PSE法の対応
当工房でも現在、「PSEマーク」取得の準備をしております。 以下その方針です
1.全ての修理品にたいして、検査を行うのでは無く、希望修理品についてのみ行います。
  検査後はPSEマークをを付着しますので、業者様・販売店様でも、扱う事ができます。
  当然、個人の方が其処に持ち込む事もできます。

2.修理品によっては、「電源コード」や「電源トランス」、「電源SW」、「ヒューズ」の交換が必要な場合が有りますので、
  全ての機器で対応出来ません。

3.費用については、機器・年式等で非常にバラツキますので、個々の対応と成ります。

4.修理をして「PSEのマークを付着」すると製造とみなされ、PL法(製造物責任法)の責任者が修理人に移ってしまいます。
  PL法対応生産物賠償責任保険加入済み
検査機器
1. 絶縁抵抗試験器 現在1000V対応を検討中
2. KIKUSUI 絶縁耐圧試験機 871S
3. TSURUGA 8511
2. TAMA PROTON  TR6846
         Copyright(C) 2012 Amp Repair Studio All right reserved.     平成24年1月19日最終校正
ここに掲載された写真は、肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。