COLLINS 51S−1 修理記録
平成14年6月30日到着  平成14年7月2日完成
  1. 修理前の状況
    点検

  2. 症状
    バンド切り替え時にガリ音が出る
    内蔵100KHZ fずれ
    バンド間(周波数)で感度差有り

  3. 修理状況
    バンド切り替えSWの接点清掃
    内蔵100KHZ fずれ調整
    メインダイアル機構増す締め
     
  4. 使用部品

  5. 修理・点検費  16,000円   <<通常修理>>
0.  是が、有名なμ同調機構
1. グリス・UPが必要なVFOのギヤー機構
2. グリス・UPが必要なバンド切り替えSWのギヤー機構
3.  清掃がいるバンド切り替えSWの接点
4.  清掃後のバンド切り替えSWの接点、綿棒に接点復活材をぬり磨く
   この調整には、高価なスイープSGが無いと、気の遠くなるほどの時間が必要です、マニヤにはたまらないでしょうね!
   小生も本当は、いじりたいのですが!!!
5. 腐食しているペーパー・コンデンサー
6. 腐食しているペーパー・コンデンサー その2
7.  ダイアル機構の増す締め
8.  29MHZ 25dB AM 1000HZ 50%変調入力、下SPラインの出力波形
9.  29MHZ 15dB AM 1000HZ 50%変調入力、下SPラインの出力波形
10.  その時の本体のSメーター
11.  14MHZ 10dB AM 1000HZ 50%変調入力、下SPラインの出力波形
12.  その時の本体のSメーター
13.  14MHZ 1dB AM 1000HZ 50%変調入力、下SPラインの出力波形
14.  その時の本体のSメーター
15.  3MHZ 1dB AM 1000HZ 50%変調入力、下SPラインの出力波形
16.  その時の本体のSメーター
   ダイアルの「0」点が左に傾いているのは、VFO/及びμ同調の調整が必要
17.  3MHZ −6dB AM 1000HZ 50%変調入力、下SPラインの出力波形
18.  完成
                          col51-sj
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.