MICRO SEIKI BA−600. 3台目修理記録
平成27年11月13日到着  平成28年4月6日完成 
A. 修理前の状況
  • エアー漏れする。


B. 原因
  • バラブコア(虫)やバラブキャップ劣化。
    配管が経年変化で硬化しヒビ割れ。

C. 修理状況

D. 使用部品
  • バラブコア(虫)              4個。
    バラブキャップ             4個。
    テフロンチューブ            2m。
    ポンプ改造

F. 修理費   45,000円    オーバーホール修理。

S. MICRO SEIKI BA−600 の仕様(マニアル・カタログより)

Y. ユーザー宅の設置状況
A. 修理前の状況
A11. 点検中 架台を外し、上から見る。 チャンバーゴムにヒビは見られない。
A12. 点検中 架台を外し、下から見る。 チャンバーゴムにヒビは見られない。
C. 修理状況
C11. 修理前 右ゴム・チャンバー。
C12. 修理後 右ゴム・チャンバー、シリコンを吹き付け、劣化を防ぐ。
C13. 修理前 左ゴム・チャンバー。
C14. 修理後 左ゴム・チャンバー、シリコンを吹き付け、劣化を防ぐ。
C21. 修理前 真ん中配管部。
C22. 修理後 真ん中配管部。
C23. 修理中 真ん中配管部。配管が間違っている! L側1個のゴム・チャンバーに金属チャンバーが接続されていない!
C24. 修理後 真ん中配管部。 それぞれ、ゴム・チャンバー+金属チャンバーに変更する。
C31. 修理前 バラブコア(虫)
C32. 修理(交換)後 バラブコア(虫)
C41. 修理前 バラブキャップ
C42. 修理(交換)後 バラブキャップ
C51. 交換部品。 ずたずたになったチューブ。
C52. 交換部品。 バラブコア(虫)。 左=付いていた物、右=交換する新しい物。
C53. 交換部品。 バラブムシ。 下=付いていた物、上=交換する新しい物。
C61. 修理前 上から見る
C62. 修理後 上から見る
C63. 修理前 下から見る
C64. 修理後 下から見る
C71. 架台を乗せ完成
C72. 架台の水平調整は、少し高めにエアーを入れ、コア(虫)の頭をドライバー等で押し、エアー圧力を下げて調整する。
C73. 付属ポンプは使い難いので、市販品を改造して使用。
Y1. ユーザー宅へ設置
S. MICRO SEIKI BA−600 の仕様(マニアル・カタログより)
オーディオベース BA−600
形式 フローティングタイプ、エアーインシュレーター
固有振動数 4.5Hz
搭載面寸法 600×300mm
荷重適応範囲 30kg〜130kg
外形寸法 幅600×高さ82×奥行400mm
付属品 エアーポンプ、水準器
重量 50kg
価格 200,000円
別売りアクセサリー R−600 金属製足
                         ba600-3m
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2016 Amp Repair Studio All right reserved.