DENON DP−6000 修理記録
梱包はこちらを参考                         平成18年7月10日持込  7月31日完成
A. 修理前の状況
  • 回転しない、ストロボランプが点灯しない。

B. 原因
  • 基準周波数発振せず、各部劣化

C. 修理状況
  • 電解コンデンサー交換(オーディオコンデンサー使用)
    TR(トランジスター)交換
    半固定VR交換
    各種注油
D. 使用部品
  • 半固定VR                        4個
    コンデンサー                       2個
    TR(トランジスター)                   2個
    電解コンデンサー                     30個
E. 調整・測定


F. 修理費   72,000円

A. 修理前の状況
A−1. 修理前点検中 上から見る
A−2. 修理前点検中 ターンテーブルを外し、上から見る
A−3. 修理前点検中 下から見る
C. 修理状況
C−1A. 修理前 MotorDrive基板
C−1A−1. 修理中 MotorDrive基板 何かこぼした跡??
C−1B. 修理後 MotorDrive基板  電解コンデンサー3個、TR(トランジスター)7個交換
C−1C. 修理前 MotorDrive基板裏
C−1D. 修理(半田補正)後 MotorDrive基板裏
C−1E. 完成MotorDrive基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C−2A. 修理前 ServoAMP基板
C−2B. 修理後 ServoAMP基板 電解コンデンサー9個、TR(トランジスター)11個、半固定VR交換
C−2C. 修理前 ServoAMP基板裏
C−2D. 修理(半田補正)後 ServoAMP基板裏
C−2D. 完成ServoAMP基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C−3A. 修理前 PhaseLockAMP基板
C−3B. 修理後 PhaseLockAMP基板 電解コンデンサー8個、TR(トランジスター)8個交換
C−3C. 修理前 PhaseLockAMP基板裏
C−3D. 修理(半田補正)後 PhaseLockAMP基板裏
C−3E. 完成PhaseLockAMP基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C−4A. 修理前 電源ラインフイルター基板
C−4B. 修理前 電源ラインフイルター基板裏
C−4C. 修理(半田補正)後 電源ラインフイルター裏
C−4D.完成電源ラインフイルター基板。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C−5A. 修理中 (ターンテーブル軸)モーター上ベアリングに注油
C−5B. 修理前 (ターンテーブル軸)モーター下ベアリングのグリス(油脂)が硬い
C−5C. 修理後 (ターンテーブル軸)モーター下ベアリングのグリス交換
C−6A. 修理中 磁気ヘッドのギャップ調整
C−7A. 修理前 下から見る
C−7B. 修理完成 上から見る
C−8. 修理完了
C−9D. 交換部品
E. 調整・測定   
E−2. 33回転(ロック)
E−3. 45回転(ロック)
                       dp6000-v
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2010 Amp Repair Studio All right reserved.