固定VR5個、TR(トランジスター)7交換
C4C. 修理前 MPX基板裏
C4D. 修理後 MPX基板裏
C5A. 修理前 Multipath制御基板
C5B. 修理後 Multipath制御基板 電解コンデンサー3個、TR(トランジスター)1個交換
C5C. 修理前 Multipath制御基板 裏
C5D. 修理後 Multipath制御基板 裏
C6A. 修理前 電源
C6B. 修理後 電源 電解コンデンサー8個、TR(トランジスター)2個、半固定VR1個交換
C6C. 修理前 電源基板裏
C6D. 修理後 電源基板裏
C7A. 修理前 上から
C7B. 修理後 上から
C7C. 修理前 下から
C7D. 修理後 下から
C8A.交換部品
C8B. 交換した半固定VRの後ろ側、錆びて真っ黒、これを回したら直ぐに接触不良になる、交換しか無い。
      更に酷い人は、これに接点復活剤を吹き付ける=恥じの上塗り!
      両側4個は、比較の為、程度の良い物を並べた
E. 調整・測定
E1. AM 感度測定調整
  見方
     上のAM信号発信器より 1000KHZで 400Hの 50%変調信号を 40dBで出す
     これを受信し出力を測定する、
     下左側の歪み率計=2.9%、左メータ=L出力、右メータ=R出力(最大3%レンジ)
     真ん中電圧測定器、赤針=R出力、黒針=L出力(最大1Vレンジ)
     下右側出力波形 上=R出力、下=L出力。
E2A. FM 感度、RL分離測定調整 R側
  見方
     上のFMステレオ信号発信器より 83MHZで 400Hの Rのみ変調信号を 20dBで出す
     これを受信し出力を測定する、
     下左側の歪み率計=1.4%、左メータ=L出力、右メータ=R出力(最大3%レンジ)
     真ん中電圧測定器、赤針=R出力、黒針=L出力(最大1Vレンジ)
     下右側出力波形 上=R出力、下=L出力。
E2B. FM 感度、RL分離測定調整 L側
E3.  完成
E4. 24時間エージング。
                     tu9900-12
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.