定格出力と使用時出力の関係
 AMPをどの位の出力でお使いですか? 
下の波形を見てください、サイン波形では、110Wでも、綺麗に増幅します。
実際の音楽波形は最尖っています、この先端が「クリープ」(creep)しています。
良い音を聞くのには、かなり余裕のあるAMPが欲しくなります。

1.下記の写真は定格出力30V=112.5WのAMPです。歪みも大変少ないです。
2.拡大
3.実際の音楽入力、11V=15.2W しかし1部の波形は頭がクリープしている。
3.実際の音楽入力、13V=21.2W  かなりの波形は頭がクーリプしている。
         Copyright(C) 2012 Amp Repair Studio All right reserved.  
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。平成24年10月7日最終校正