東京精電 定周波定電圧電源 CVFT1-200H 備品修理記録
平成27年12月13日完成
  • 東京精電(株) CVFT1-200H
    出力=20〜120/40〜240V
    出力周波数=45〜999Hz
    出力容量=200VA以下
A. 1台目 オークションで購入(2012年9月)
B. 2台目 オークションで購入(2014年9月)
C. 3台目 オークションで購入(2015年12月)

S.CVFT1-200H 仕様(カタログ・マニアルより)

A11. 1台目、前から見る。
A12. 前右から見る
A13. 後から見る
A14. 後左から見る
A21. 上蓋を取り、上から見る
A22. 上蓋・基板を取り、上から見る
A31. 制御基板
A32. 制御基板裏
A33. 制御基板2
A34. 制御基板2裏
A41. 測定45HZ、100V、2A出力
A42. 測定999HZ、100V、2A出力
A43. 測定60HZ、100V、2.15A出力で過負荷LED点灯
B11. 2台目、前から見る。
B12. 前右から見る
B13. 後から見る
B14. 後左から見る
B21. 上蓋を取り、上から見る
B31. 冷却フアンの温度コントロールサミスター取り付け。 45度=ON、40度=OFF 
B41. 測定45HZ、100V、2A出力
B42. 測定999HZ、100V、2A出力
B43. 測定60HZ、100V、2.2A出力で過負荷LED点灯
C11. 3台目、前から見る。
C12. 前右から見る
C13. 後から見る
C14. 後左から見る
C21. 上蓋を取り、上から見る
C31. 冷却フアンの温度コントロールサミスター取り付け。 45度=ON、40度=OFF 
C41. 測定45HZ、100V、1A出力
C42. 測定999HZ、100V、1A出力
C43. 測定60HZ、100V、2.15A出力で過負荷LED点灯
S.CVFT1-200H 仕様(カタログ・マニアルより)
型名 CVFT1-200H
入力 電圧 単相 AC100V±10%
周波数 45〜65Hz
容量 600VA以下
力率 60%以上
出力 電圧範囲 0〜100/120/200/240V
電流範囲 2A(100V)/1.67A/1A/0.84A(240V)
許容ピーク電流 4Apeak (100Vレンジ)
容量 200VA
負荷力率 0.85〜1 (遅れ)
周波数範囲 50Hz/60Hz/400Hz SW切替
45.0〜99.9Hz 0.1Hzステップ
100〜999Hz  1Hzステップ
電圧波形歪率 1.0%
ロードレギュレーション ±0.6% (45.0〜400Hz)、±2% (401〜999Hz)
ラインレギュレーション ±0.2%
周波数安定度 ±0.01%
計器 電圧計 整流形計器 300VFS 確度±2.5%FS
電流計 可動鉄片形計器 2.5AFS 確度±2.5%FS
周波数計 45.00〜999.9Hz ±1digit デジタル表示
付属機能 出力方法 AC100V用3Pアウトレット バインディングポスト
外形寸法 約255W×135H×340D mm
重量 約10kg
                 cv200h-m cv200h_39
ここに掲載された写真は、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。
 Copyright(C) 2015 Amp Repair Studio All right reserved.