UREI Model 525 CrossOver修理記録
平成21年1月26到着  2月13日完成
A. 修理前の状況
  •  雑音入る。

B.  原因
  • OP−AMP不良
C. 修理状況
  • 電解コンデンサー交換(オーデオコンデンサー使用)
    OP−AMP交換
    フイルムコンデンサー交換
    半固定VR交換

D. 使用部品
  • 電解コンデンサー                        18個
    OP−AMP                            9個
    フイルムコンデンサー                     16個
    半固定VR                             2個

E. 調整・測定

EE.  上位測定器による 調整・測定

F. 修理費             65,000円  
                       3台目からの、お馴染みさん価格
A. 修理前の状況
A−1A. 点検中 前から見る、CrossOver周波数がカウンターで確認出来る。
A−1B. 点検中 後から見る、入出力はキャノンコネクター+ネジ端子。RCA端子を排除は業務用の為?
A−1C. 点検中 前面パネルの右側曲がり。
A−1D. 点検中 前面パネルの左側曲がり。
A−2A. 点検中 上から見る、天板はステンレス製。
A−2B. 点検中 下から見る、底板はステンレス製。
A−2C. 点検中 底板の曲がり、ステンレス製なのでどの程度治せるか?
A−2D. 点検中 底板裏の曲がり、ステンレス製なのでどの程度治せるか?
A−3A. 点検中 天板を取り、上から見る。
A−3B. 点検中 底板を取り、下から見る。
A−4. 点検中 出力にはマッチィングトランスが使用されている。
A−5. 点検中 クロス周波数を決定するフイルター回路のフイルムコンデンサー。
        0.00152μ、 0.00303μ、 0.00606μ、 0.0544μ、 0.109μ (2%誤差)入手困難な為、交換出来ず。
C. 修理状況
C−1A. 修理前 電源・カウンター基板
C−1B. 修理後 電源・カウンター基板 フイルムコンデンサー2個追加
C−1C. 修理前 電源・カウンター基板裏
C−1D. 修理(半田補正)後 電源・カウンター基板裏 半田を全部やり直す、普通はこれで完成
C−1E. 完成電源・カウンター基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C−2A. 修理前 入力AMP基板
C−2B. 修理後 入力AMP基板
C−2C. 修理前 入力AMP基板裏
C−2D. 修理(半田補正)後 入力AMP基板裏 半田を全部やり直す、普通はこれで完成
C−2E. 完成入力AMP基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C−3A. 修理前 フイルター基板
C−3B. 修理後 フイルター基板
C−3C. 修理前 フイルター基板裏
C−3D. 修理(半田補正)後 フイルター基板裏 半田を全部やり直す、普通はこれで完成
C−3E. 完成フイルター基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C−4A. 修理前 出力AMP基板
C−4B. 修理後 出力AMP基板
C−4C. 修理前 出力AMP基板裏
C−4D. 修理(半田補正)後 出力AMP基板裏 半田を全部やり直す、普通はこれで完成
C−4D−1. 修理(半田補正)中 基板裏、 狭い所でもペンシル型半田こてだと入ります。
C−4E. 完成出力AMP基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C−5A. 修理前 表示基板
C−5A−1. 修理前 表示基板、SW部
C−5A−2. 修理(清掃)後 表示基板、SW部
C−5B. 修理後 表示基板
C−5C. 修理前 表示基板裏
C−5D. 修理(半田補正)後 表示基板裏 半田を全部やり直す、普通はこれで完成
C−5E. 完成表示基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C−6. 修理中 パネルを取り修理
C−7A. 修理中 取り外したパネル
C−7C. 修理前 パネル左
C−7D. 修理後 パネル左
C−7E. 修理前 パネル右
C−7F. 修理後 パネル右
C−7G. 修理前 パネルの左側曲がり。
C−7H. 修理後 パネルの左側曲がり。
C−7I. 修理前 パネルの右側曲がり。
C−7J. 修理後 パネルの右側曲がり。
C−8A. 修理前 底板の曲がり。
C−8B. 修理後 底板の曲がり。
C−9. 交換部品
C−AA. 修理前 上から見る
C−AB. 修理後 上から見る
C−AC. 修理前 下から見る
C−AD. 修理後 下から見る
E. 調整・測定
    <見方>
   下段左端 オーディオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出し(歪み率=約0.003%)これをAMPに入力し、出力を測定
   下段中左 オシロ=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル)、周波数表示
   上段左端 電圧計=L側出力電圧測定、黒針のみ使用
   上段中左 歪み率計=出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
   上段中右 電圧計=R側出力電圧測定、赤針のみ使用
   上段右端 オシロ=出力波形 上=R出力、下=L出力(実際にはRL電圧計の出力「Max1V」を観測)
   下段中右上 デジタル電圧計=R出力電圧測定 下段中右下 デジタル電圧計=L出力電圧測定
   下段右端の下=オーディオ発振器よりの出力レベル=150mV
   出力VRは最大位置
E−1A. CH1=R、 CH4=Lの出力・歪み率測定・調整。 400HZ入力150mV、出力160mV、歪み率0.02%
E−1B. CH2=R、 CH5=Lの出力・歪み率測定・調整。 1000HZ入力150mV、出力160mV、歪み率0.02%
E−1C. CH3=R、 CH6=Lの出力・歪み率測定・調整。 1000HZ入力150mV、出力160mV、歪み率0.02%
E−2A. CH1クロス周波数カウンター点検VRmin=50HZ
E−2B. CH1クロス周波数カウンター点検VRmax=500HZ
E−2C. CH3クロス周波数カウンター点検VRmin=50HZ
E−2D. CH3クロス周波数カウンター点検VRmax=500HZ
E−2E. CH2クロス周波数カウンター点検VRmin=100HZ
E−2F. CH2クロス周波数カウンター点検VRmax=1KHZ
E−2G. CH4クロス周波数カウンター点検VRmin=100HZ
E−2H. CH4クロス周波数カウンター点検VRmax=1KHZ
E−3A. CH1クロス周波数カウンター点検VRmin=500HZ
E−3B. CH1クロス周波数カウンター点検VRmax=5KHZ
E−3C. CH3クロス周波数カウンター点検VRmin=500HZ
E−3D. CH3クロス周波数カウンター点検VRmax=5KHZ
E−3E. CH2クロス周波数カウンター点検VRmin=1KHZ
E−3F. CH2クロス周波数カウンター点検VRmax=10KHZ
E−3G. CH4クロス周波数カウンター点検VRmin=1KHZ
E−3H. CH4クロス周波数カウンター点検VRmax=10KHZ
EE. 上位測定器による 調整・測定
EE−1. 出力VRは最大位置、入力レベルは150mV。
EE−2A. クロス周波数=100HZ、2KHZ。 出力、L=CH1=Low、R=CH2=Mid
EE−2B. クロス周波数=100HZ、2KHZ。 出力、L=CH2=Mid、R=CH3=High
EE−3A. クロス周波数=100HZ、2KHZ。 出力、L=CH4=Low、R=CH5=Mid
EE−3B. クロス周波数=100HZ、2KHZ。 出力、L=CH5=Mid、R=CH6=High
EE−4A. Low出力歪み率測定、50HZ。 出力、L=CH1、R=CH3、 歪み率=0.155%
EE−4B. Mid出力歪み率測定、1KHZ。 出力、L=CH2、R=CH4、 歪み率=0.08%
EE−4C. High出力歪み率測定、5KHZ。 出力、L=CH3、R=CH6、 歪み率=0.005%
E−6. 完成 引き続き24時間エージング
                         urei525-28
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.