Panasonic ストロボ PE-563/560MG/5651備品修理
これらのストロボを最近のデジタルカメラに接続するときの注意
シンクロ端子電圧が最近のストロボ機器(PE−480SG)に比べ高いので接続時にはTR(トランジスター)1個入れると良い
小生も気づくのが遅れ、2台のデジカメ(E−10、E−20)を壊した
   PE−400       約280V
   PE−560MGN    約50V
   PE−5651N      約50V
   PE−480SG       約9V
   PE−60SG        約9V  以上カタログより

内部には「大容量のコンデンサーでバックアップ」されたDC460Vの回路があり、感電・短絡には十分注意する事
C. 修理状況  修理にはサイリスターの理解が必要
C1A. PE−563 基本性能のみ
C1B. PE−563の修理中、古い部品を交換し完成
C2. PE−560MG 1/4の切り替えがあるので、少し混んでいる
C3. PE−5651 連続可変があるので、大分混み合っている。 但し、基本性能は変わらず
C4A. PE−5651 2台目
C4B. PE−5651 2台目 電源のアース端子が接触不良
C4C. PE−5651 2台目 取り付けネジが異なる
C5. 完成 現在手持ちは PE−5651=10個 PE−560MG=15個 PE−563=9個 PE−562、PE−400=各3個
C6. 実際の使用では、左から563+5651 前上から560MG 左から560MG+5652 の5連灯で使用しています
      陰影を付ける為にスポットも併用。 但し、デジカメに接続する、ストロボのシンクロはTR(トランジスター)が入っています
                         strob2-4
ここに掲載された写真は、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 付随の写真(画像)は表示よりも、実サイズは大きいです。  Copyright(C) 2013 Amp Repair Studio All right reserved.