オーディオ装置の安全
 装置の安全と音質は諸刃の剣です。メーカーは「PL法」の為、2重3重に安全対策を施します。
以下はその実例を示します。ご自分のAMPの安全対策を知り、安全適切に使用しましょう
A.メーカー製品の安全策の例。
B.終段TR(トランジスター)保護の為、ヒューズを挿入しましょう。
C.出力トランス保護の為、ヒューズを挿入しましょう。
A.メーカー製品の安全策の例
A1. GAS AMPZILLA 2A. 8台目 終段TR(トランジスター)の電源のヒューズ   修理の様子はこちら  
A12. GAS AMPZILLA 2A. 8台目  SP出力回路のヒューズ   修理の様子はこちら
A2. SON OF AMPZILLA          修理の様子はこちら
A21.AC100Vの入力の両側(2個)に入っている温度ヒューズ、写真左の丸い物
A23.左右AMPに供給する2次の直流にもの、2本ずつ入っている。  修理の様子はこちら
A3. Michaelson & Austin TVA−1 2台目    修理の様子こちら
               左上の2個が「SPの出力ライン」に入れたヒューズ、右上がAC100Vに入れたヒューズ。  
A4. Scientific Fidelity Trillium          詳細の様子はこちら
   AC100Vラインにいれたブレーカーのみ、左上のSW
   音質向上の為、セレクトした部品を使用し、シャシ等に開口部を無くし、安全対策も最低限にした機器です。
   開口部が無く、放熱が悪いので、コンデンサーの寿命が短くなる。
A5. GAS AMPZILLA 2A. 8台目           詳細の様子はこちら
        終段TR(トランジスター)への+−電源にそれぞれヒューズが挿入されている。左右で4本使用。
A6. GAS AMPZILLA 2A. 7台目        詳細の様子はこちら
        終段TR(トランジスター)への+−電源にそれぞれヒューズが挿入されている。左右で4本使用。
A7. SAE MARK 2600. 3台目       詳細の様子はこちら
        終段TR(トランジスター)への+−電源にそれぞれヒューズが挿入されている。左右で4本使用。
B. 終段TR(トランジスター)保護の為、ヒューズを挿入しましょう。
B1. Marantz 510M. 2台目。    修理の様子はこちら
B2. Marantz SM−9. 2台目。    修理の様子はこちら
B3. BRYSTON 4B。    修理の様子はこちら
C. 出力トランス保護の為、ヒューズを挿入しましょう。
C1. Michaelson & Austin TVA−1. 9台目。    修理の様子はこちら
C2. Michaelson & Austin TVA−1. 10台目。    修理の様子はこちら
C3. POA−1000B. 4台目。       修理の様子はこちら
C4. Marantz 8B. 4台目。       修理の様子はこちら
C5. QUADU. 5台目。       修理の様子はこちら
C6. QUADU. 6台目。       修理の様子はこちら
           
ここに掲載された写真は、 その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません. よって、写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。Copyright(C) 2018 Amp Repair Studio All right reserved. 平成30年1月13日最終校